上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30, Jul, 2007 Bolshoi Ballet at London Coliseum
Le Corsaire
Le Corsaire
海賊

Choreography by Ratmansky and Burlaka after Petitpa
Music by Delibes, Pugni, Drigo, etc


ボリショイバレエ団のロンドン公演の初日、海賊を見てきました!

あらすじは、海賊が立ち寄った港町で奴隷としてパシャに売られようとしている美人に一目ぼれ、パシャから奪ったり奪い返されたり仲間に裏切られたり。結局また奪い返したところで今度は嵐で船が転覆、命からがら助かってハッピーエンド、という結構踏んだりけったりな話。

ストーリー性がないため、コンサートなどで抜粋だけがよく上演されてきました。有名なのが、「くるくるくる…車を売るならユー○ス!」のCMで流れていたもの。あれです。(あれって関西だけなのかな。)

近年ではいろんなバレエ団で全幕が復元されて目にする機会も増えてきていますが、やはりこの作品の見所は全幕にちりばめられている、高度な技術のダンス。内容のなさにもかかわらず今でも絶えず上演されているのは、見所たっぷりのダンスをみんな見たがっているからです。

特にボリショイバレエ団はダイナミックで高度なテクニックの踊りが売りのバレエ団なので、海賊のようなテクニックを見せる作品はぴったり。

ラトマンスキーの新版は、その中でもコメディ色を強くし、新たなエピソードも付け加えることで古典を知り尽くした人でも楽しめる内容になっています。実際、私もこんなに「海賊」という話を楽しめるとは思っていませんでした。「ストーリーが生きる作品」としてよみがえった気がします。

今年はロンドン・コリセウムで、うれしいことに学生割引があります! 当日30分前で2階バルコニーの最前列を取ることができました! (学生だと10ポンドです。)皆さん、この機会にぜひ!


こんな作品です。(キーロフ版ですが、振り付けと主役のダンサーは同じです。ザハーロワ&ゼレンスキー)

... 続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
14, Feb, 2007 Sevilla – Carmona

お待たせしました。
ってか皆さんもう忘れてるかもしれませんが、アンダルシア旅行記、まだまだ続きます。
今回はセヴィーリャから日帰りで行ったカルモナという町、そしてセヴィーリャのアルカサルです。

Carmona



... 続きを読む
関連記事
去年のコーンウォール地方の旅の写真をアルバムにアップしました。
ごらんあれ。

Cornwall3Cornwall1Cornwall2
Cornwall6Cornwall4Cornwall5


アルバムはこちらから→http://madphotojournal.spaces.live.com/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。