先日、以前ご紹介したNordic Bakeryに行こうと思ったら、満席。

で、あきらめて、こちらもまた以前紹介したPrinciでケーキ、と思ったらこちらも満席。

でも待ち合わせまで時間があるし、寒いしどこかに入りたい、と思ってうろうろしていたら、ソーホーの裏になんだか感じのいいストリート発見。

lovely street

ゲイの町「Soho」からはかなりほど遠いイメージ。こんなところがあったなんて、うれしい発見です。店先に小さなテーブルとかわいいお花。とってもヨーロッパちっく! 




flowers

このお花も、きれいにアレンジされたものじゃなく、野の花を集めてきた素朴な感じがまたよい。


こんな感じのお店が何件もあるかわいい通り。しかしほとんどがレストランで、私たちは1時間後に別の友人と合流してディナーの予定。しかしお昼を食べてないのでおなかがすいてる私たち。そこに、甘いもの好きの私たちの目を引き付けたのが、こちらのお店。

Mrs. Marengo's

Mrs. Marengo'sというかわいらしいカフェ。




cakes

私たちが行ったのは夜だったんですが、別の日にまた行って、外の風景を撮影。この日はランチタイムだったので、ケーキの種類も豊富! お店は満席でした~。




table

中に入ると、まずテーブルに目が。ピンクのガーベラとオレンジスライスの入ったウォーターピッチャー。乙女心をくすぐります!




cake

私たちが入った時はケーキの種類も限られていたんですが、(それでも5,6種はあったかな。)私は大好きなホワイトチョコを使ったチーズケーキ(£2.75)があったので、即決。

おいしいんですが、超甘かったー!! 友達のレモンとピスタチオのケーキ(£2.50)とシェアしたのがよかったかな。ボリュームもあり、大満足。こちらのケーキはすべてオーガニックの手作りなのもうれしい。




inside

ランチもブレックファーストもやっていて、ほぼパーフェクトに近いカフェですが、強いてあげる欠点は広さかな~。かなり小さいお店で、席もバーのような高いいすで背もたれなし。カフェではまったり落ち着きたい私には結構減点ポイント。

とはいえ、おいしさはお墨付きです。こちらでは手作りのジャムも販売。おいしそうなマーマレードに惹かれて、セビーリャオレンジ(たぶん)のマーマレード(£3.50)買っちゃいました。ビター好きの私にぴったりのほろ苦系、でもオレンジの甘さもしっかり! テイクアウェイももちろん可能。お昼もトライしてみたいな。

同じ系列のベジタリアンレストランも同じ通りにあります。こちらも今度行ってみたい! ディナー時は外からでもうかがえるほどの大盛況ぶりでした。


↓この通りは要チェック! 
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*london memo*

Where to Eat

Mrs Marengo's
http://www.mrsmarengos.co.uk/


View Larger Map

関連記事
スポンサーサイト
。。。ていっても、ちょっと前の話ですが。

カゼニモマケズ ユキニモマケズ というわけで、今年のResolution(新年の目標)の、とある大先生のクラスを欠かさず受ける。というのに従い、雪の中、遅刻しつつも行って参りました。

その先生の家の近くにある、いつもはお花でいっぱいのパブ、The Churchill Arms。

Snowy Churchill arms

雪でお花のプランターが埋もれてます。お花もなんだかしおれて。いつもは冬でもカラフルなのにー。




Snowy road

ロンドンの中心部もこんなに真っ白。この雪が結構続き、しかも住宅街の前の歩道は雪が歩き固められてがちがちに氷結!!

やるか、と思ってたけどやっちゃいました。。。。思いっきりしりもち! 尾骨にメガヒット。しばらくお尻に響きました。。。


一月も半ばを過ぎ、ちょっと暖かくなってきた(かも)のロンドンですが、うわさではまた来週雪とか。

やーめーてー。


↓このDecade(10年)で一番寒い年らしいロンドンに住む私に、温かきクリックを。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ



関連記事
先日フランス人の友達の家で、ガレット・デ・ロワを頂きました! 

ガレット・デ・ロワとは、1月6日にフランスで食べられる伝統的お菓子。一般的にはアーモンドペーストの入ったパイで、中に陶器のチャーム(フランス語ではフェーヴ)が入ってます。切り分けられた自分のパイの中にチャームが入っていたら、その人は一日王様。そして幸運がその一年続くといわれています。

キリストが3人の賢者の前に最初に現れたのを祝うのが1月6日。なので厳密には、ガレット・デ・ロワのロワ(王様)は、王様ではなくて子の賢者のことを指しています。

フェーヴはいろんなお店で毎年違ったのが作られており、凝ってるところはとことん凝っていたりするので、コレクション価値があり、フランスはもちろん、最近は日本でも人気があります。なので、最近は日本でも珍しくはないかも?


さて、フランス人の友達に影響されて、食べてみたくなった私。と、いうのも、本当はアーモンドペーストは苦手なんですが、ここPAULでアップルパイを見つけたので。

paul's galette

ちゃんと王冠付き。

しかし実際に買った支店ではアーモンドのしか置いてなく、まーオリジナルを試すのもいいかと思い、仕方なく購入。




galette des rois

オーブンで温めて、いざ入刀!

…という時にガチャ! パイのど真ん中でかたい音が。

「あ~、よくあるんだよね~これ。」

…というわけで、切り分けるまでもなくフェーヴ発見。なんだそりゃ!! せっかく楽しみにしてたのに!! 

仕方なく、切り分けていた友人がフェーヴをあるパイに押し込み、ぐるぐるプレートを回すロシアンルーレット形式に。しかししっかりフェーヴ入りのパイを覚えてしまった友人。(ちなみに、二人だけでした。)

私が最初に選ばせてもらえましたが、結局フェーヴは友人の手に。

feve

王冠型でした。

ちぇっ、コレクションしようと思ったのに。

「探してみなよー、2個入れてるところもあるんだよ!」

と、友人は言ってくれましたが、やっぱり入っていたのは1個だけでした。

でもこのポールのパイがすっごく美味しかった!!

アーモンドペーストって日本じゃなじみがなく、私はこちらで初めて食べたのですが、私は味が好きになれず。

アーモンドクロワッサンとか、ベイクウェルタルト、スポンジケーキにマジパンを巻いたものなど、アーモンドペーストはよくこちらで見かけるのですが、そのどれも私には合わなかった。もうにおいもきついくらい。

でもここのアーモンドペーストはすごくおいしい!! 同じお菓子とは思えない。もう本当に、いくらでもいける!!といっても過言ではないほどに。また食べたい~。

これがずばり、イギリスとフランスの違いというやつなのかしら。


友人からはいろんなガレット・デ・ロワのエピソードが。

学校でもガレット・デ・ロワがふるまわれ、王様になった人は次の日か次の週?またガレットを持ってこなくちゃいけないとか、フェーヴを当てたらパートナー(男の子の王様だったら女の子の女王様、女の子だったら男の子)を選ばなくてはいけないとか、で、男の子はだいたい恥ずかしいからお母さんを選んじゃうとか。

ちなみに地域によってパイではなかったり、いろんなタイプのガレット・デ・ロワがあるそう。ブルターニュ地方では硬いクッキーのような生地だったり、ブリオッシュ生地のガレット・デ・ロワもあるそう。


次回はぜひブリオッシュで! と思い、ブリオッシュのガレット・デ・ロワを探し中です。


↓来年といわず、近いうちに…むふふ。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
お正月早々、日曜クラスがまだ休みなので、久々に身軽にブリックレーンへ。

毎週日曜にクラスがあるので、いつもダンスの重い荷物を持ってるので、あんまり歩いたり写真撮ったりすることがなくなってしまった日曜日。今回は身軽なので、久々にカメラ片手にお散歩。


traditional

イーストエンドは古い町並みが残る大好きなエリア。シティをはじめ、いたるところに歴史の面影が残っています。特にショアディッチのほうまで登って来ると、シティのような大きなビル群はなく、古いレンガ造りの建物が目につきます。




ruins

こんな廃墟が街の真ん中にあったり。こんなちょい古の建物も、モダンとクラシックが合わさった感じで好き。そんな建物が多いのが、このショアディッチ付近。


ここには多くのアーティストが集まっているのも特徴。ブリックレーンがそんな人たちに人気なのもその一つ。ストリートアートも多く目にします。


street art




monster

こんな怪獣君がいたり。




trains

チューブが町中に出てきていたり!

歩いてるだけで、おもしろいものがいっぱい発見できるイーストエンド。

やっぱりシメはブリックレーン。


musicians

粋なおじさまたちが粋な音楽を演奏していました。寒さもなんのその! 


こんな元気なロンドンが大好き。


↓でもやっぱり寒いねん…。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
今日のロンドンは雪です。

せっかくおニューのスニーカーを買ったのに…こんな日は履けません。

てゆーか、外に出たくない。

あまり靴を持っていてもしょうがないので、スニーカーは1足と決めていたけど、そのスニーカーももう2年以上はいていて超ボロボロ。とても女の子の靴とは思えないほどだったので(どんなだ…)、このほど新調しました。

sneaker

コンバースです!!

コンバースは以前はいていたけど、すぐダメになったので、そういう印象があってずっと買っていなかったんですが、なんというか、やっぱり女の子として定番がほしくなってしまった。(マリー・アントワネットの映画にも影響されていますが。)


ちなみにイギリスではスニーカーではなく、Trainersトレーナーといいます。

Sneakersスニーカーはアメリカ英語。ゴム製の底で音を立てずに忍びよる(sneak)という言葉が語源になっているそうです。

その語源ががあんまり好ましくないっていうんで、イギリスではトレーナーという言葉が浸透したらしい。

トレーナーというと、日本ではスウェットタイプの上着が想像されますが、それはこちらではスウェットSweatshitsとか、ジャンパーJumperといいます。

ジャンパーというと私はアウター向けの上着という感じがしますが、こちらではそれはジャケットJacketで統一。ちなみにこちらでジャンパーは、上からかぶって着るタイプのものすべてに該当。なのでニットのセーターでもジャンパーで通じます。(セーターはざっくりニット的なごついもので使うことが多い。)


このホリデー中は、アガサ・クリスティーのドラマ「ミス・マープル」にはまってます。お紅茶とビスケットで、古き良きイギリスに浸りつつ、ブリティッシュ・イングリッシュを極めたいと思います。


↓今、雪の中、外へ出るか葛藤中。そんな私にクリック!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
年末年始にかけて、かつてロンドンに住んでいたお友達がいきなりのロンドン訪問! こういう時に限り、外食が許されるので、ここぞとばかりにお勧めのお店をチェック! 

ロンドン歴が長い別の友人のお勧めレストランリストから、まだ行ったことのないところへ行ってきました!!


イタリアン気分だったので、今日のお店はソーホーにあるイタリアン・デリ。

hall

きれいなお店はとっても広く開放的。大人気のお店で、人でいっぱい!! デリなので、落ち着いて座って、という感じではありませんが…。




counter

壁沿いのカウンターは落ち着けます。見えませんが、壁沿いには水が流れていて、癒しの雰囲気。




本場のイタリア人が経営する(おそらく…少なくともスタッフのお偉いさんにはイタリア人が。)イタリア人も満足のお店。スタッフとお客さんがイタリア語で楽しそうに会話してたのがとても印象的で、いいお店なんだな、と思わせます。

oven

イタリアンレストランにありがちなパスタが売りではなく、本格的な窯を使ったベーカリー。なのでピザ系パンがお勧めのお店です。




cakes

カウンターにはピザ系パンや、ケーキ、お惣菜がずらり!! とってもおいしそう!!


お勧めのピザ系でいきたいところですが、やっぱりイタリアンだとパスタに走っちゃう。パン以外にも、サラダなどのお惣菜、パスタを使ったメインも充実。この日はビーフシチューがおいしそうでしたが、こないだ自分で作ったので、私が選んだのは…。




baked pasta

こちら!! 
卵とミートボールのベイクドパスタ!! お皿にてんこ盛りで、半分しか食べられませんでした。
奥に見えるのが、サイドディッシュとして選んだ、チキンとアボカド、グリーンアップルのサラダ。これがあっさりしててすごくおいしい!! いくらでも食べられる~と思ったけど、こちらも多すぎて半分残しちゃった。



canneroni

こちらは友達が選んだもの。…といってももちろん二人でシェアしましたけども!!
メインはほうれん草とリコッタチーズのカネロニ、サイドは牛肉とロケットのカルパッチョ(たぶん)。少ない量ですが、こちらは友達がスタッフの人に頼んでこうなったので、実際はもっとあります。


サイドがだいたい3.50、メインがだいたい7ポンド前後で、合わせて10ポンドぐらいといったところでしょうか。
でもサイドは、2種盛り合わせで約6ポンドというメニューもあったので、それとメイン一皿を二人でシェアでもよかったなーと思いました。
それで女の子には十分の量です!!

とはいえ、ここはデリ。すべてテイクアウェイ可能です。半分も残してしまったパスタとサラダも、お店の人に行って箱をもらい、しっかり持ち帰りました。

デリとはいえども、味は本格的。飲み物も、カフェ類はもちろん、ビールやカクテルもバーで作ってくれるので、夜ごはんでも十分ですよ。


おなかいっぱいだけど、もちろんデザートは別腹! というわけで、二人で一つのケーキをシェア。

choco cake

私は迷って選べないので、友達にお任せ。彼女が選んだのがこちら。

チョコと(たぶん)パッションフルーツのケーキ。チョコはものすごく甘いんですが、パッションフルーツの甘酸っぱさがそれを打ち消して、絶妙。今度は定番のティラミスに挑戦したい!


それともちろん、ピザ系パンもね。やっぱりお昼でしょ。お昼に来よう。でもいっぱいかな~。

いっぱいでもお持ち帰り可能なので、皆さんもぜひホテルに持ち帰って見ては?


↓ビーフシチューも捨てがたい…。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ



*london memo*


Where to Eat

Princi
http://www.princi.co.uk/


View Larger Map
関連記事
あけましておめでとうございます!!

そして…

Thanks you so much for your 100,000 visit!!!!!!!!

年を越えてからと思っていたけど、皆さんのおかげでここまで来ることができました!
どうもありがとうございます!!

お返し企画はちょっと無理があるのでできませんが、これからもいい写真やいい記事で皆さんの期待にこたえていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。


今年の年越しは、クリスマスと同じく友達の家でのんびり。元旦はガイ・リッチーの「シャーロック・ホームズ」を見てきましたよ! レビューはまた今度。

ロンドンは寒いですが、天気はここのところいいです! が、お正月ムードはかけらもないので、クリスマスムードをお届け。


Hope and Greenwood

有名なお菓子屋さんの前で。キャンディーデコレーションがおいしそう~!!




Children and candy store

コヴェントガーデンにあるHope & Greenwoodのお店です。色とりどりのお菓子と、かわいいおもちゃの数々に子供たちもくぎづけ。





covent garden raindeer

コヴェントガーデンには巨大トナカイ現る。




Ice statue

こちらはキングスクロス駅。サンタの氷像の実演をやっていました。




Charity band

クリスマスになるとよく見られるチャリティーパフォーマンス。この人たちはほんとの駅員さんなんでしょうか? 制服がなんだか古き良きロンドンって感じで良かった。



週明けからはホリデーも終わり、ロンドンは通常モードに戻ります。とはいえ、私はまだ仕事も学校もホリデー中! クラスで体を引き締めつつ、冬のロンドンの様子をお届けできればと思います。



↓Wish you all a great new year!!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事