上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mj memoire


King of Popsが亡くなりました。

こちらでの公演が間近だっただけに、ショックも大きいです。私の友人でMJ大ファンだった子も、チケットを必死で手にいれ大喜びしていたのに…。その落胆の様子といったら。

現在ロンドンでは、「スリラー」という、マイケル・ジャクソンとジャクソン5の歌を集めたミュージカルが上演されています。(アバの「マンマ・ミーア!」のような。)


thriller

ショー自体は、マイケル大ファンの友達から言わせると駄作らしいのですが、その劇場の前がマイケル・ジャクソンを偲ぶメモリアルスポットになっています。




mj

たくさんの花とキャンドル、思い思いのメッセージを込めたカード、ポスター…。MJがどんなに愛されてるか測り知れます。


こちらに来て、MJの偉大さを思い知らされるた時が何度かありました。

日本にいたときは、アルバム「Dangerous」がすごくお気に入りでしたが、その後のHistory以降はあんまりピンと来ず、正直まだ歌っているとは知らなかった。80年代Popsとしては確かにメジャーだけど、今でもよく聴くか、というとそんなに日本では聴いた記憶がない。

それがこちらでは、まさしくThe King of Popsの称号にふさわしい扱い。

どの黒人の友達に聞いても、今はやりのR&BやHip Hopなどのブラック・ミュージックばかり聴いてる音楽通の彼らにとっても、MJは別格扱い。Qualityが違うのだとか。

おもしろかったのは、ボーリング場に行ったとき。黒人が多いエリアだったのですが、そのボーリング場はゲームレーンのそばで踊れるようになっていて、DJブースも。混んでいたのでゲーム待ちの人たちがそこで踊っていたのですが、MJの曲がかかった途端、みんなのノリが違う。ゲームをしていた人たちまでレーンから出てきて踊りだす。

でもボーリング場なので、アナウンスがかかると曲が中断するわけですよ。するとそこで欠かさずブーイング。そしてDJが次に別のアーティストの曲をかけるとまたトーンダウン、人数も減っていく。そこでDJがまたMJをかけると「Yeahhhhh!!」と言いながらダンスホールに戻ってくる。そのギャップが面白くて、「どんだけMJ好きやねん!」と心の中で突っ込んでしまいました。



mj poster

ロンドンは今やMJだらけ。どこもかしこもMJの曲が流れています。

確かに今聴いても全然イケてる曲が多いし、時々無性に聴きたくなる時がある。

受験に失敗したときは、MJの曲をリピートして聴いたのが懐かしい。

またあの曲、聴きたくなったな。


↓Dangerousの「Keep the Faith」。持ってこなかった私のバカ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
2009.06.25 I'm tanned!!
kensington

昨日今日と、いいお天気が続いているロンドンです。

先日の、黒人の女の子との会話。

「昨日いいお天気だったから公園で日光浴してきたよー。

日焼けしたの、わかる?」






…すいません。

全然わかりません。



↓日焼け止めがめんどくさい。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
先週末、働いていた場所の目の前を何千人もの人がデモ行進しました。

tamil demo


デモは何回かビッグベンの前で見たことありますが、こんなに大きな規模は初めて。ロンドンの人たちにとっても異例だったと思います。それくらいすごい人でした。



tamil demo




tamil demo



彼らはスリランカのタミル人。

お恥ずかしいことですが、スリランカが内戦していたことも知りませんでした。

スリランカは二つの王国が一つになったもので、シンハラ族とタミル族がいます。タミル族はセイロン島の北部に住んでいるのみで、スリランカの大部分はシンハラ族が占めています。

スリランカがイギリスによって統一されてからというもの(それまでもあったかもだけど)、タミル族はシンハラ族による迫害を受けていたそう。イギリスから独立した後もそれは続き、タミル族は武力でゲリラ戦を開始したそうです。


tamil demo

この間その内戦が終結しました。このデモを行ったタミル人たちはAsylum Seekerといって、スリランカから亡命してきた人たち。内戦が終わったということになれば国へ帰らなくてはいけないのかというと…ちょっと定かではありませんが。内戦が終わったのになぜデモをしているかというと、イランと同じで、内戦後の政府をイギリスが助けようとしてるらしいのですね。シンハラ側の政府を。それを助けるな、ということらしいんです。スリランカのセイロンティーや、スリランカ産の服を買わないよう、スリランカへの観光を避けるよう呼びかけていました。そのお金がスリランカ政府を助ける、つまりはタミル人迫害へつながる、ということらしいです。

この写真には映ってませんが、でも行進の先頭はちょっと衝撃的だった。格子鉄線に囲まれた人たちが、包帯を巻いて、赤いインクで血のメイクをしてるんです。ふりをしてるんだとわかってても、ちょっと見ていて痛々しかった。ああいう光景が実際にあったらしいです。

このデモでは大量のチラシが配られ、それを読んで私もこのスリランカのことを学びました。先月からだけでも毎日1000人のタミル人たちが死んだという事実は本当にショック。

だけど、昨日今日でインターネットでちょろっと調べただけの私がどうこう言うことはできない。やっぱり長い歴史の中で悪い空気が積もり重なっておこったことなのだから。…そう思ってスリランカ出身の友達に聞いてみたけど、彼女はシンハラ族のほうだったので、あまり語りたくもない感じでしたので、それ以上聞けませんでした。

どちらにも戦う理由があるのはわかりますが…。歴史をよく知らない私がこの表面的な情報だけでどちらを支持する、なんて言えない。ただただ、平和を願うばかりです。


tamil demo

デモには子供も赤ちゃんも参加。


世界に出ると、こういった場面を実際に目で見ることで学ぶ機会が増えます。世界史の授業ではほんと、単語の暗記ばっかりで何にも興味を持てなかったのに、前回のクロアチアのスラブ問題といい、今回のスリランカのことといい、自分で興味を持って自発的に調べられる。

日々勉強のロンドン生活です。


↓Click for the World Peace。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
2009.06.21 Pink Pink Pink
Pink pink pink

目をつけていた花が安かったので買っちゃいました。試験も終わったことだし、生活に潤いを、と思って。

なんと30p~!! まあ、お買い得。まだまだ大丈夫だしね。

最近ピンクが気になる今日この頃です。

そういえばこんなサーモンピンクのドレスがほしかったなあ…。

こちらではもう夏のセールが始まってます。私も準備で残業したりなんだかんだで忙しかったー。準備で服を見すぎてもう自分ではいらないっていうか…。まあ、お金もないんですがー。

でもこないだ超お気に入りだった古着のドレスの洗濯に失敗してしまったので、やっぱり買おうかな。でもやっぱり古着かな。


↓洗濯の仕方を勉強します。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


関連記事
海辺を散歩の後、ニースの城跡へ登ってみました。

城跡といっても柱の跡がちょろちょろ残ってるくらい。しかし、その城壁跡から見る景色は格別。ニースの市内はもちろん、海も!!

sea and a chair

柵の向こうにあったいす。いったいだれが座るのでしょう。




blue blue

高台から見る海はまた、最高。地球が丸いのがよくわかる。




doggy nice castle

自分が入った写真はあんまり好きじゃないので友達と以外は撮らないのですが、(写真うつりが悪いので…。)今回はやっぱり、あまりの景色のよさに頼んでしまいました。わんこを連れたナイスカップルに。逆に私はそのわんこを撮影。



lovers

城跡は公園になっています。家族連れから恋人たちまで、ニースの人たちの憩いの場。

次回は旧市街をご案内します!


↓Thanks, 70,000hit!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
やっと試験が終わりましたーーーーーーーーーー!!

この数週間は本当にきつかった…。いろんなことがいっぺんに起こって…。しかもこの試験の週になって地下鉄ストライキとは!!! 何か私に恨みでもあるのか!!

まあ、とりあえず一息つきました。まだいろいろやらなくてはいけないことが山積みだけど…とりあえずちょっと休憩させて!!

この試験直前になって、家では集中して勉強できないたちなので(誘惑がいっぱい…特にネットとか。)カフェにこもってました。本当は図書館行けばいいんだけど、落ち着ける図書館が見つからなくて…。図書館の話はまた今度。で、カフェ開拓できたわけです。今日はそのうちの一つをご紹介。


カフェ開拓したといっても、結局ここばかりにいた気がします…それくらいお気に入りのカフェ、Ray's Jazz Cafe。

Ray's jazz cafe

本屋の中にあるカフェです。以前だいぶ前に来た時は、本屋の付属カフェって感じですごく狭かったのでお気に入りには入ってなかったんだけど、今回久々に来てみたら、カフェスペースが2倍以上に拡張!! 得点アップで一気にMyベストカフェへ。

これで私のカフェのお気に入りポイントをほぼパーフェクトに満たしました。マイナス点は、テラス席がないことくらい。まったりできて、ソファがあって、スイーツ、フードメニューがあって、なおかつBGMが良し!! Jazzカフェだけあって、Jazzやボサノバなどのわたし好みの音楽が流れています。

ray's jazz sofa

Jazzのライブスペースもあります。見たことはないけど、生のライブでまったりできたら…サイコー。




ray's window

テラス席はないけど、窓側はカウンターになっていて、光を浴びることができます。


私の行動エリアのコヴェントガーデンから近いのもポイント高い。時間をつぶすのにちょうどいいし、6時で閉まってしまうデリカフェが多い中、9時まで開いてるのも素晴らしい!! 




ray's panini

フードメニューは主にサンドイッチやフォカッチャ。サンドイッチはこのようにホットにもしてくれます。こちらは生ハムとロケットのサンド。3.50ポンド。サラダ類も充実。ランチ時にはスープもやってます。




ray's apple cake

ホームメイドのケーキも充実! 何種類か常備されています。こちらはアップルとナッツのケーキ。2.50ポンド。


セントラルは歩けばシアトルカフェに当たる、ぐらいの勢いでスタバとかがあふれてますが、そんなカフェに飽きたあなたにぜひ。


↓まったりカフェが好きならクリック!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

Where to Eat

Ray's Jazz Cafe

1st Floor, Foyles, Westminster, London, WC2H 0EB
Open: 9:30-9:00(Mon-Sat), 11:00-8:00(Sun)
Tube: Tottenham Court Road (Central, Northern) - 3mins by foot

本屋のウェブサイト
http://www.foyles.co.uk/addtxtfeature07.asp?&
関連記事
お待たせしました。予告しといて、どんだけ引っ張るんだ。

というわけで、ニースの海の写真です!!

shining sea

輝く水色…。この海の色に一瞬で恋に落ちてしまいました。

正直言って、全く海に興味がなかった私。実際、水着も中学以来着ていないくらいです。

そんな私が海にくぎづけになってしまいました。…その気持ち、わかるでしょ?




blue wave

波が寄せると、青いグラデーション。




promenade des anglais

誰に聞いても、ニースで一番お勧めなのはどこかと尋ねると、この「Promenade des Anglaisイギリス通り」。繁華街でもなく、ただ海辺にベンチがあるだけの長い通りです。

でも、それもわかる。何にも要らない。ただ海を眺めることができれば。

観光客だけでなく、朝も夜も、マラソンや散歩をする地元の人たちがたくさんいます。

ちなみにこのイギリス通り、その名の通りイギリス人の出資によって作られたそう。避暑地としてニースが有名になったのも、イギリス人が愛したため。

わかるなあ。そりゃあ年がら年中曇りのイギリスにいたら、この太陽と海の街に来たいでしょう。




sea and old man

海辺で出会った理想の光景に、思わずパチリ。タイトルは「老人と海」。




morning walk

この海に出会って以来、毎朝早起きしてバスに乗る前に散歩。ときにはバスの時間を忘れてしまうほど。
早朝の輝く浜辺。




prasol

海辺ではそこにいる人たちを観察するのも好き。
朝からテラスでコーヒー。優雅だなあ。




sea and drumman

こちらは海辺でドラムの練習。カッコイイ!! そして気持ちよさそう。




ああ、この海の色、もう一度見たい。…と思って言ったのがクロアチアでしたが、そこで出会った海はまた別の色でした。もう一回南仏に行きたいな。



↓この海の色に惚れてしまったなら、クリック!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ
先日、偶然劇場前を通りかかると…そこにはレッド・カーペット!!

sister act theatre


ミュージカル「Sister Act 天使にラブ・ソングを」の公式オープニングをしていました!

すでに上演されていたものの、公式なスタートはこの日からだったみたいです。

そこに現れたのは…なんと、空中に、シスターが!

spider sisters

まるでスパイダーマン。二人のシスターたちがかわるがわるパフォーマンス。




sister pose

お客さんたちにポーズでサービス。



jumping sister

アクション映画のスパイみたい。




sister act with sister

看板前でポーズ。



celebrity

オープニングにはセレブリティも駆けつけます。
サインしているこの人は誰でしょう?



…答えは、私にもわかりません!
イギリスセレブには疎い私。(日本のも分かんないけど) サインしてるから「セレブだ!」と思って、とりあえずシャッター押してみた。ええ、ミーハーですとも。

さて、肝心の作品ですが、結構好評だったご様子。
映画で主演を務めたウーピーがプロデューサーとしてかかわっています。私の別ブログでも紹介していますので、ぜひご覧あれ!
http://dancejukebox.blog7.fc2.com/blog-entry-7.html


↓見たくなったら、クリック!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。