この週末は、イギリスでは3連休でした。とっても充実の三連休!


まず土曜日は、Dance for Japanというチャリティ・イベントへ行ってきました。

Dance for Japan

セントラルバレエスクールで行われたこのイベントは、
入り口で15ポンド払ったら、どのクラスも受け放題、パフォーマンスも見放題というとっても素晴らしいイベントだったのです。
もちろん収益金は赤十字を通して、東日本大震災のために寄付されます。





class bar

クラスは大きな2つのスタジオで同時進行に、バレエだけでなく、ジャズやコンテンポラリー、ヒップホップなどさまざまなジャンルが受けられます。

講師陣も素晴らしく、元ロイヤルバレエのプリンシパル、Wayne Sleepからコンテンポラリーカンパニーからのワークショップなど、多彩。

パフォーマンスは、English National Balletを始め、Ballet Black、マシュー・ボーンのカンパニーなど超豪華な顔ぶれがそろいました!

black swan

特に夜の部のパフォーマンスは豪華。

「白鳥の湖」が3つもあったのは、やっぱり映画「ブラック・スワン」の影響でしょうか。
(クラシカルの白鳥・黒鳥と、マシュー・ボーンの白鳥)




class centre

私は朝一の10時からのWayne Sleepのウォームアップクラスから、バレエ、ジャズ、ピラテスと計4つも受けました!
ほんとは体力面から考えて2つにしとこうと思ったんですが…やっぱり楽しそうなんだもの!
受けて正解、そこまでしんどくもならず、いい感じに疲れました。
ほんとは夜にあったミュージカルシアタークラスも受けたかったけど。ご飯のために途中脱退。
久々のジャズ、楽しかった~! もっと受けようかな。

Wayneのウォームアップクラスは、ウォームアップというからにストレッチ重視のクラスかと思ったら、普通にバレエでした。
地下鉄のせいで30分も遅れたのでバーはできなかったのですが、センターから参加したらいきなりピルエットから!
ピルエット、ジャンプを軽くした後は、「ジゼル」からペザント・パ・ド・ドゥの冒頭部分を。
ウォームアップというよりはマスタークラスという感じ。
ピルエットほめてもらって調子に乗りました。(笑


ちょっとオープンな雰囲気もあったので、この機会にちょろりと写真を撮らせてもらいました。
いつかちゃんとダンサーを撮ってみたいな!


夜の部のパフォーマンスは、こちらも遅れたので最前列で見ることができました。
ちょっと控えめに、iPhoneで写真を撮れたので、一言感想と写真は「続きを読む」からどうぞ!


踊れて、豪華なショーも見れて、募金もできて、とっても素晴らしい企画でした!!
またやって欲しい!!


↓Thank you so much for all teachers, dancers, and the organizers.
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。
... 続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
先日ブロードウェイマーケットへ行ってきたときに、ハックニー・シティ・ファームへ行ってきました。

hackney farm

いつも行こうと思うんですが、マーケットばかりに気をとられて、帰りしなによるといつもすでに閉まってる。

今回やっといくことができました。


ロンドンのど真ん中に農場。

前はブリックレーンの近くにあったのですが、そこが移動したのかな?

シティから歩いていけるところに、こんなところがあるなんて、ロンドンのいいところだな。

自然と触れ合うのが目的だけでなく、ここはなんか隅から隅までかわいいんです。




garden

かわいらしいガーデン。ローズが真っ盛り。





flower in the garden

ガーデンはお花のほか、果物や野菜が植えられています。





kids playing

子供は木登りして遊んで。





cute stuff in the garden

ところどころにこんな人形がおいてたりして。こういう小細工がいちいちかわいいファームなんです。



もちろん動物とのふれあいも。

lamb

子羊ちゃん。かわいい!!





chickens

鶏たちは犬のように走り回ってます。





pig

まるでのたれ死んでるかのように、どでんと動かない豚ちゃん。





sheep

木陰で休んでいる羊。この日はとっても日差しが強かったので、動物たちは暑さでまいってるようでした。





plants

動物や植物と触れ合うだけでなく、植物の苗や、アヒルや鶏の卵なんかも買えちゃいます。

カフェも併設されていて、内装がまたかわいいのです!





shop

かわいいショップも。





cute farm

ほっこりかわいいファームでした。

今度はカフェに来よう!


↓土曜日はDance for Japanです!踊って日本を助けましょう!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。



*london memo*

Where to See

Hackney City Farm

http://www.hackneycityfarm.co.uk/


View Larger Map
関連記事
今日は、アルザスで食べたおいしいものをご紹介!

まずは、アルザス名物!!

tarte frambee

まずはタルト・フランベ!

キッシュ・ロレーヌと同じく、クリームソースとハムとたまねぎの組み合わせは同じだけど、生地が極薄ピザ。

お手軽なランチ、という感じです。

外は寒かったので、もちろんホットワインと。




beckeofe

そして、アルザスで絶対食べたかったものがこちら、ベックオフ。

ポトフのような感じ。

下味をつけた野菜とお肉を、アルザスのあの器に入れて、かまどで焼いたもの。

ホクホクでおいしい! もちろん、アルザスの白ワインと。




bonne homme

こちらは、パン好きの私にはたまらなかった、ボンノム。

ブリオッシュ生地のパンが人型に。チョコチップ入りが好き!




kougelhopf

こちらも、アルザスで絶対買いたかったもの。アルザスの焼き菓子、クグロフ。

実は地元にスイス菓子ケーキ店があって、そこの一押しもクグロフだったんです。

で、母と二人でそのクグロフにはまっていたんだけど、そこのはパウンドケーキみたいな生地だったのね。

中にもチョコとかドライフルーツとかがいっぱい入っていておいしかった。

こちらのクグロフはデニッシュ生地でふわふわでした。中には何もなし。

お店によっては生地自体に味がついているのもありました。





cookies

アルザスの街角ではどこでも見かけるクッキー。

私好みのクッキーで、お土産用に買ったつもりがつい自分で...。

写真は、クッキーだけのマーケットで見かけた、お菓子の家!



クリスマスマーケットでもいろんなものを食べました!

お祭りの屋台で食べたくなっちゃうのは、日本もヨーロッパも共通なんだね。


crepe

フランスに来たら、とりあえずクレープ。なにはなくともクレープ。

私はいつも、バター&シュガーの王道で! やっぱりおいしい~!

この写真のおじさんがすごい陽気で、クレープの屋台はいっぱいあったけど、ここは大人気でした。




churros

出来立てチュロスもおいしかった~!





hot wine

ほっとドリンクはマーケットでは欠かせない!

ほんとに寒いんで、ドリンクなしでは歩きとおせないんですよ~。

ホットワインはマーケットでなくても、ヨーロッパ各地で見かけるけど、

ここではホットオレンジ+ハニーとかがあったので、アルコールに弱くなってる私にはうれしかった。


アルザスの旅行記もいよいよ次が最終回!


↓ロンドンはとってもいいお天気! 早く季節に合った旅行記をお届けしたい...。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。
関連記事
昨日は久々にブロードウェイ・マーケットへ行ってきました。

broadway market

今週末も相方さんは仕事の当番なので自宅からあまり離れられず。

でも、家にすぐ帰れる距離に大好きなマーケットが二つもあって本当にラッキー。

引っ越すのが惜しい...。




canal

意外に歩ける距離であることがわかってからは、お散歩がてらにいつも歩いていきます。

コロンビアロードの雑貨屋さんも見つつ。





chair





coffee





colorful






lunch

お目当ては、ここのイタリアンレストラン、Bella Vitaでのランチ。

他のパスタも試したいけど、ここに来るといつも同じのを頼んじゃいます。

Pasta Bella Vita。やっぱりおいし~!!





colorful branket

将来子供ができたらここで服を買うと決めています。

カラフルなブランケットも! ブランケットは今買っちゃおうかしら...。





colorful flowers

お花屋さんはどこにいてもチェック!

今日はここでカラフルなミニ・ガーベラの花束を買いました。





cool people

ブロードウェイマーケットに来ると、ここにいる人々を撮るのも好き。

みんなおしゃれなんだもの。大好きな古着ファッションの人が大勢。





cute cakes

かわいいケーキ屋さん。

日本人の女の子が一人で焼くのも売るのもやっています。

大変な作業をたった一人で!!





cake shop

ロンドンでは、いろんな国の人がいろんなものを売っていますが、

やっぱり日本人ほど細やかでかわいく行き届いたものを売ってる人種はないな、と思います。





ganbare japan

ほんとはチョコケーキと小さなベリーのタルトが欲しかったんですが、

荷物になるから、とマーケットを一回りして帰ってきたら、売り切れてました...。当たり前だけど、がちょん。

でもおいしそうだったので、大きいベリーのタルトを購入! 今日友達がくるのでちょうどいいや。

ちゃんと募金もしましたよ。


このほかにも、かわいいヴィンテージのブローチを相方さんに買ってもらったり、
コロンビアロードでかわいい雑貨や、探してたジョーロもかわいくて安いのが見つかったり、大収穫の一日でした!


↓でもまた口内炎ができて、食べるのもしゃべるのもつらいのだ...。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。

関連記事
今日はストラスブールの大聖堂をご紹介。


notre dame cathedral

街に高くそびえる大聖堂。

尖塔はどこまでも高く、時に霧で見えなくなります。





details

近づいてみると、凝った彫りがあちこちに。





inside

中へ入るとその大きさに圧倒。






stend glass

ステンドグラスも美しかった。





stend glass with cross





light





maria





pray

この時期はクリスマスだからか、多くの人がキャンドルに祈りをささげていました。




この塔の見所は、大時計。

clock

時間になるとキリストと使徒の人形が出てくる仕掛け時計なのです。





clock2

時計の下にあったこれも時計の一部なのかしらん。

だとしたらすっごい大きいし掛け時計!!




中を見終わったら塔へ上ります。

高くそびえる塔は、なんと142メートル!

当たり前ですが、階段で登ります。

view from tower

どこまでも遠く見渡せる感じ。

この日はぼやけてますが、晴れ渡ると、遠くはドイツのほうまで見えるんだって。

上から見るストラスブールの町は、なんだかかわいい人形の家々を見ているよう。





cathedral in the night

夜は美しくライトアップ。

真っ暗な空にオレンジに浮かび上がる大聖堂は、とても幻想的でした。



↓さばを料理するのって苦手...。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*tabi memo*

Where to See

Cathedrale Notre-Dame

塔 €2.30(学生)

http://www.strasbourg.info/cathedral/


View Larger Map
関連記事
2011.05.17 カフェ*Meals
久々に、料理メニューも豊富なおいしいカフェを発見。

場所はロンドンのど真ん中。グッジストリート。

グッジストリートにはインテリア系のお店がずらずらと並んでいますが、どれも高いのでめったにくることはありません。

なので、こんなところにかわゆいカフェがあるなんて露知らず。


このカフェはPayton & Byrne系列。美術館などにカフェを出しているベーカリーカフェです。

Peyton and Byrne





bakery

1階にはベーカリー。ケーキなどがずらりと並ぶほか、紅茶やジャムなどの瓶詰め物も買えます。



カフェは2階に。

meals

ピンクと白、そしてかわゆい曲線が、なんだかキキララの国にいるみたい。



ここのカフェのうれしいところは、イギリスのカフェにありがちな「ランチはサンドイッチのみ」の軽食でなくて、きちんとしたランチメニューがあること。

mackerel

私はさばをいただきましたー!

こんな風にさばをいただくのは初めてかも。レモン風味がさわやかでおいしい! 家でもこんな風に料理してみたいなー。





quiche

相方さんはキッシュ。イギリスカフェではべたなチョイス。でもポテトが手作りでおいしかった!


友達が食べたパンプキンとチキンのサラダもおいしかったです。


この日は日曜だったにもかかわらず、がらすき。

お昼を食べた後のデザートは、ソファ席でくつろいで。


fire place

これは冬に行ったときの写真ですので。暖炉に火がたかれていました。



ケーキはカフェにもありますが、自分がほしいのがない場合、下のベーカリーで買って持ち込むのもアリです。

cakes

この日はカフェにケーキがあまりなかったので、相方さんは下のベーカリーでまたチョコ系を調達。





cream tea

私はクリームティー。スコーンがふかふかでおいしゅうございました。





tea goods

カフェにもPayton & Byrneの箱詰めグッズがおいてあります。
イギリス土産によろしいかも。


ロンドンの中心地にあって、おいしいランチが食べれて...。
リピ確実のカフェです!


↓さばを料理するのって苦手...。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

Where to Eat

Meals

http://www.heals.co.uk/pcat/healcafe


View Larger Map


関連記事
まったく季節はずれな話題でごめんなさいよ。

今日はストラスブールのクリスマスマーケットのおはなし。


Christmas market in strasbourg

ストラスブールも町のいたるところにクリスマスマーケットがあります。

どこも個性があっておもしろい!!






christmas tree market

クリスマスツリーももちろん売ってます。

女の子が背比べ。





christmas wonderland

夜になるとワンダーランドのよう。





big cookie

クリスマスマーケットではやっぱり食べ物が気になる~!

かわいく飾り付けられたジンジャークッキー。買えばよかったなー。





cute cookies

このクッキーも食べたくて、買いたくて...。

でもこれが1枚3ユーロくらい! 高っ! でもかわいいっ!



他にもおいしいものいっぱい...。

クレープははずせないし、ホットワインやホットレンジ、ハニーレモンも...。


magic potion

魔法の薬だって! どんな効き目!?





yummy boy

男の子はプレッツェルをほおばって。




マーケットではもちろん、プレゼント用ににかわいいものもたくさん!


roll cake

とってもかわいいケーキ!? いえいえ、これ、タオルなんです。




クリスマスツリーの飾りも多く売ってます。

wooden charms

私のお勧めはこちらの木彫りの飾り。細かい彫りがステキ。



たくさんあるマーケットの中で、私がひときわ気に入ったのが、プティ・フランスのマーケットにあったこちらのストール。

french goods

売ってるものがすべてかわいいんです!!

アルザスの陶器のミニ版もドットでかわいいし、フランスの駄菓子のパッケージがこれまたかわいい!!





french toys

駄菓子みたく、フランスの昔の?おもちゃみたいなのも。これもパッケージがかわいい!





shell candy

悩んだ挙句に買ったのは、貝殻に入ったキャンディ。色がきれいで...。

昔読んだ絵本に、「にんぎょのイチゴゼリー」という絵本があって、
貝殻に入った海イチゴのゼリーがぷるんぷるん...
という描写に惹かれまくったのが、これを見てよみがえりました。


クリスマスマーケット、また行きたいな!!


↓Happy Monday!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。
関連記事
体調もすっかり回復!!

この週末は、かねてからラブコールを送っていたアクセサリー作家さんのバザーにお呼ばれしたので行って来ました。


ブログのランキングのサイトから発見したこの作家さんの作るアクセサリーがかわいくて。

オンラインでしか扱ってらっしゃらないのですが、買う前にぜひ手にとって見たい、とラブコールしたところ、
今回、他の作家さんとバザーをやるので、ということで手にとって見れるチャンスをいただきました。


会場はCockfostersというピカデリーラインの北の最終駅。

閑静な住宅街が広がって、のどかでいいところです。

ちょうどフラット探しの真っ最中の私たちは、「こんな家に住みたいよね~」と夢を見ながらてくてく歩きます。


しかし会場である作家さん、あこさんの家に来てみてびっくり。

お庭とはいえないレベルの敷地の広さに衝撃。

large garden

これがまた、ロンドンであるというのがすごい。





bazar

バザー会場であるお庭はかわいく飾り付けられていました。

広々としたお庭! キツネやハリネズミも出てくるんですって! 素敵すぎ!!





lovely house

コンサヴァトリースペースが即席のお店に。こちらも素敵に飾り付けられています。





Lovely sunroof






ebony & ivory

こちらがお目当てのEbony & Ivoryさんのアクセサリー。どれもかわいくて、目移り!!





lovely accs

欲しいものはすでに決まっていたにもかかわらず、新しいアクセサリーたちについつい...。





felt items

今回は他の作家さんたちと合同ということで、フェルト作品などもありました。





vintage stuff

ヴィンテージも!!





sweets

お買い物が終わったら、おいしいお菓子と談笑タイム。

話題は、お子さんがいらっしゃったので、トライリンガル子育てのこととか、この地域のこととか...。

抹茶パウンドケーキに小躍りしそうになりました。おいしかったです!!





golden afternoon

ドリームホームなあこさんちのお庭で、素敵な時間をすごせました。ありがとうございます!



さて、今回の収穫はといいますと、

my lovely neckless

一番のお目あってだったのがこのネックレス。

前から、どんな服にも合って毎日つけられる、華奢でシンプルなネックレスが欲しかったんです。

まさに理想のこのネックレス、きっとヘビロテになることでしょう。

このチャンスを逃すことなく、他にもいろいろ買っちゃいました! ハゲてるくせにヘアピンとか買ってるし。(笑

いいのです、これは治療半分終了の、自分へのご褒美なのだ!!


↓あこさん、ありがとうございましたー!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。



*london memo*

Where to Shop

Ebony & Ivory

http://ebonyandivoryshop.com/
関連記事
今日はブライトンへいったときのカフェをご紹介~。

お昼を食べたのはこちらのBill's.

Bill's






Bill's inside

ロフトスペースが広々と気持ちのいい店内。






full shelves

壁をおおいつくす棚にはグローサリーがずらり!






groceries

ほとんどがオリジナルのアイテムなのです。パッケージもかわいい!






smoothies

さて、スムージーがお勧めときいていたので、さっそくオーダー!!

この日はいきなり夏日だったのでちょうどよかった! おいしくてヘルシー!





soup

でも、あんまり食欲はなかったので、相方さんと二人でスープとメインを半分こずつ。

スープはパースニップだったかな? 
パースニップは好きじゃないんだけど、このスープは何かとミックスでおいしかった!





fish

メインはお魚とクスクス! (お魚はなんだったか忘れた...。Sea bassだったかな?)

おいしかったー!

クスクスは最初イギリスで食べたときおいしくなかったから食べてなかったんだけど、
こんなもちもちのクスクスならいくらでも!

味付けもおいしかったな。再現したい...。




deco cake

テーブル横のカウンターにはとってもおいしそうなケーキが!!

デコレーションがすごい!

残念ながらもうおなかいっぱい...。また次回に!!



Bill’sのケーキも気になったけど、別のカフェにトライしたかったので、別の店にお茶しに行きました。

おいしいクリームティーができるところを、と雑貨屋さんの店長さんに聞いたら、

そのお店はしまっていたので、そのお店のお向かいの店へ。


season cafe inside

カフェはやっぱり夕方になるとしまっちゃうね。

お客さんはまばらだけど、いい雰囲気のカフェです。





round door

入り口のドアは、ビルの角にそってラウンドになってるんです。おもしろい!




cream tea

しっかりクリームティー、いただきました。

クリームもジャムもスコーンも、全部フレッシュでおいしかった!





season cafe


カフェめぐりもしっかり2軒巡り、充実のブライトンでした!


↓Bill'sは実はロンドンにもオープンしたんです。今度行かなきゃ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!


*tabi memo*

Where to Eat

Bill's

http://www.bills-website.co.uk/


View Larger Map



Seasons cafe

http://www.seasonscafe.co.uk/


View Larger Map
関連記事
ちょいと夏の雰囲気をお伝えしたところで、冬に逆戻り~。

アルザス旅行記の続きです。


今日はストラスブールの街の風景。

dam


イル川が街に流れるストラスブール。

この川を少したどれば、ドイツとの国境であるライン川にたどり着く。





petite france

ドイツと隣り合わせの街。

旧市街には、ドイツを思わせる木組みのコロンバージュの家が立ち並びます。





colorful houses

空はどんより曇り空だったけど、カラフルな壁の家々はおとぎ話の世界にいるみたい。






wooden houses

ここは、「ハウルの動く城」の街のモデルにもなったそうですよ。





old house

かわいい町だけれど、この街には大変な激動の歴史があって、





sign

ドイツとフランスを行ったりきたり。

そんな中、アルザスの人たちは、ドイツでもフランスでもない、アルザスの文化を守り抜きました。





alsacian girl

この街にはそんな、地元の人たちの誇りがにじみ出ています。





ちなみにストラスブールの市の鳥はコウノトリだそうで、町のあちこちで見かけます。


stork

ほら。





stork lace

ここにも。

残念ながら、野生のコウノトリは絶滅したんだそう。

渡り鳥であるコウノトリが、必ずアルザスに立ち寄っていたからこの町のシンボルになったんだって。

まるでヨーロッパの人たちのことみたい。





chapplin

アルザスは今では国際都市のひとつ。

今回の旅ではそんなに出会いはなかったものの、最終日にホステルでアグネスという女の子と同室になりました。

(ポーランド出身だったかな? 名前も覚えてなかったけど、旅のメモに書いてあった! Well Done, 私!)

彼女によると、ちょうどこのとき国際的な音楽祭が開かれていて、彼女はチェロを勉強しにはるばるやってきたんだそうな。

彼女のような音楽学生たちが世界中から集まってきて、ワークショップやオケの勉強していたんだって。 

ちょうど「のだめ」好きだった私は、同じような彼女の境遇にうらやましいやら刺激されるやら。

彼女の目もきらきらしていました。





ill river

ヨーロッパって、同じような文化だけど、どれも全然違う。

人も全然違う。

それを歩いて見ていくのが楽しい。

そんな旅の醍醐味を再認識できた旅でした。


↓結婚したいい年の女ですが、まだまだ出会いを求めて一人旅もしたいなー。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!



*tabi memo*

Where to Stay

Auberge Jeunesse Strasbourg Le Ciarus

http://www.ciarus.com/

大きいホステルでシステムはしっかりしてるし、きれい。朝食付きでネットもできるし、カフェもある。
クレープサービスがうれしかった。


View Larger Map



Hotel Le Colmar


http://www.hotel-lecolmar.com/

ホステルがいっぱいで取れなかったときに取れた宿。
シャワー共用、朝食もないけど、シングルで泊まれてお手ごろ値段。


View Larger Map
関連記事
ブライトンの続きです。


イギリスにいると、海よりもコッツウォルズのような田舎に行きたいと思うんですが、

なぜかこのときは海が見たかった。


brighton seaside






brighton pier

おもちゃ箱のようなブライトン・ピア。

何をするでもないけど、青い空、青い海に浮かぶカラフルな空間がかわいくて。

とりあえずソフトクリームを食べる。





blue sky






stripe chair

このいすを見ると、リゾートだなあと思う。





tower






tasogare

海に来ると、海にいる人たちを撮りたくなるものなのだ。





shoes and sea






shoes and wave

相方さんがお昼寝中、一人遊び。






beach vally






shoes and scarop






lobster






fish and chips


このときはやっと温かくなってきたころだったから、人もまばらだったけど、

今いったらきっとすごい人なんだろうな。

イギリスの海はこの感じがちょうどよいと思う。

ギラギラの夏の海は、やっぱりスペインがいいなあ!


↓ロンドンは今日もいいお天気! おでかけするぞー。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
完全復活!! ...とはいきませんが、起きられるようになってきました。

今回の治療のせいで、週末は家にこもりっきりでしたが、

今日は3月に行ったブライトンの様子を。



colorful vintage shop


ブライトンはとってもカラフルな町。






colorful car


なんだかイギリスじゃないみたい。





colorful building


最初に来たときはゲイパーティーの日で、イビザのようなパーティーの街という印象。(行ったことないけど。)




colorful cafe

かわいいカフェやお店屋さんがいっぱいで目移りしてしまう。





colorful doors


路地裏までも白壁とカラフルな色で、やっぱりリゾート地だなあ。





white wall and cat

路地裏には緩やかな時間。





vintage shop

ヴィンテージマーケットもひっそりと、でもカラフルに。





vintage hunting

積み上げられた宝の山もなんだかカラフル。






yellow house






easter bunny

イースターバニーもカラフル。





key to where?

鍵もカラフル。





royal pabilion

なんだかエキゾチックなロイヤルパビリオン。


それでは海辺へLet's go!


つづきます。


↓ロンドンはいいお天気です。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
spanish doll

せっかくの4連休も、相方さんが出かけられないんじゃ、どこへも行けません。
いつもどおりに、日曜日はいつものコース。





red flower

フラワーマーケットはすごい人でした!





sleeping dog

日差しはあるけど、けっこう涼しい。





acordion lady and red girl

今日はなんだかミュージシャンたちがいっぱい。






strawberry n cream sand

おいしそー!!

ストロベリーとクリームは、イギリスの夏の定番スイーツ。





pink flower

今日のミッションは、イチゴの苗とチャイヴの苗、そしてきれいな花を買うこと。

イチゴは最近季節だから出回ってるけど、スーパーのはすぐだめになっちゃう。
友達が、育てるの簡単だよ、というから、我が家の家庭菜園に仲間入り。

チャイヴはこちらでの万能ねぎとして欠かせない。
買っても使いきれないことが多くてよく捨てちゃうから、これも自分で育てるのだ!

ハーブは安かったので、ついでにカモミールも買っちゃった。





flower broach

今週のお花は白いラナンキュラス。

折れた花をブローチにさして。




japanese pancake

ブリックレーンに来ると、相方さんはいつもお好み焼き。

そんなに好きなら家で作ったげるよ!

…といいつつ、ほったらかし。作り方がわかりません。





a band with a little girl

フードホールでもミュージシャンが。

ミニ鉄琴に興味津々の女の子がかわいい。





street artist






union jack





today's item

今日の収穫、白いラナンキュラスとチョコパイ。

チョコパイといっても、スポンジケーキにクリームをはさんだもの。

しっとりおいしい!


どこにもいけなかったけど、カフェに行ったり、まったりすごせました。

さて、明日は治療の日だ。

うしゃっ。


↓イチゴがなるのが楽しみ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
まだ興奮冷めやらぬ(?)ロンドンで、いかにロイヤルウェディングで盛り上がっていたか、見ていただきましょう。

Regent's street

リージェンツストリートを始め、街のいたるところでユニオンジャックがあふれていました。





selfridge royal wedding

セルフリッジの華やかなウィンドウ。





royal wedding cake

華やかなウェディングケーキにもユニオンジャックがあふれて。





vv rouleaux royal wedding

リボン屋、VV Rouleauxには、ドレスコードのあの帽子がたくさん。






will & kate cupcake

カップケーキもWill & Kate。




acc shop will & kate

アクセサリーも、Will & Kate。





vintage shop royal wedding

ヴィンテージショップもユニオンジャックカラーで統一。ヴィンテージウェディングドレスのケイトさんを想像して。





vintage shop royal wedding 2





vintage acc shop royal wedding

ヴィンテージのアクセサリーショップも。ティアラにため息。





brocante shop royal wedding

昔のロイヤルウェディングのヴィンテージも並んでいました。





vintage sweet shop royal wedding

ロイヤルファミリーヴィンテージが目白押し。





emma bridgewater royal wedding

エマ・ブリッジウォーターでも記念グッズが。数十年後にはプレミア・ヴィンテージ!?





rococo choco royal wedding

ロココチョコで、お茶目な二人。


Congratulations!!



↓Have a good Golden week holiday!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
皆さん、ロイヤルウェディング見ましたかー!!

will & kate

私たちは、実は最初、まったく興味ありませんでした。
前日に友人がハイドパークで見ようよ!、と誘ってきたのですが、
相方さんが仕事というのもあり、
(常に働いてるわけじゃなく、呼び出しがかかったらネットにつなげなくてはいけないので、家付近で待機が原則)
私も式の間中はクラスを受けようと思っていたほどです。

結局テレビ中継から目が離せずに、クラスには行かなかったんですが。

すごい人でしたねー!! 映し出されたハイドパークに、「こんなとこに行くの!?」とびびってました。
結局、式はテレビで拝見。全部ばっちり見えたのでよかったです。

しかし、ウィリアム王子を背後から見たときのショック!! お父様かと思いましたわ…。
私も年齢の割りに白髪が多いのが悩みだったんですが、(今はその心配もないけど。笑
勝った!! いっそのこと私のように坊主にすればいいのに! そのほうがかっこいいよ!

そして、相方さんは上流階級のイギリスレディたちの帽子にいちゃもん。
「あれ見て、フランスの女の子たちは笑ってるよ!!」
確かに…流行とは関係のない、あの帽子は何なのでしょうね。特にプリンセスベアトリスのあの帽子!
でも帽子はドレスコードだったのですね!! 知りませんでした。
イギリス上流階級には欠かせないお帽子…。イギリスレディは大変だ。

ケイトさんのドレスはかなりフォーマルでしたね。私は特に、ブーケが好感持てました。
テレビや新聞ではこぞってロイヤルブライドたちのファッションチェックがあったのですが、
歴代の花嫁たちに比べたら、ケイトさんのブーケはかなりこじんまりとして、花も小柄。
それがイーのよ!! 清楚で、素敵でした。

テレビといえば、今回もやってました。ドラマ「ウィリアムとケイトの軌跡」みたいなやつ。
今回は見なかったのですが、私が来英した当時にチャールズとカミラが再婚したので、彼らのドラマを見たのですが、
これがもちろん、出会ってからダイアナ妃生前の不倫ストーリーも含むどろどろドラマなわけですよ。
カミラのもとへ行くチャールズに向かってダイアナ妃が「行かないで!!」と叫ぶシーンとか。
興味というよりはむしろ、「これって放送していいの?」というおろおろ感で見てました。
日本ではまずないよね…。
ああいう王室のドラマって、本人に許可を取っているんでしょうか。取っていたとしたら彼らの懐の深さを尊敬します。


話がそれてしまいましたが、式を見終わった後、ハイドパークにいる友人と合流してピクニックしようという事になりました。
相方さんの呼び出しがないことを祈って、出発!

すでに大勢の人たちが帰り始めていたハイドパーク。
それでもまだパーティームードは残ってました。

drink boy





alison dress

友人とは、ブログに何度か登場した、シルエットアーティストのアリソン。
彼女は日本のテレビにも出てることだし、顔出しで! (本人の許可は取ってます。)
ユニオンジャックのドレスや、手作り王冠イヤリングまでする気合いの入れよう。
(この日は先週よりは肌寒かったんですよ…。)




union jack boy

巨大スクリーンのある舞台では、ライブミュージックがかかっており、さながら野外フェスタ。
みんなは思い思いにピクニック中。

男の子はフラッグダンス中!




と、ここで、踊りまくってるロイヤルファミリーを発見!

一緒に写真を撮っていただきました。

royal family

あらっ、女王様がいらっしゃいませんわ。



ランチを食べ終わった後、ついに相方さんが呼び出しを食らう。
せっかくだし、私は残りますわ。


hyde park picnic

「もう一度旗を振って祝福しましょう!」との声にも、旗はもうまばら。

圧巻のはためくユニオンジャックの写真は、トラファルガー広場にいたブログ友達のmidoryさんのブログでご覧になれます。

アリソンによると、
「みんなが笑顔で祝福していて素敵だった!!」
「ケイトが教会に入る瞬間にサンシャインがさしてきてね…みんながわあ…ってなって。奇跡みたいだった!」
「紙ふぶきがバーっとふってきてすごくきれいだったよ!!」
「隣の子はわざわざブラジルからこのロイヤルウェディングのために来たんだって! みんなで旗振って、みんながひとつになって祝福して…。 すごくない!?」

という話や、midoryさんの写真を見てたら、ああ、やっぱり行けばよかったな、とちょっぴり後悔。

私の予測じゃ戴冠式もそう遠くないと思うので、そのときにはぜひ!!


この後は、エンジェルに移動してパブへ。

angel pub






breakfast club

いつもはマーケットの場所も、今日はパーティー会場。





camden head

私たちが来たのは、このカムデン・ヘッド。





street party

パブの前ではこうして食べ物が出され、ストリート・パーティ!!

ロンドン各地で行われているこのパーティ、全部無料なんですよ。
(アリソンは政府がお金出してるっていってたけど、ほんとかな。)

音楽もかかって、太陽も出てきて、あったかくなってきて、ほんとに気持ちがよかった!



ここでもみんなドレスアップ。

girl with ruby shoes

この女の子、ブライドメイドの女の子のように白いドレスで花輪してかわいかった。

だけど靴は、ドロシーのようなルビーの靴! ぶかぶかハイヒールを引きずってるのもかわいい。





dress up puppy

わんこもユニオンジャックでおしゃれ。





union jack dress up

やっぱり、トリコロールカラー(フランスみたいだけど)でドレスアップしてる人が多く、
ここにもバリバリにユニオンジャックでドレスアップしてる方が。

アリソンはどこでも誰とでも友達になっちゃう。




crown

アリソンの友達もやっと集まりだしてきたところで、私は相方さんのもとに帰りました。

普段なら気にしないけど、さすがに治療中の今、会社を休んで看病してくれる相方さんをほっておくほど鬼ではありません…。

でもちょっとでもお祭り気分が味わえて楽しかった!


Westminster Abbeyではまだウェディングの飾りが残ってるらしいので、今日見に行ってこよう!


↓アリスのレビュー、アップしました。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事