上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日、急に思い立って、ウォレスコレクションへ行ってきました。


wallace collection

ウォレスコレクションは、ボンドストリート駅近くの美術館で、
元個人のコレクションがもとになってるだけに、
こじんまりしていて、好きなのです。

調べるまで気づかなかったのですが、
ここには18世紀のフランスのものが多いらしく、
18世紀のフランスといえば、まさにロココ、フランス革命、
ベルバラのあの華やかな世界で、私が好きな時代です。

何度かいったことはあるのですが、なぜ急に行く気になったかというと、
地下鉄で素敵なポスターを見て気になったのと、
先日行ったカフェがとってもおいしく、(こちらは後日ご紹介)、
ここに入ってるカフェレストランが同じ系列だったからです。
(ここのカフェにはいったことない。)

というわけで、行きましたらば、
なんと今日かぎりの特別なイベントをやっているというではありませんか!!

その名も「A Day in the 18th Century」で、
スタッフの方々が18世紀の格好なぞしてうろついているらしい。
ウォレスコレクションの内装は素晴らしいので、さぞお似合いでしょう!
まあ、素敵!!

と思ったけれど、来た時間が遅かったのでまず腹ごしらえ。
イベントのおかげでかなり並びました。

ランチがまだだったのですが、来た時間はすでにティータイム。
というわけで軽食+デザートにしときました。
アフタヌーンティーをしているお客さんたちがいっぱい。


wallace restaurant

パティオ(上は屋根があります)は開放感あふれていて、
明るくて素敵!





soup

私は季節のスープ。今日はジャガイモとねぎ。
味がしっかりついてておいしかったです。






quiche

相方さんはサーモンのキッシュ。もちろん半分こ。
思ったより小さかったけど、こちらもおいしかったです。



さて、デザートは二人とも同じものがほしく、
でも同じのを二人で食べるよりは、違うのをシェアしたい欲張りな私。


tarte titin

こちらが二人ともほしがったタルトタタン。
カラメル色の林檎とタルトが絶品!!
これは必ずバニラアイスと。やみつきです。

別メニューでミルクアイスというのもあって、(イギリスで初めてかも!)
バニラよりはミルクがいい、と思ったのですが、
ここはメニューに従いました。次回にトライ!




Cream tea

こちらは私が折れて頼んだクリームティー。
(これも頼みたかったのだけど。)
スコーンがフレッシュでおいしい!!


おいしいお菓子とお紅茶で、ああ、まったり…

と、時を忘れて優雅に過ごしていましたら、
あっという間に時間は過ぎ去り、
おっといけねえ、美術館見る暇なくなっちまうぜ、
と、重い腰を上げましたらば、

すでに閉館。ゴーン。



event finished..

他の美術館同様、6時閉館だと思っていたら、
こちらは5時閉館でした。
(カフェレストランは閉館後も開いてる場合があります)

せっかくイベントの日に来れたというのに、みすみす見逃すなんて!!
写真もOKで、撮りまくりたいと思っていたのに…。
しかし1日だけのイベントだなんてけち臭い、
もっとやったらいいのにー!!

と、今日のことを教訓に、
もっと頻繁にイベントチェックをしようと
心に決めた私たちなのでした。


皆様も開館時間にはお気をつけて!

*どうでもよいですが、
サービスはいまいちで、サービスチャージは含まれていましたが、
支払いの際に少々カットさせていただきました。
態度が悪いわけじゃないけれど、やる気のないのがみえみえで、
何をするにも遅かった。
Includedのサービスチャージを払わないなんてことができるなんて
知りませんでした~!



↓今日の日曜もいい1日でした! Pickで一日を生中継してみました~!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!


*london memo*

Where to See

The Wallace Collection
http://www.wallacecollection.org/index.php


Where to Eat

The Wallace Restaurant
http://www.thewallacerestaurant.co.uk/



View Larger Map
関連記事
スポンサーサイト
今日はコルマールのクリスマスマーケットをご案内。

コルマールは町全体にクリスマスマーケットが点々としていて、
町をあげてお祭りのような雰囲気でした。

売ってるものはどこも同じようなものだけど、
なぜだか場所によってマーケットの「色」があって、
やっぱりマーケット全部回らなくちゃ! 
という気にさせるのです。


marche place de l'ancienne douane

こちらは町の旧税関の建物を利用したマーケット。
中はアーティストさんのお店が多かった。





by the canal

裏には運河が伸びていて、まだまだマーケットは続きます。






marche petit venice

運河に沿って歩いたら、プチ・ヴェニスに出てきます。

プチ・ヴェニスのマーケットは、子供向けに乗り物などもあって、
まさにワンダーランドな雰囲気。





marche place des dominicains

大人気なドミニカン教会広場のマーケット。
ツリーもライトアップも華やかで、これぞ、ザ・マーケット!





goat and kids

ほとんどのマーケットで、ヤギを見かけました。
子供たちに大人気。





santa claus

ジャンヌ・ダルク広場のマーケットではサンタさんに遭遇!





さてさて、マーケットといえば、お買い物。

plate shop

マーケットでは、アルザスの名産品を始め、
クリスマスプレゼントやクリスマスの飾りのお店がいっぱい。

水玉模様のアルザスの陶器もかわいい!


…が、お土産にそんなにお金をかけていられない私にとって、
お楽しみといえば、やっぱり…。

食べ物!!


pretty ginger cake

デコがかわいいジンジャークッキーは見てるだけでも満足。
(てゆーか、ジンジャーがだめなので食べれない…)





kouglof

クグロフもおいしそう!!





crepe and kids

なみなみと注がれるクレープの生地に思わず子供たちも大興奮!

フランスに来ると必ずクレープを食べちゃいます。


あ~、食べたくなってきた!



↓フォトブログでも写真をちょっとずつのせてます。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
遅ればせながら、金曜日にバレンタインのスペシャルデートをしてきました。

が、前日に私の生理が始まり、私はその日の朝急遽病院へ行くことに。

このあとずっと楽しみにしてたランチの予約を取ってたのに~~~!!

もう、治療どころではありません。(笑


結局、無事ランチまでにアポは終わり、お楽しみのデートスタートです!


ランチは私たちのとっておきのブリティッシュレストランで。


special british

とても人気なので、予約がないとは入れません。

実は去年のバレンタインもここだったのです。
が、去年は舞台の前に来たので、ゆっくりすることができなかったのです。

今年はランチにしておき、デザートまで堪能!
ランチタイムで明るかったので、ブログ用の写真もばっちり☆

素敵なレストランですが、お高いので、また来年~。


そのあとポートベローにお目当ての本屋があったので移動。

そういえば日曜日に友達のバースデードリンク(飲み会)があったのを思い出し、
ここはやっぱりチョコレートで、とチョコモンスターの相方さんにより決定。

ノッティングヒルでチョコなら、ここを試してみたかった。

special chocolatier

Melt.

かわいいウィンドーディスプレイからすでにやられていました。
中には宝石のようなかわいいチョコがずらり!

しかしここまで来ていきなり、
「劇場にチョコもって行きたくない(溶けるから)」
とのたまう相方さん。

そんなお客を察したのか、すかさずスタッフさんが、
「試食してみますか?」
と、気前よくトリュフを1つずつサービス!

人気のシーソルトキャラメル、下の上でとろける~!

このスタッフさんの戦術で、もちろん相方さんはお買い上げ。(笑
といっても、自分たちにではないですけどね…。

来年のバレンタインはここで決まり!
ホットチョコ用のチョコブロックも気になるなあ。


そのあと再びSohoに戻り、Eat Tokyoでおいしい日本食を堪能。

そしてそのあとは、待ちに待っていたミュージカル!!!

2,3年越しで見たかったのは、「プリシラ」。

オーストラリア映画からのミュージカル化で、
3人のドラッグ・クィーンが砂漠の真ん中でショーをやるために旅をする、
という話で、オカマキャラ好きの私をそそるストーリーもそうですが、
このミュージカルには、オープニングから私の友人が出演してるのです。

ですから、どうしても彼が出演している間に見に行きたかったんです!!

とかいって、もう2,3年も待ってしまったのですが…。
ようやく念願かないました。
舞台ではやっぱり、ついつい彼を探してしまいました…。
残念ながら今回は舞台裏で会えませんでしたが、
次回は是非にといってくれてるので、また見に行きたいと思います!


さて、そのミュージカルの直後、
ポーランドからサプライズでロンドンに帰ってきた友達と合流。
ほかの友達とも久しぶりあえて、短い時間だったけど楽しかった!

こうしてスペシャルな金曜日は幕を閉じたのでした!!


パワーを使い果たしたのと、お天気が最悪だったので、土曜日は休養。

しかし、この日はロンドン郊外から
相方さんの友人夫婦をPham Sushiでおもてなし。
NYでおいしいおすしを慣れ親しんでいた友人も、
喜んでくれたみたいでよかったです。


日曜日もお天気は最悪だったのですが、
気分を盛り上げるために、お花を買いにマーケットへ。




special Mimosa

素敵な香りとレモンイエローが元気をくれる、ミモザ。
相方さんのお気に入りらしく、ご満悦。


しかし肝心の気分は盛り上がらず、
日曜の夜に出かけるのがいやな私たちにとって、
かなり気が乗らなかったのですが、
結婚式の深夜、仕事が終わってから駆けつけてくれた友人の誕生日。
行かないわけにはいきません。


ということで北ロンドンまで遠征。
とっても雰囲気のよいローカルパブでは、おいしいタイ料理を。

special BD

なぜか、タイ料理がおいしいパブが多いんですよね。





special people

今日はシルエットアーティストであるアリソンの誕生日。
(彼女はテレビ「ふしぎ発見」にも出演しました!)

さすが、交友が幅広い~!!
日曜の夜なんかに誰も来ないんじゃ…という心配は杞憂。
たくさんの人が集まりました!

バースデーガールとはあまり話せなかったので、
来週の日曜にまた会うことに。
前回のココマヤがお気に召したらしく、
私の推薦するお店はいい!とのことで、
今度はアルビオンでランチ。


…という流れで、バレンタインのスペシャルウィークは終了。
ちょっと今週はスペシャルすぎたので、
日曜まではベジ生活を心がけるようにしよう!


special pub




↓今回のレストランやミュージカルの紹介も次回に!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
ロンドンは先週はけっこうあったかく、
春の訪れを感じさせましたが…。

まだクリスマスの旅行記が終わってない~!
(しかも2年前の。)

というわけで、冬の名残があるうちに終わらせてしまいましょう。
今回は素敵なコルマールの街をご紹介。


コルマールの旧市街はこじんまりしていて、
町全体がかわいい木組みのカラフルな家で、
まるでおとぎの国に迷い込んだかのよう。


colorful houses






petit venice

特にプチ・ヴェニスと呼ばれる運河の周りにもかわいい家々がたくさん。






good design sign

アルザスはドイツの文化が色濃く残る地域。

お店に掲げられた看板も、どこかドイツっぽい。




町には他にも、16世紀から建つ家などがあり、歴史を感じさせる。

maison pfister






maison de tetes

有名な「頭の家」にも豪華なクリスマスの飾りが!



どこもかしこも、古くてかわいくて、
まるで中世の、いやファンタジーの国にトリップしたみたい。


old house





time slip

住んでる人まで、まるで絵になるような世界。





old city






cathedral square

向こう側には何があるのか…。

どこを見てもわくわく。




夜はさらに幻想的に。

welcome to wonderland

おとぎ話の主人公たちが出てきそう。


次回はもっとファンタジーなコルマールのクリスマスマーケットをご紹介。


*トリップアドバイザーさんから、お勧めブログに認定されました!

ストラスブールのホテルの口コミ
ストラスブールのホテルの口コミ


↓今度こそ、フォトブログ更新してます。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!



*tabi memo*
 12 Dec 2008

How to Get There

Strasbourg - Colmar

SNCF €10.40(片道) 約30分


Where to Stay

Auberge de Jeunesse Colmar

http://www.hihostels.com/dba/hostels-Auberges-de-Jeunesses-Colmar-020087.fr.htm

4人部屋(でも一人で使わせてもらえました) €22.15

ネットで探しても安宿が見つからなかったので、
仕方なく当日インフォで探すも、やっぱりクリスマスマーケット人気でいっぱい。
運よく町の中心からちょっと離れたユースがあいていました。
歩いて10~15分くらい。


View Larger Map
関連記事
お待たせしましたー、ロンドンの和食屋さんの続きです!

いやー、皆さん興味ないと思ったら、ブログ村のアクセスはダントツ人気でした!

やっぱり皆様、日本人ですもの、和食も食べたいですよね!

ブログで紹介するつもりがなかったので写真はありませんが、
どこも自信を持ってお勧めできるレストランです。


Moshi Moshi

お店で食べたのは1,2回なんですが、
テイクアウェイでは毎月通う常連です。

料理ももちろんおいしいですが、
なんといってもここはテイクアウェイがとってもリーズナブル!!

サーモン刺身のどんぶりやすしセットが£5台からなのがうれしい。
というわけで、気軽にお刺身が食べれるのがうれしいのです。

家からも近いので、
よく前菜代わりにすしセットとか、
ご飯作るのめんどくさいときにも気軽にテイクアウェイできるのがうれしい。

リバプールストリート駅の奥にあってわかりにくく、隠れ家的存在。

http://www.moshimoshi.co.uk/


View Larger Map



Eat Tokyo

Sohoに詳しい韓国人の友達が教えてくれたお店。

おいしいのはもちろんですが、バカ安!!

ランチで、お弁当が£6台!!
メニューも豊富で、カキフライとか、コロッケとか、
日本特有のメニューもうれしい。
おすしももちろんやってます。

小さなお店で、しかも大人気店なので、
並ぶし、食べ終わってからまったりおしゃべりなんてできる雰囲気ではありませんが、
セントラルでこの安さ、おいしさはオアシスです。


View Larger Map



Hare & Tortoise


フランス人の友人に「ここは純和食!」と自信たっぷりに連れてこられましたが、
たぶん、日本人経営ではありません。

が、おいしいです!

そして何よりリーズナブル。

どんぶりも£6台からで、
この間はうな丼、相方さんは牛丼食べましたが、どれもおいしかった!
ここもよくリピしてるところです。


http://www.hareandtortoise.co.uk/flash/index.aspx?locid=1591


View Larger Map



Akari

「豚のしょうが焼きがおいしいの!」
と、イギリス人の友人が教えてくれたお店。
(友人はここで人生初の豚しょうが焼き。)

うれしい日本の居酒屋さんです!!

居酒屋らしく、伝統的なパブを改装しているのも素敵。
パブの内装はそのままに、
出てくるのは懐かしい鳥唐南蛮や豚のしょうが焼き、豆腐サラダ…。

お昼はいったことないのですが、サイトでメニューを見るとリーズナブルです!
(夜はそこそこします。)


http://akarilondon.co.uk/


View Larger Map


Sushi Waka

一度だけ、日本人の知り合いの方に連れて行ってもらった、憧れの場所。

外国人の友人に、どこが一番おいしいすし屋かといわれたら、
私はここと答えます。
(つーかここしか知らない…。)

一歩はいればそこは日本。
スタッフさんもサービスも、何から何まで日本です。
ここにいると日本にいるような錯覚に陥ります。

もちろんおすしは最高!!
私日本でもこんないいおすし食べたことないんでは?
と思うほどです。(たぶんそうです。)

壁には日本から来たセレブリティの方々の写真がはってあったりして、
人気のほどがわかります。
私が知らないだけで、超有名店なのかもしれません。

いまさらメニューを改めて見ましたが、
ランチメニューはかなりのリーズナブルさ!
今度はぜひ相方さんと和食びいきの友人を連れて行きたいと思います。


http://www.sushiwaka.co.uk/


View Larger Map



このほかにも、
欧州人を招く誕生会を日本の居酒屋でしたかったので、
以前お勧めを募ったときに、何軒か回答をいただきました。
そこも行ってみたいと思っています!


↓今週も和食屋さんに行ってきますよ! 何食べよ~?
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
皆さん、バレンタインはいかがお過ごしでしたか?

我が家では先週末からバレンタインのスペシャルウィークです!


まずは土曜日、スペシャルウィークにふさわしく、澄み切った青空でいい天気!

知り合いのディーラーさんがオーガナイズしたブロカンテマーケットへ行くのに、
久しぶりに北ロンドンへ行ってきました。

sunny day

駅からは木立を抜けて…。

ロンドンとは思えない、自然がある閑静な住宅地!

フラット探し中のわれわれの候補にも上がりましたが…。
目ん玉飛び出そうなゼロの多さに、あえなく断念。


マーケットはこじんまりとしていましたが、とても盛況でした!

vintage market



私は狙っていたカーディガンをあきらめきれずゲット!
ヴィンテージのボタンがかわいい、鮮やかなブルー。



変な時間に出てきた私たちは、
ランチを抜いて、お茶へ!

近くに行きたかったティールームがあったんです。

この辺は昔バレエしに通ってました。
家並みも建物も、かわいらしいエリアです。


お目当てのティールームは満員!
だけどちょっとまったら席が空きました。

highgate tea

こんな女の子だらけのきゃぴきゃぴしたところにも、
ケーキのためなら喜んでついてきてくれる相方さんに感謝いたします。

ケーキもスコーンもとてもおいしかったです!


そのあとは、相方さんが予約してくれた、ちょっと早めのバレンタインディナー。
サプライズだったのですが、ソーホーでディナーと聞いてピンと来ちゃいました。(笑

そこには相方さんがずっと目をつけていたタパスレストランがあったのです。
とーーーーーーーーーってもおいしかったです! 特にエビ…。
久々にワインも飲んじゃって、いい感じ。



さて、日曜日。この日はいつものイギリスの天気…
それでも出かけるぜ! 今日はあんたの好きなとこ行こう!! どこ行きたい!?
と、相方さんに問うも、
「おいしいお茶とケーキが食べたい」
というので、(笑)

「フレンチカントリースタイル」と「絶品ミルフィーユ」の言葉に
がっつり心奪われた相方さんにより、こちらのカフェに決定!!

aubane

今日もまた、ランチ抜きでおやつだけ、と思っていたのですが、
ランチメニューがおいしそうだったので、
結局ランチとデザートの2コースで…。

しかも来てみてから気づいたのですが、お高いっ!!
さすがチェルシー。(あたりまえ。)
周りの人もなんとなしにセレブに見える~。

ここもとってもおいしかった!! お勧めのカフェです。


おなかがいっぱいになったら、
ちょっといい机周りグッズがほしかったので、
久々にコンランショップをのぞいてみました。

michelin anniversary

この日はミシュランハウスの100周年記念で、
ミシュラングッズがいろいろと飾られていました。


michelin building

かわいいビバンダムがいるこのビルが大好き。


さてさて、肝心のバレンタインはというと!

忙しかったので普通ディナーでしたが、
もちろんプレゼントはこの日に!!

ヨーロッパでは、バレンタインは男女関係なく、
プレゼントもチョコとは限りませんが、
私はシンプルに、バレンタインはチョコと決めております。


choco

もちろん、普段では買えない高級チョコを。
今年は、メゾン・ド・ショコラ!
(実は、友人宅へ行くお土産に買い、
友人がその場で食べること(薦めてくれる)のを期待していた相方さん、
友人はチョコをしまいこみ、いまだ食べれずの念願のチョコのなんです。(笑)

相方さんはチョコモンスターだからいーんです。

本当は、別のプレゼントとして、
去年同様ディナー+舞台のチケットを用意したかったのですが、
今年はLast minutesにいいオファーがなく、見送り…
と思って、当日見てみたら、見たかったミュージカルが出ている!!

と思って、相方さんに見に行こうか!? とたずねたら、
なんと相方さん、すでにチケットを用意してくれていたんです!!
How Sweeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeet!!!

負けじと、その日に私たちのお気に入りレストランを予約しました。

なので、バレンタインのお楽しみはまだまだ続きます!


が、もうひとつ、われわれにうれしいバレンタインプレゼントが届きました!

なんと、14日の午前に、私のビザとパスポートが帰ってきました~!!

Yeaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaah!!

これでようやく、UK脱出できます!!
残念ながら、化学治療が始まるので、日本帰還は無理ですが、
化学治療の合間を縫って、フランスに小旅行とかはできるかも!
と、今から旅心がうずいています! 

とまあ、これだけスペシャルなのも、もうじき私の化学治療が始まるからです。
二人でちょっと羽目はずしすぎかも…。
化学治療が始まるとなかなか外に出られないかもしれないので、
今後も人と会う予定で忙しい!
でも、病気のことを考える暇がないというのは、うれしいことです。

次はミュージカル! 楽しみだ~!!


↓今日紹介したカフェ、レストランは、また次回にお伝えします!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたかわいいカーディガンをPick!
関連記事
今回は、わたしがお勧めする和食レストランをご紹介。

このブログは、ロンドンや欧州を旅する方をお助けできたら、
という理由でカフェ紹介をしているので、
ロンドンに来てわざわざ日本食レストランへ行く観光客もいないだろう、
と思い和食の紹介はあえて避けてきました。

が、

がんになってから、食事を見直し、
理想的な食事は昔の日本の粗食だそうで、
家でせっせと和食を作っている私も、
なかなか家で食べられないものがあります。


それはずばり、お刺身。


もちろん、売ってるところでは売っていますよー。
でもうちはそんなにリッチなオタクではございませんので、
どうせ高いお刺身を買うならば、いっそのこと外食です。
新鮮なお魚がいいしね!

実は私、もう4年ほど日本に帰っていないのです。
抗がん剤治療の前にぜひ日本に帰りたかったのですが、
パスポートがまだ帰ってこないので、
次に日本に帰る日はまだ遠そうです…。

日ごとに日本を恋する気持ちは高まり、
(特に食事)
最近は寿司好きの相方さんの同意もあり、
最低でも月に2度は和食レストランへ行っています。


そんなわけで、今日は番外編。
在英日本人の方や、どこへ行ってもお米が恋しい方の参考になりますように。


Pham Sushi

最近でこそ相方さんが連れて行ってくれますが、
それまでは貧乏学生だったので、外食なんて言語道断。
なので日本食レストランの情報もまったく知りませんでした。

加えて私、ロンドンに日本人の知り合いがほとんどいないので、
これらの情報はみんな、和食好きの外国人からの情報です。

こちらのPham Sushiさんもそう。

友人のとっておきレストランなのですが、
名前からもわかるとおり、日本人経営ではなさそうです。
スタッフもオリエンタルではありますが、
私が行ったときは日本人は皆無でした。

そうなると、皆さん怪しまれるのが、
ほんとに日本の味を再現しているのか、という点。

私はこの日、チラシ丼を注文。(£10)

chirashi

とーーーーーってもおいしかったです!!!!!!
つってもまあ新鮮な刺身をご飯にのっけてりゃできるんでしょうが。

と思い、相方さんの注文した和風ステーキ(£8、ごはんつき)をちょこっといただきました。


Beef wafu steak

これもとってもおいしかったです!!!
(量が少ないのが残念…)
和風のたれのステーキなんて、何百年ぶり!?
と思うほど懐かしかったー!!
味はちゃんと、ジャパニーズです、保障します。

ちなみに友人は、「あのお肉はワギュウなの!?」
と興味津々で聞いてきますが、(ワギュウが日本で一番の肉と思っている)
たぶん違うと思います…。
でもお肉は十分やわらかくておいしかったです!

残念ながら、大人気店なのでなかなか来ることができず、
まだこの1回きりなのですが、
来週あたり、この店を教えてくれた友達と食事をする予定。
今からとっても楽しみです!!


http://www.phamsushi.co.uk/index.html

週末の夜は特に予約必須です。テイクアウェイもあります。


View Larger Map



前置きが長くなったので、続きはまた今度~。


↓ロンドンのスーパーでも刺身と豆腐を売ってほしい~。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
5, Feb, 2011 Sadler's Wells

ABTの来英公演のミックスプロ、テーマとバリエーション/リラの園/カンパニーB
を、見てきました!

ABT



最近は病院やら自分が踊るほうやらで忙しくて、
チケットを取るのがめんどくさくて、
全然バレエは見ていませんでした!

一応公演はチェックするのですが。

で、この公演もチェックはしていて、ちょうどこのミックスプロも見たかったんです。
が、ものの見事に忘れてまして、気がついたらもう公演中。
こりゃもう売り切れだろうなーと思っていたら、
友達が急にいけなくなってしまい、チケットを譲ってもらえることに!

15ポンドの席だったけど、10ポンドにまけてくれた上に、
2階のど真ん中! 安いわりにはいい席でした!


今回のプロでは、ABTにゆかりの深いチューダーの「リラの園」が見てみたかったのが最大の理由。
彼の「葉は色あせて」でのパ・ド・ドゥがとても気に入ったので。

チューダーは、物語をそのまま踊るのではなく、
キャラクターの心情をバレエで表しています。
なので、観客は物語をたどっていくのではなく、
登場人物たちの心の中、心の絡み合いを見ていくことになります。
ダンスによる表現の見所だといえます。

この作品では、政略結婚されそうになっているキャロラインの婚約パーティーで、
恋人をあきらめきれないキャロライン、
キャロラインが婚約者といる現実を突きつけられる恋人、
キャロラインの婚約者と、その愛人、
この4人の思いが婚約パーティー会場であるリラの園で交錯する様子が描かれています。


しかし!!
実は、この公演で一番大好きだったのは、最後のカンパニーBでした!

40年代のザ・アンドリュー・シスターズが歌う、
ノリのいいブギウギサウンドにのって、
ダンサーたちがはじけ飛んでいました!

ロビンスの「ウェスト・サイド・ストーリー」のような、
ミュージカルとバレエを一体化したような、
キレのある楽しいジャズィーな動き!

これはダンサーもかわいい40年代のヴィンテージルックで、
往年の黄金期のミュージカル映画を見ているような、
そんな錯覚を覚えます。

楽しいだけでは娯楽作品になってしまいがちですが、
この作品は第2時世界大戦中の人々の心情を歌ったといわれる
アンドリュー・シスターズの曲を使っていて、
ところどころに戦争の影がちらつきます。
とはいえ、やっぱり見所ははじける楽しいダンスです!!



サンフランシスコバレエのものですが、Company Bから抜粋。


そして、バランシンの「テーマとバリエーション」。
アメリカといえばバランシンの定番バレエ。


あと、おまけでラトマンスキー振付の「くるみ割り人形」パ・ド・ドゥ。
去年のクリスマスに初演されたばかりの新振付で、
今回の予定プログラムにも載っておらず、うれしいサプライズとなりました。


ABTは近く日本にも来日するそうで、
カンパニーBも上演されるので、ぜひぜひ見ていただきたい作品です!!


↓詳しいレビューは下の「続きを読む」からどうぞ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!


... 続きを読む
関連記事
今日は久々にバレエを見に行ってきました!!

場所はエンジェルでマチネ公演。

お昼がてらに、相方さんが秘密の場所に連れて行ってくれるということでいってきました。



candid cafe

普段は行くことのない路地裏。エンジェル駅の裏側。

こんなところにこんなカフェがあったとは...。





inside

相方さんはそんなにおしゃれスポットとかには興味ないのですが、
今日は私好みのアーティスティックでヴィンテージな場所!!
Good job!!





sofa

おくにはソファ席も。

ちょっとゴシックな感じだけど、その「ちょっとさ」加減がまた良し。






shabby table

シャビーな感じで落ち着きます。






vege lasagne

朝ごはんを食べたばかりだったけど、
これから長時間の公演だし、と思いランチで。

ベジタブル・ラザーニュ£7。
お味は...まあまあ。普通においしかったです。
今度はケーキ食べに来たいな。






dark room

こちらはアート・トラストの中のカフェなので、
いろいろなイベントやアートクラスがあるみたい。

楽しそう!!

夏には一階部分の庭も開放されるみたい。
ぜひまたゆっくり、来たいと思います。


↓気になるバレエはABT!! レビューはまた今度。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!


*london memo*

Where to Eat

Candid Cafe

http://www.candidarts.net/cafe.html


View Larger Map
関連記事
Black Swan ブラック・スワン

black swan

最近、一番楽しみにしていた映画、ブラック・スワンを見てきました!

やっぱりバレエをやってるからには、バレエ映画は見逃せません!

とはいえ、バレエとかダンスの映画って、
ダンスを見せることが中心で、ストーリーがいまいちだったりするのですが、
この映画は前評判がとてもよかったので楽しみにしていました。


ストーリーは、
やっと初の主役を「白鳥の湖」でつかんだニーナが、
オデット/オディール役のオディールのほうの役作りと、
バレエ団に新しく入ってきたリリーに役を取られるんじゃないかという恐怖にさいなまれる、
というサスペンス的ドラマ。

なので、ダンス好きが見るダンス映画、とはちょっと違う。
実際、バレエ友達からの感想はあまりよくありませんでした。(笑

が、サスペンス要素も私の好きなジャンルなので、期待も膨らみました!

ストーリーは思ったよりもブラック。暗い!
サスペンスというよりはスリラー。(スリラー映画とは書いてあったけど。)

バレエ友達がこの作品を嫌いな理由がわかりました。(笑

典型的なバレエ娘が堕ちていく、みたいな話で、
何もそこまですることないだろう、って感じなのですが。

ドラマとしてはおもしろい。

「白鳥の湖」自体も、単なる王子とお姫の物語ではなく、
捉えようによってとても奥深い作品で、
最近はいろいろな解釈がされた演出も増えてきていて、
単なるクラシカルバレエに飽きた私は、新解釈版を見るのも楽しみ。
この作品も「白鳥の湖」そうした要素を取り入れているといえるでしょう。


そして、ダンス好きとしては、
やっぱりナタリー・ポートマンがどうやってエトワール役をこなしたのかが気になるところ!!

ダンスシーンはもちろん多いのですが、
ダンスそのものを見せるというよりは、ニーナの心情がドラマの焦点なので、
表情がわかる顔アップが多く、ナタリーのダンスは上半身がほとんど。

ダンスが見たい人は物足りないかも。

でも一年の訓練の甲斐あって、上半身の動きはほぼパーフェクト。
カメラワークの効果もあって、彼女がダンサーじゃないなんて疑わせません。
もともとバレエをやっていただけあるし。

振り付け自体も、今も根強く残るクラシカルバレエの振り付けを大胆に変えているところなど、
(特に4羽の白鳥は新版でもあまり変わることがありませんが、
この作品はかなり変えていたので、全部見てみたかった!!)
とてもおもしろくて、劇中のバレエ作品自体を見てみたかったです。


今回はバービカンシネマへ行って来ました。
いつも行きたいと思っていたのですが、(近所なんですが、)
なかなか行けず、なんと初めてです。

barbican cinema

モダンなシネマ。かっこいい!

シネマというよりは劇場のロビーみたいです。



bar

バーもあります。

これも劇場さながら。もとは劇場なのかな。

が、劇場のようにドリンクがのめるが、
たぶん劇場内では禁止?なのか、開始ぎりぎりまでお客が入ってこず、
予告が始まってからみんなだらだら席につきだすといった感じで、
予告もけっこう楽しみな私にとっては嫌でした...。



black swan

昔のバレエ・リュスのようなレトロなポスターもいい。


私的には☆4つ!
バレエを知らない人も(むしろ知らない人のほうが)楽しめる作品です。


↓ネタばれありの感想は、下の「続きを読む」からどうぞ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!

... 続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。