enb Carmen24 July 2011 Sun, English National Ballet

L'Arlesienne
アルルの女
Choreography by Roland Petit, Music by Bizet

Le Jeune Homme et La Mort
若者と死
Choreography by Roland Petit, Musuc by Bach

Carmen
カルメン

Choreography by Roland Petit, Music by Bizet



少し前のことになりますが、ENBのローラン・プティのトリプルビルを見てきました。

おりしもその1週間前に、このビルの全ての振付をした、ローラン・プティが亡くなりました。


Roland petit
(愛妻ジジ・ジャンメールと。お借りしました。)


ローラン・プティは私の最も大好きなバレエの振付家。
有名人が亡くなってこんなに悲しくなったのは、これが初めてです。
もうこの人のステキな振り付けが見られないんだと思うとショックで、心に大きな穴がぽっかりと開いてしまいました。


プティの振付はバレエでありながらモダンでかわいくて、パリジャンらしいウィットに富んでいます。

そのかわいい振付は日本でも人気で、日本でも新国立歌劇場や牧阿佐美バレエ団のレパートリーに取り入れられています。

最近では「Shall We ダンス?」の周防正行監督で映画化された「ダンシング・チャップリン」の振付も、彼のものです。


実は、私がバレエにのめりこんだのも彼の振り付けがきっかけ。

小さいころにバレエをやめた私は、クラシカルバレエなんて、ダサいと思ってました。

それがあるきっかけでミュージカルに目覚め、ジャズダンスの先生に、ダンサーになりたいならバレエは必須、といわれてバレエを再開。

そんなときに偶然、プティの「コッペリア」のビデオを家で発見したのです。
(母がバレエや舞台が好きで録ってあったのです。今思うとほんとラッキー。)

コッペリアはクラシカルバレエですが、プティはそれをおしゃれに、モダンに、かわいく、完全に振付を変えてしまいました!


こんなバレエがあったんだ!! と目からうろこ。

それからバレエに興味を持ち始めました。

あれからいろんな振付のバレエやダンスを見ましたが、やっぱりプティ以上に好きになれる振付家はなかなかいませんでした。


今回ENBが上演したのは、そのプティの三大代表作といっても過言ではありません。

それにしても、ENBがまさかプティをレパートリーにもっていたとは知りませんでした!

かなりフレンチな?作品ばかりなので、イギリスではめったにお目にかかることができないのです。

まさかロンドンで彼の作品が拝めるなんて!!

...と思っていた矢先の訃報。信じられませんでしたが、かなりのお年のようでした。


彼の作品にのめりこむうち、彼自身もステキな人柄だというのがわかってきました。

代表作、「カルメン」を一緒に作り上げた奥さん、ジャンメールをとても愛していたのが良く知られているほっこりエピソード。

こんなステキなおじいちゃんが欲しい!!と思ったものです。

心よりご冥福をお祈りします。


作品中では、「アルルの女」がバレエの中で私の大好きな作品のひとつ。ロンドンで見られてほんとにうれしい。

音楽と振り付けが完全にマッチしていて、まるでこの振付のための音楽のよう。

どの作品もほぼ半世紀を越え、新しくクラシカルになろう作品たちです。



今回は「ダンシング・チャップリン」でおなじみのルイジ・ボニーノが直々に指導。

ENBにはもっともっとプティ作品を上演して欲しいです!!

が、残念ながら千秋楽に行ったというのに、席はガラガラ...。

私は安い席を買ったのにあとで前のほうの席にいけて得をしましたが...やっぱりプティはイギリスでは人気ないのでしょうか...。

残念。あんなにステキなのにー。

ちなみに、金曜の夜は、その前週にアシュトン版ロミオ&ジュリエットに主演していたボリショイのイワン・ワシーリエフが「若者と死」に緊急ゲストとして客演!!

プティを偲んでということでの素晴らしいサプライズでしたが、もちろん売り切れ。見ればよかった...。

こちらでその素晴らしいお姿が拝めます。
http://laurentliotardo.photoshelter.com/gallery/Le-Jeune-Homme-et-la-Mort/G0000ocGEh_aEWXM


肝心の今回の一言感想と、キャスト表は下の「続きを読む」からどうぞ。


↓もっとプティ作品がイギリスにも知られるといいなあ!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


... 続きを読む
スポンサーサイト
6000 miles away5 Jul 2011, Sadler's Wells Theatre

6000 miles away



治療後、やっと歩けるようになったころ、楽しみにしていたギエムの新作公演へ行ってきました。


実は、何をやるのかもよく知らなくて、
友達が「ギエムのチケット取るけど、いる?」ときいてきたので、
とりあえずなんでもいいので、いります!
とだけ答えて、あとは放置。(笑

大好きなエックが見られると聞いてはいたので、それさえ見られりゃなんでもいい!

とにかくあのギエム様を一生に一度は生で拝みたい。

という一身で、治療後の回復、がんばりました!


バレエを見る人でシルヴィ・ギエムを知らない人はいないんじゃなかろうか、というくらい、伝説的なダンサー。

もともと体操をやっていたということで、その超人的なテクニックは一部の人からは批判を受けてると聞いたことはありますが、
そんなの、単なるひがみなんじゃないの!? というくらい、やはり彼女のダンスは人をひきつけるものがあるんです。

とにかく体のラインがきれい。ため息物です。それだけで十分バレエの芸術になってるよ。


ロンドンに来て6年、そのときはまだロイヤルバレエに在籍はしていたものの、
ただでさえ少ないギエムの出る公演はことごとく売り切れ(当たり前)。

そうこうするうちにギエムはコンテンポラリーに傾倒し、ロイヤルを退団。
ロンドンでは、マリファントやカーンといった、前衛的なコンテンポラリーのみ踊っています。

コンテンポラリーは、私は好みが激しく別れるので、そこまで興味を持てず、今までギエムを見ずにきました。

そして、せっかくのチャンス、しかも自分の好きなエック振付。
これは行かねばなるまい! 

この公演を楽しみに、治療の苦を乗り越えました!!


が!!

まさかまさかの、チケットを持っていた友達が遅刻! 

第1部をロビーのモニターで見る羽目に…。がちょん。

まあ、友達に任せっぱなしの放置していた私も悪いさ。

幸運にも、一部のフォーサイスは私の好みではなかったし。♪

でも大好きなオペラ座のル・リッシュが見られなかったのは残念…。


2部は元NDTのダンサーによるキリアンの振付。(これは新作ではない。)
日本人の小㞍健太さんが出演していらっしゃいました。
同じ日本人が出ているとうれしくなります。

3部はエック振付によるギエムのソロ。

幕が下りると振付のエックもカーテンコールに出てきてくれました。

私はギエムが見られた喜びもありましたが、むしろ憧れのエックが目の前にいることのほうが感動しました。(笑

ダンサーももちろん素晴らしいけど、そのダンサーを動かす振付を生み出し、後世に残すクリエイターこそ、素晴らしいと思うのです。


体もちょうど動けるようになってきたこの日、素晴らしいダンサーを見て、さらにダンスへの熱が高まった夜でした!

踊るぞー!

PS. 日本大好きギエム様、この日も東日本大震災への募金を募っていました。Thank you!!


↓キャスト表とつたない感想は「続きを読む」から!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

What to See

6000 miles away

来シーズン、再演あります。

http://www.sadlerswells.com/show/Sylvie-Guillem-6000-miles-away


View Larger Map

... 続きを読む
この週末は、イギリスでは3連休でした。とっても充実の三連休!


まず土曜日は、Dance for Japanというチャリティ・イベントへ行ってきました。

Dance for Japan

セントラルバレエスクールで行われたこのイベントは、
入り口で15ポンド払ったら、どのクラスも受け放題、パフォーマンスも見放題というとっても素晴らしいイベントだったのです。
もちろん収益金は赤十字を通して、東日本大震災のために寄付されます。





class bar

クラスは大きな2つのスタジオで同時進行に、バレエだけでなく、ジャズやコンテンポラリー、ヒップホップなどさまざまなジャンルが受けられます。

講師陣も素晴らしく、元ロイヤルバレエのプリンシパル、Wayne Sleepからコンテンポラリーカンパニーからのワークショップなど、多彩。

パフォーマンスは、English National Balletを始め、Ballet Black、マシュー・ボーンのカンパニーなど超豪華な顔ぶれがそろいました!

black swan

特に夜の部のパフォーマンスは豪華。

「白鳥の湖」が3つもあったのは、やっぱり映画「ブラック・スワン」の影響でしょうか。
(クラシカルの白鳥・黒鳥と、マシュー・ボーンの白鳥)




class centre

私は朝一の10時からのWayne Sleepのウォームアップクラスから、バレエ、ジャズ、ピラテスと計4つも受けました!
ほんとは体力面から考えて2つにしとこうと思ったんですが…やっぱり楽しそうなんだもの!
受けて正解、そこまでしんどくもならず、いい感じに疲れました。
ほんとは夜にあったミュージカルシアタークラスも受けたかったけど。ご飯のために途中脱退。
久々のジャズ、楽しかった~! もっと受けようかな。

Wayneのウォームアップクラスは、ウォームアップというからにストレッチ重視のクラスかと思ったら、普通にバレエでした。
地下鉄のせいで30分も遅れたのでバーはできなかったのですが、センターから参加したらいきなりピルエットから!
ピルエット、ジャンプを軽くした後は、「ジゼル」からペザント・パ・ド・ドゥの冒頭部分を。
ウォームアップというよりはマスタークラスという感じ。
ピルエットほめてもらって調子に乗りました。(笑


ちょっとオープンな雰囲気もあったので、この機会にちょろりと写真を撮らせてもらいました。
いつかちゃんとダンサーを撮ってみたいな!


夜の部のパフォーマンスは、こちらも遅れたので最前列で見ることができました。
ちょっと控えめに、iPhoneで写真を撮れたので、一言感想と写真は「続きを読む」からどうぞ!


踊れて、豪華なショーも見れて、募金もできて、とっても素晴らしい企画でした!!
またやって欲しい!!


↓Thank you so much for all teachers, dancers, and the organizers.
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。
... 続きを読む
23 April 2011, BBC2
Alice's Adventure in Wonderland
不思議の国のアリス
Choreography by Christopher Wheeldon, Music by Joby Talbot


Alice in wonderland

2月に、ロイヤルバレエで不思議の国のアリスが上演されました。
アリス好きの私としてはどうしても見たかったのですが、公演日が卵子摘出、抗がん剤治療と重なりそうでチケットを取れなかったのです。
結局公演は抗がん剤治療回復後だったので、当日券に並んだのですが、やっぱり無理だった…。当然ですけどね。

ところが!! 
驚くべきことに、それから約2ヵ月後の先週、なんとアリス全幕がドキュメンタリーとともにBBCに登場!! 
これは異例と言えるんではないでしょうか。新作が早くもテレビに登場だなんて。
見逃した私としてはうれしい限り!! 治療のあとの最高のご褒美です!

イギリスでは、すでにイングリッシュ・ナショナル・バレエが「不思議な国のアリス」を上演していますが、(そのときのレビューはこちら
原作に近いイメージで作ったENBに比べ、ロイヤルのアリスは、まず、アリスを実在のモデル、アリス・リデルに置き換えており、
不思議の国の登場人物とアリス・リデルのいる現実世界の人物をリンクさせていることで物語に奥行きを持たせています。

不思議の国を舞台で演出するのはさぞかし大変だったろうけど、
振付のウィールドンはこれを、映像・アニメーションやさまざまな舞台装置をモダンかつ、クリエイティブに使って見事に仕上げました。
ここだけの話、大好きな作品を実写化されるときって、けっこうがっかりすることが多いのですが、この作品はそんなことなかった! 
音楽も、新しいバレエ音楽って好きになれないことが多いのですが、(クラシカルが好き)このアリスの音楽は好き!! 
振付もウィールドンらしく、クラシカルの枠にとらわれないユニークな振付で、ハチャメチャな動きが不思議の国の住人にぴったり! 
本当に大満足のバレエです。

クリストファー・ウィールドンが初の全幕物を振付することでも話題になった今作。
アリスに指名されたのは、イギリス人バレリーナ、ローレン・カスバートソン。
正直、アリスにしては大人っぽくない?と思いましたが、この作品ではアリスの年齢設定が15歳ぐらいに上げられ、違和感なし。
(でも彼女のくるくる回る表情は少女っぽくてかわいかったです。)
イギリスを代表するロイヤルバレエの新作を、イギリス人の振付家で、イギリス人のバレリーナで、というロイヤルの意向が伝わってきました。

今回のプログラムは、本編放送の前に30分のドキュメンタリーも放送されました。
内容はダンサーだけでなく、ウィールドンや舞台美術、衣装の人など、すべてのスタッフにスポットを当てて、
ひとつの新しいバレエができていく様子を見せています。

うれしいことに、まだBBCのiPlayerではまだこのアリス本編とドキュメンタリーを見ることができます。
30日まで! 見逃した方はお早めに!!
http://www.bbc.co.uk/i/b010t9hx/?t=8m35s
(残念ながら日本では見られないみたいです…。たぶん。トライしてみてください。)


↓キャスト表とやたら長くてネタばれ超ありのレビューは「続きを読む」から。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
... 続きを読む
20 March 2011 Sun, ROH Linbury Studio Theatre

Japan Tsunami Appeal Concert



日曜日、ロイヤルバレエの元プリンシパルダンサー、吉田都さんが、
他のロイヤルバレエダンサーと若い音楽学生たちを集めて、
震災のためのチャリティーコンサートを催してくださいました。

実はこの情報、まったく知らず、
日本在住の友人から教えてもらった次第です。

ほんと、私ってロンドンに日本人の友人が少ないなあ…。
こういう機会に取り残されてる、と感じます。

日本人に限らず、バレエでも、
時々ダンサーたちがチャリティーコンサート、と掲げて
たまにガラコンサートをやったりするのですが、
そういうのって知る前に終わってたりします。

皆さん、どこでそういう情報を得ているんだろう??

とにかく、今回は教えてくれた日本在住の友人に大感謝です。
本当にありがとう!!


今回のコンサートは、前半が子供たちの音楽コンサート、
後半がロイヤルバレエメンバーによるバレエコンサート、という形式でした。

子供たちの音楽は、バイオリンやチェロなどの弦楽。
ちょーっと音が安定しないところがありつつも、
(それも子供だからほほえましい)
大勢の観客を前に堂々とした演奏をしていました!

そしてお待ちかねのバレエコンサート。
メンバーは、ロイヤルの日本人ダンサーから、
高田さん、平野さん、蔵さん、小林さん、
日本で生まれ育ったChoeさん、
マーラ・ガレアッツィとエドワード・ワトソン、ヴァレリ・ウリストフが参加してくれました。

本当に突発的なコンサートだったらしく、
演目もグラン・パ・ド・ドゥなんて入らなかったけど、
それでも皆さん素晴らしいダンスを披露してくださいました。


吉田さんも言っておられましたが、
急な企画にもかかわらず、快く手配してくれたオペラハウス、
そしてこの企画にかかわったすべての方にお礼を申し上げます。

素敵なコンサートをありがとう!!


ちなみに、バレエ友達と行きたかったのですが、
急な予定だったので誰も捕まらず、相方さんといってきました。
相方さん、初の生バレエです!!

生バレエもそうですが、日本人がこんなにたくさん集まったところを見るのは初めてで、
(私もそうです!! 観客の約85%は日本人だったのではないでしょうか。)
「日本にいるみたい!」「黒い頭がいっぱい…」「みんな、Tiny!!(やせてて背が低い)」
といっていました。

ちなみに初バレエの感想は、相方さんの好みでは
コンテンポラリーより、やっぱりクラシカルのほうがお好きなようで。
中でも、小林さんが踊ったバヤデールのソロが、
クラシカルだけどエキゾチック、という
従来の「白鳥の湖」みたいなバレエのイメージを覆されたようで、
お気に召していました。


ちなみにロイヤルバレエといえば、
つい先日、「不思議の国のアリス」の世界初演がありました。

Alice in wonderland

「不思議の国のアリス」大好きな私としては、絶対に見なければ!!
と意気込んでいたのですが、
ちょうどその時期に卵子摘出、抗がん剤治療があり、
卵子摘出の日程がはっきりしないのでチケットを予約できず、
(といいつつ、すっかり忘れていたのが本音なのですが…。)
あたりまえですが、チケット取ることができませんでした。

病み上がりの体で当日券にも並びましたが、
惜しくも売り切れ…。
実は今回のコンサートで、ちょっとやってくれないかしら、
とよこしまな期待をするも、外れてしまいました。
次のシーズンにまた入ってくれることを望みます!!


*おまけ

コンサート前に、Waterlooでフードマーケットがあったので行って来たのですが、

その道すがらの橋の上で、
子供たちが日本の被災者の方へのメッセージを募っていました。

message for japan

募金してください、と叫ぶのではなく、
日本にメッセージをお願いします!と叫んでいたのが印象的でした。

ロンドンから、みんな応援していますよ!!


↓プログラム内容と感想は「続きを読む」からどうぞ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
... 続きを読む