I am HOME!!! Finally!!!

…ということで、やっと入居できました~!!

入ったら入ったで、思ったより収納スペースがなかったり、テレビがなくなってたり、シャワーのお湯の出が悪かったり…などなど、焦って決めたボロが出てきた…という感じですが、やっぱり全体的には部屋は前より数段いいし、何よりも家自体がとっても清潔!!! もちろんアリ皆無。やっぱ重要ですよね、そこは。

前回までで家の探し方を見ましたが、さて探し始めるとなったら、まずどこに住むかが問題。この新しい家と、ホームレス生活で転々とした友達の家を含めてロンドンの東西南北すべてを制覇した私。ロンドンに住んでる人にも、私は西派とか東派とかいう人もいるのですが、さてどう違うのか?

今回はロンドンの東西南北を大まかに、そして超個人的な意見でご紹介。

... 続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
ホームレス生活もあと少し。入居が待ち遠しい私です。今度の部屋は今までのベッドシットとは違ってスペースもあるので楽しみ!

それとは逆に、今いる友達のフラットもうらやましかったり。私のように他人同士でシェアするのではなく、仲のいい友達同士で借りてるので、毎週末近所のおしゃれなカフェでゆったり時間を過ごしたり、夜はテレビを見ながらリビングでおしゃべりしたり。夜遅くに友達が訪ねてきてもお構いなし。こんな生活も憧れます。

やっぱり生活の基盤になるHomeですから、時間をかけていい物件を探したい。今日は物件探しの続き。
... 続きを読む
関連記事
フラットが決まりましたー!!!!!!!!

いやー、探せばあるもんだ。 
とってもいいフラットが見つかったのでご機嫌です。

今度は北ロンドンへ。初めて。(…ではないけど、以前はホームステイで1カ月だけだったので。)
でも仕事へも学校へも地下鉄で一本で行けるので楽ちん!

ちょうどZone2と3の間にあって、Zone3の駅のほうが近いんだけど、バスを使えばZone2に行けない距離でもない。なのでZone2の駅を利用します。

月280ポンド! しかも今回は、なんとダブルベッドルーム!!!
同じ家賃なのに、なんだこの違い。
まあ、Taxが込みじゃないので280ポンドにまた追加で払わなければならないのですが…。
フラットメイトほか3人とシェアなのでまあ、大丈夫でしょう。

フラットはきれいだし、フラットメイトもよさげ。
大家はハウスメンテナンスのプロだし安心。

今回も幸運に幸運が重なってゲットできたので、ロンドンで人生の運を全部使ってしまうんじゃないかと不安です。

しかし問題が。そのフラットは24日から空くんですねー。私は先週末にフラットを追い出されましたので、

只今ホームレスです。10日間。

友達の家を転々としています。

さて、どうやってこのフラットを見つけたか? フラットの探し方をご紹介。
... 続きを読む
関連記事
どうも、おひさしぶりでございます。

長いこと更新してない間も、のぞきにきてくださった方、ありがとうございます。

7月に入ってから、いろいろいろいろいろいろありまして。

本当にいろいろありまして。

なんだかんだでトラブル続きで今もとっても忙しいのですが、ちょっとここらでストレス解消に書こうと思ってます。

さて、何で久しぶりに書く記事が、これまた久しぶりのトピックなのかといいますと…。

私がフラット探してるからですよ!!!!

これが今一番頭を悩ませている理由。ほかにもいろいろ忙しいのにいきなりふってわいたこの問題。

実は立ち退きなのです。大家がフラットをエージェンシーに返すというので、9月頭までに出て行けと。

無理。無理だっちゅーの!! なぜか? それは貧乏学生にとってフラット探しはとっても時間がかかる問題だからです!! 別に貧乏学生だけじゃない。自分の家になるんだもん、じっくり時間をかけていい物件を見つけたいというのが普通ですよ。

私だってできればこんなフラット早く出て行きたかった。それが出来なかったのは、こんなに安い家賃でセンターに近い個室なんてそうそう見つかるもんじゃないから。こんないい条件の物件、めったにないのです。

ちなみに私の条件とはー。

●家賃週70ポンド(Tax(税金、水道代など)すべて込み)のシングルルーム(個室)
●Zone2以内 Tube駅近く
●治安のいいエリア
●インターネットあり


最低でもこれ。

みなさま、このような物件がありましたらどうぞお知らせください!!!おねがいします。

…とはいいましてもね。こんな物件、今のロンドンで見つけられたら、もう奇跡。両手ばんざいで喜んじゃうよ。

はっきりいって、上の私の最低条件をすべて満たす物件なんて、ほぼ皆無です。誰に聞いても、「無理!!」って言われます。

何で無理なのか?

それでは今回は、文字通り、「最近のロンドンフラット事情」です。
... 続きを読む
関連記事