上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、ご無沙汰いたしました。

抗がん剤で寝込んでいたわけではございません、もう終わったからね!

フランスへ一週間のホリデーへ行ってまいりました!

行く前にブログを更新しようと思ったのですが、ばたばたしていてできませんでした。

ご心配おかけしていたら、申し訳ございません!


フランスへ行くのはもちろん、イギリス国外に出るのも2年半ぶりな私。

旅に飢えていました。

久々のホリデー、飛行機、旅に私のテンションは1ヶ月前から上がりっぱなし!

そしてついに海を飛び越えます!

sky

あの飛行機に乗るときのうきうきした感じ。

旅への期待感。

ああ、これだーーーーーーーーーーーー!!

至福のひととき。

海と空の境界線が消えているよ。


今回のフランスは、相方さん家族宅への訪問。

結婚してからというか、今まで一度もいってませんでしたので。

相方さんは西フランスのブルターニュ出身ですが、
相方さんの家族が現在住んでいるのは、ブルターニュとロワールの県境に近い、ロワールのナントの田舎です。

なので、ナントに直接飛びます。


行った当日は、相方さんの姪っこちゃんのだんなさんの誕生日。

相方さんのお姉さんの家で(姪っこちゃんのお母さん)誕生パーティーがあったので、
空港に出迎えに来てくれた相方さんのご両親と、空港から直接お義姉さんの家へ。

お義姉さんもナントの小さい田舎町に住んでるのですが、おっきい家!

そして裏のこれまたひっろい敷地に、なんとプチ動物王国!


R's house

ヤギにアヒルに鶏...。





R's house

そしてかわいいうさちゃん!!

とれみにょーーーーーーーーーーーーん!!(仏で超かわいい!)



あまりのかわいさにきゃいきゃいいっていたら、抱かせてもらっちゃいました!

子ウサギちゃんですよ~。かわいい~。


R's house

動物王国に住むのは夢のひとつだったので、超うれしかったです!


でもこの動物たち...食用なんですよね...。

ヤギはわかりませんが、アヒルとウサギはパテ用なんです...。

あああ、あのうさちゃんも食べられてしまう日が来るなんて...!!

あまりにかわいかったので、真剣に連れて帰ると言っていたのですが、
大人サイズは猫よりでかい...。

それはちょっと...かわいさが70%は減ってしまうかも...。

何より今の家では飼えねー!

ということで、泣く泣くあきらめました。

うさちゃん、助けてあげられなくてごめん...!!


気を取り直して。

義姉の動物王国ではもちろん犬猫もおります。

R's house

みんなのアイドル、ギプシーちゃん!! 

かわいい~!!

やんちゃ盛りな子犬ですが、大人になってもこのサイズらしい。

将来はこんな犬が欲しいなー!





R's house

いたずら盛りのギプシー、隙あらばこの犬の(名前忘れた...)尻尾をかみたがります。

それがかわいいのだけど、ほんとに隙あらば襲っているので、この犬にとってはうっとうしいことこの上ないと思います。





R's house

パーティーのために来た大勢のゲストにも物怖じしないギプシー。

最後には疲れて私の腕の中ですやすや。ほんとにかわいかったです。






R's house

実は義姉の家に行くにあたり、相方さんからゴールデンルールがしかれていました。

というのも、この動物王国の有様ゆえ、義姉の家は衛生的によくないというのです。

過去に相方さんも、自家製パテで食中毒を起こし散々な目にあったとか。

健康体ならまだしも、今の私は最後の抗がん剤のせいで、免疫システムが非常に弱っている時期。

だから本音はあんまり私を連れて行きたくない、という相方さん。

どんな家やねん...。ちょっとびびる私。

といっても、ご招待に預かっているわけだし、せっかくフランスを訪れたのに無視するわけにもいかず。

そんなわけで、肉は食べない、食べる前に必ず手を洗う、野菜はオッケー、などのルールが設けられたのでした。


この日はメインにローストポークが出てきたのですが、お店で買ったものだからいいだろう、ということでOkサイン。

やわらかくてとってもおいしかった!! こんなのイギリスでは食べられないな~。


ほとんどのゲストがフレンチオンリーの中、英語ができる人はちょろちょろ話しかけてくれたり、
ホストの姪っこのだんなさんは仕事で英語を使うので、大勢のゲストを相手しながらも気にかけて話しかけてくれました。

上の姪っことは年が離れた小さい甥っこ君とも、つたないフランス語で会話。

初日からとっても楽しかったです!



かな~り遅くに義姉さんちを出た私たちは、(みんなはその後も遅くまで盛り上がった)
相方さんのご両親のうちでお泊り。

先日が遅かったのでこの日は遅くから起きてきてお庭でブランチ。

P's house

ご両親のおうちもこれまた広いー!!

そしてお庭も広い上に、まだ裏庭まで...。

どこのリッチマンの豪邸!? と思っちゃうくらいなのですが、
こちらではこれが普通だそうですよ・・・。


そういえば、姪っこちゃん夫婦も現在家を買うつもりらしいのですが、
若干25歳にして、4ベッドルームの一戸建てに庭付き!!

「ちょっと高いけどね」というけれど、25歳でそれって。。。!!

現在ロンドンでフラット探し中の私たちでも、
2ベッドルームのフラットで、お庭はもしかしたら無理かもって感じなのに...。
(日本出身の私からしたら庭なしでも十分なんですが)

でも義姉さんやご両親のおうちを見たら納得。

ただし、かなりの田舎ですので、車がないと生きていけません。




P's house

お庭でのブランチは最高!!

天気もよくって、ああ、やっぱりフランスは太陽がいっぱい!!

なんて思ってましたが、
ブルターニュやノルマンディーの西フランスは残念ながらイギリスと同じような曇りや雨のお天気らしく、(ちっ)
この日は奇跡的にいいお天気だったそうです。
(案の定、次の日からはイギリスと似たり寄ったりなお天気)


義母か作るお料理もとってもおいしかった!

フレンチらしく、ちゃんとアペリティフから始まって、スターター、メイン、チーズ(仏では食後にいただきます)、デザートのフルコース。

アペリティフにいただいたワインがおいしくて、パチリ。

食事に出てくるほとんどの野菜やハーブ、果物はなんとお庭で取れたもの!!

素晴らしい~!! もちろんとってもおいしかったです!





P's house

ご両親のおうちで飼ってるフーシアちゃん。

これまた、とれみにょーーーーーーーーーーーーーん!!

犬好きの皆さんでしたら、あのふわふわの白い毛皮をわしゃわしゃしてハグしてもふもふしたい!!、とお思いでしょうが、

この犬種は番犬用なので、しかもご両親のおうちに来て間もないということで、なれるまで触っちゃだめ、と注意されました。

大きくて、立ったら私ほどあるんですが、これでもまだ子犬。

なんにでも興味津々で、私たちが車から降りると近寄ってきますが、そのときもなでちゃだめ。

においをかがせ、なめさせて様子を見させます。

でも飼い主のご両親にはとってもなれていて甘えんぼさん!

時々クンクン言っては家の外からご両親たちを呼びます。

それがまたかわいいいいいいい!!


それでも最後のほうには私たちにもなれ、寄ってきてくれるようになりました。

むしろはしゃぎすぎて飛び掛ってこられたときには、襲われるかと思って本気でびびりました。

それでもとってもかわいいフーシア。私の待受けにこの写真を貼るつもりです!





P's house

フーシアとは対象に、まったく寄り付いてくれなかったイブ。

家にはご飯のときだけ帰る、お忙しい猫ちゃんでした。

それでも毛皮がありえないくらいにソフトで柔らか!!

いつか抱っこしてなでなでしたいです!



というわけで、念願の動物王国で癒されまくり、相方さんのご家族にも会えて大満足だったフランスの旅。

このほかにブルターニュ・ノルマンディーのプチトリップもしました。

その様子も順次お伝えしていきます!


すっかりフランススタイルが気にいって、帰ってきてからもアペリティフからのフルコースでがんばってみたけど、
私にはまだ要領がつかめていない...

(前もやっていたけど(相方さんがそのスタイルだったので)めんどくさくってやめた...。)

でも、このスタイルだと食事をゆっくり楽しめるので、和食のとき以外は、週末はこのスタイルでやっていこう!
と、決めたのでした!



そして、ホリデーが終わって、今日からは第2ステージ。

放射線治療が始まります。

一ヶ月毎日放射線。

日本が放射能汚染で大変なときに放射線を浴びるのもどうよって感じなのですが、治療だししょうがない。

それでがんが治るのなら!

それに、これが終わったら再びホリデー、日本です!!

楽しみすぎます!! がんばれます、私!


さて、せっかく第2ステージ、そして時間もあることですので、
ブログの移転を考えています。

内容はまったく変わらないのですが、強いて言えば英語訳を追加すること。(たぶん...)

こちらの友達も私のブログを見てくれている人がいて、
写真だけでも見てるよーといってくれるのに、英語ブログのほうはもう全然さっぱり。(案の定...)

やっぱり2足のわらじは無理なので、ひとつにまとめることにしたのです。

ゆくゆくはホームページのように、カフェやお店情報をマップに掲載できたら...とは思いますが、まだどうなることやら。


というわけで、次回はおそらく新しいブログから!

ブログアドレスは次回にこのブログに載せます!

お楽しみに~。


↓新ブログでも、クリックしてください!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。



関連記事
スポンサーサイト
2011.08.18 Brixton Village
先日、南ロンドンのBrixtonに住む友達のところへいってきました。

で、先日ブログ読者のMiraiさんから教えていただいた、
とってもステキなアクセサリーデザイナーRustさんのブログに載っていた、(リンク欄からとべます)
Brixton villageのことを思い出し、ついでによって来ました。


Brixton

ブリクストンといえば、私がイギリスに来た当事、ロンドンで危険なエリア・ベスト(ワーストか?)3に入っていた場所です。
(友達調べ。)

きれいな建物こんなになって...。

ちなみに3年前にホームレスだった私を泊めてくれた友達の家では、
(今回の友達と同じですが、その当事はブリクストン駅のすぐ裏に住んでいた)

「外に続くドアは絶対に戸締りしてね! でないとジャンキーが入ってくるから!」
と、前もって注意されました。


そして、1年ほど前に私の働くお店の新店舗がブリクストンにできたときも、
同僚たちはみんな口をそろえて、

「絶対強盗に入られるね!!」と、言う始末。

どんなエリアやねん!

ま、その後暴動により実際に襲われてるんですが...。


とまあ、危ない危ないとはいわれていますが、3年前にちょこっと住んだとき、
周りにいい感じのカフェがあったり雑貨屋があったりで、特に危険も感じず、
住みたいとかお気に入りのエリアとまではいきませんでしたが、とっても便利なエリアではありました。


それがRustさんのブログではなんだかステキなことになってるじゃないですか!

これはWorth checking!ということで、いってきましたよ。


ブリクストンの駅を囲むように、マーケットが広がっています。

その中に建物に入った商店街があります。それがBrixton Village。

Brixton village

この超生活感にあふれるマーケットの中に...





Brixton village

なんかいきなりすっごくかわいいエリアが!!

何これ!?




Brixton village

とってもこじゃれたカフェがあったり...

どうしちゃったの、ブリクストン!!




Brixton village

かわいいお菓子屋さんがあったり...。





Brixton village

かわいいヴィンテージショップも!!





Brixton village

お店なのでやっぱり高いですが、セレクトはなかなか。




Brixton village

どれもお店の個性が出ていて、乙女心をくすぐらせます。





Brixton villlage

でも、お店よりはカフェが圧倒的に多いです。

しかもどのカフェもかわいくおしゃれ!!




Brixton village

毎日違うカフェにいってもあきないかも...それくらいたくさんのカフェがあります。

オーガニックピザだったり、コーヒーがおいしいとこだったり、ヴィンテージだったり...

ああ大変、通わなきゃ!




Brixton village

Brixton Villageの道路を挟んだ向こう側にも同じようなアーケードが。

そこにもちらほらステキなカフェがあります。




Brixton village

ちょうどお昼時だったので、友達に電話すると、ここのカフェがすごくお勧めだから、なんか買って来いと。

私はベジタリアンカルツォーネをいただきましたが、
モッツァレラ、レッドオニオン、アーティチョーク、ペッパーだけでトマト味でもなんでもないのに、すっごくおいしかった!!

レッドオニオンの甘みか? こんなの初めて...。生地ももちもちして最高!

ケーキも、買わなかったけどとてもおいしそうで...。買わなかったことをすごく後悔。


いくらかわいくても、やっぱり用事がないと来ないかな、と思っていたけど...。

(この日も駅の隣で火事があり、暴動かといわれていたので...。(結局違ったみたいですが))

これはカフェのために来ちゃうかも...!

と、思うくらい、注目エリアのBrixtonなのでした!


↓To Rust, Thank you for telling us so many nice places!! :)
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

How to Get There

Brixton Village


View Larger Map
関連記事
先週の金曜日の帰りの地下鉄の中で、相方さんが突如、

「クリームティーが欲しい!」 と、のたまったので、

じゃあ、もう地下鉄乗ってることだし、近所のブリックレーンのヴィンテージカフェでも行くかい?

とすすめたところ、そんなところにカフェあったっけ、といぶかしげの相方さん。

ちょうど停車していたSloane Squareで、

「そういえばここにCocomayaの新店舗ができてるんだよね」 と告げるや否や、

「行きたい行きたい!」 というので、発車直前に飛び降りました。


と、いうわけで、Cocomayaスローンスクエア店です。

cocomaya

Cocomayaは以前にも紹介しましたが、ここもかわいいのでまたまたご紹介させてください。





cocomaya

ほーれ、ラブリーでしょう!





cocomaya

ここも本店と負けず劣らずこじんまりしてますが、
ソファ席があるからか、こちらのほうが落ち着きます。





cocomaya

ケーキ類も充実!





cocomaya

でも本店のほうがもっと充実してるかもしれません。





cocomaya

棚に並べられた...洋風盆栽? がかわいくて...。





cocomaya

テーブルの上にも!

きんきらきんのシュガーポットもこの店だと落ち着くから不思議...。





cocomaya

ウィンドウにもたくさん飾られています。





cocomaya

小さいのでいいから、ひとつ欲しいな~。





cocomaya

ちなみにこちらでは、ヴィンテージ食器も売られていました。

バカ高かったですけど。





cocomaya

残念ながらスコーンは売り切れていました。

だからといって...この日は二人ともお昼抜きで、お腹がすいていたとはいえ...。

キッシュもあったのに甘いもの3つとは...。反省。
(あ、これを二人で半分ずつにしたので! あしからず!)

どれもとってもおいしかったですけどね!!

バーベキューとこの甘いもののおかげで、ただいまうちは完全ベジタリアンの食事です。



ところでこのお店に行ったおかげでうれしい情報が!

kate spade

なんと、大好きなブランド、Kate Spadeがついにロンドンにー!!

わっほーーーーい!!

すでに別店舗があるの? ないよね?

実はこの10月の帰国の際に、日本で財布を買おうともくろんでいたのです。

1点豪華主義ってことで!!

でも最近はヴィンテージのかわいい財布(1000円ぐらい)にも惹かれてて...。

今使ってるアーティストの一点ものの財布も気に入っていて...。

財布が3つあってもしゃーないやん、と思いながらもKate Spadeには興味津々。

とりあえず、近くに気になるカフェも見つけたことだし、オープンしたら行ってみたいと思います。


↓今度はここでクリームティーもリベンジしたい。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

Where to Eat

Cocomaya

http://www.cocomaya.co.uk/


View Larger Map
関連記事
2011.08.15 嵐のあと
この週末の金曜、土曜と、西ロンドンのEalingに行きました。

フラット探しのためです。


結婚からもうすぐ一年...私たちはまだフラットを探しています...。
(現在二人でワンルームに生活中!)

フラット探しももう丸一年かかろうとしています。

最初はどこから探すかふらふらしていた私たちですが、ようやくEalingに絞ることができました。

仲のいい友達夫婦が2組、そこに住んでいるからです。
(一組はこれから引越し。)


A's BD

土曜日はその友達夫婦のだんなさんの誕生日BBQにお呼ばれ。

昨年その友達を相方さんと一緒に訪ねたときに、相方さんがエリアを気に入り、
奇しくもこの秋から相方さんが西ロンドンに転勤になることが決め手となりました。

他にも、治安がよい、閑静な住宅地であることが気に行った理由だったのですが...。


A's BD

ご存知の通り、先日の暴動で、Ealingのショッピング街であるEaling Broadwayも襲われました。


これは、非常にショックでした。

もちろん、ロンドンに絶対安全な場所などないことはわかっていましたが...。

やっぱり住もうと思ってるところでそんな犯罪があるのは不安になります。


とはいえ、今度の暴動ではChavたちが移動して襲っていたので、
ロンドンでも治安がよいといわれていたところで数件暴動があったことを考えても、
まあ、Ealing自体が危ない地域、と決め付けることはないかな、と...。
(実際どこも危ないんですが!)

というわけで、この地域に絞ってフラット探しを続けています。

私たちは最初暴動のあったEaling Broadwayあたりで探していたのですが、
(買い物や交通の便がよいので。)
どうもやっぱり、この地域はお高い!!

相方さんが非常に贅沢なことを言ってるので
(十分に広さのあるダブルベッドルームが二つに、庭付き!!)
この地域はあきらめ、少し下がったSouth Ealingに的を絞りました。

金曜に見に行った物件は、ほぼ理想に近かったのですが、
その後見に行った別の物件のエージェンシーから、
最初の物件のエリアがEXカウンシル(元公共住宅)と聞いて、相方さんは不安に。

というのも、EXカウンシルとはいえ、そのエリアにはまだ公共住宅として機能している家があるわけで...。

あまりこういうことは言いたくありませんが、
公共住宅に住んでいるほとんどの人は移民や低所得で援助を受けている人たちが多く、
そういう人たちの中から今回の暴動を起こしたような教養のないChav(ヤンキー)たちが生まれているのも否定できない事実。

ロンドンにはこのように、とってもステキな住宅地と隣り合わせにこういった公共住宅があり、
どこに行っても治安のいい地域と治安の悪い地域がぽつぽつと点描画のように広がっているわけです。



土曜日、South Ealingでフラットの物件を見た後、
友達のバースデーBBQへ行くのに、あるいてEaling Broadwayへ行きました。

とってもステキな住宅地!!
こんなところに住めたらいいよね~。などと夢をはせながら歩いていくと...。

Broadwayに近づいてから見え始めたのが、襲われたショップの数々。

いまだ割れたガラス窓を板でふさいでるところや、炎に見舞われて黒焦げになっているところなど。

ショックだったのは、薬屋やチャリティーショップなど、
こんなとこを襲って、何が欲しいの!? というようなところまで襲われていること。

Ealingでは人も殺されています。
暴れる若者たちに説教をしようとした男の人が、暴行を受けて殴り殺されました。

正しいことをしようとした人が殺されて、間違ったことをしてる人がのうのうと町を歩いてるなんて...。
(暴行を加えた子達が逮捕されたかはわかりません。されたかも。)


今回の暴動は、警官が黒人青年を撃ったことに対する抵抗運動だったはずが、
ふたを開けてみれば、ただの集団強盗になってしまっていました。

襲われたのは電化製品店が主で、そこから携帯やゲームを盗んで自分のものにしたり売ったり...。

警察や国会に押しかけるならわかりますが(!?)
今回の暴動にはみんなあきれるばかり。

でも、こういうことが起こったのも、こういった低所得者たちを無期限で援助するイギリスの社会に問題があるんじゃないかなと思います。

表立っては見えませんが、イギリスにはまだ階級社会と差別がうっすら残っています。
それをサポートするためか隠すためか!?イギリス政府は無職の人や社会的に弱い立場の人を無期限で援助しています。

聞いただけでは、素晴らしい、と思うかもしれませんが。

こういった人たちはこの素晴らしい制度を利用して、自分から働こうとしません。
働こうとしても階級社会や差別が邪魔をして、いい職を得ることができず、それだったら制度を利用して政府からお金を巻き上げて暮らそう、そんな考えが蔓延してるのです。


「イギリスに住めていいわね!」

と、よく言われます。

確かにヨーロッパのステキな町に住むのは憧れでしたし、今でも幸運なことだと思います。

でも実際にすんでみると問題は山積み。

ただ、「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、この国はイギリス人のもの。

難しいことがあっても、うまく付き合っていかなきゃいけないなあ。と思うのです。
(もちろん間違ったことは間違ってるといいますが。)



A's BD

なんだか小難しいことをつぶやいてしまいましたが。

バーベキューはとっても楽しかったです!

この日もとってもインターナショナルな顔ぶれで、
異なる国から来た私たちがイギリスについて思うことなど、いろんな話題が出ましたが、
(暴動のことを含め)

バースデーボーイのイギリス人の男の子の家族が来ていたのですが、
その人たちはとってもフレンドリーで優しく、
差別うんぬんの話なんて吹っ飛んだほど楽しくおしゃべりし、

やっぱりイギリス人好きだなあ、と思って週末が終わったのでした。


↓でも一番驚いたのは、襲われた店の数件のガラスがもう修復されていたこと! やればできるんじゃん、イギリス人!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。
関連記事
今日はEast Dulwichにあるかわいいお店たちをご紹介。

の、つもりだったのですが、あの辺にはまだまだかわいいお店がありそうなのでもうちょっと開拓してから…。

今日は前回のマーケットに近くにあるステキなベジタリアンカフェをご紹介。


blue brick cafe

Blue Brick Cafe。

鮮やかなブルーがかわいいカフェです。

前回のマーケットから角を曲がったところにあります。





blue brick cafe

こじんまりとしたお店には、お客さんがいっぱい!

人気のほどがうかがえます。

地元の友達によると、かなり有名なお店だそうで、地元客中心に大人気だそうです。





blue brick cafe

棚にはヴィンテージのものたちが並べられて…。

テーブルにも不ぞろいのヴィンテージの砂糖つぼなどが置いてあります。





blue brick cafe

実はベジタリアン専門のお店にはちょっと抵抗があったんです。

10年ほど前にカナダでふらりと入ったベジタリアンのお店で豆腐ハンバーグを食べたのですが、
その味気のなさにがっかりしました。

そのお店は大人気だったんですけどね…。

でもそれはベジタリアン思考が人気が出始めた過去の話。

今はベジタリアンの食事のレベルも格段に上がってますし、このお店のメニューもとてもおいしそうでした!

メニューにはラザニアやカレー、パスタなど、ベジタリアンでなくてもそそられるメニューが並んでいます。


ほんとはラザニアを食べたかったのですが、この日は早くも売り切れ。

じゃあ、カレーにしようかな、と思ったのですが、相方さんとかぶってしまいました。

blue brick cafe

ベジタブルカレー。お豆が入ってるのでボリュームもたくさん!

とってもおいしかったです!





blue brick cafe

同じのを頼むのもなんなので、私はパスタを注文。

このパスタ、とってもおいしかったー!

味付けがちょっと普通のイタリアンとは違うような気がしたのですが、とてもおいしくて…。

何がベースなんだろう? 家で再現してみたいなあ…。




blue brick cafe

こちら、夜のディナーも大人気だそうです。

この辺には他にもカフェなどがあるのですが、またここに戻ってきちゃいそうな、そんなステキなお店です!



↓またEast Dulwich、いってこよう~!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

Where to Eat

Blue Brick Cafe





View Larger Map





関連記事
暴動もだいぶ落ち着いてきましたね!

少し前の話ですが、East DulwichにあるNorth Cross Roadのマーケットへ行ってきました。


East Dulwichはいいとは聞いていたのですが、なんせEast Dulwichは「南の孤島」。

なぜ南の孤島かというと、Dulwichの周りはかなり治安が悪いからです。(笑

その治安の悪い地域になぜかぽっかり浮かんでいるポッシュなエリアがDulwich、というわけです。

しかも南ロンドンは交通の便が悪く、Tubeがないので電車(だいたい15分おき)か、バスに限られます。

なので今までいこうと思わなかったのですが、
Figaroに載っていたマーケットの写真を見て、「おおっ、これは見る価値あるんじゃ!?」と思い立ち、この度いってまいりました!


north cross road market

East Dulwichの駅から歩いて15分ほどのNorth Cross Roadに、こじんまりとしたマーケットが出ています。

今まで行ったマーケットに比べるとかなり小規模なのでちょっと拍子抜け。





north cross road market

でも、のっけからこんなかわいいお店が!




north cross road market

ラブリーなハンドメイドアイテムやヴィンテージの食器が並ぶこのお店。ドツボです。





north cross road market

かわいーんだけどやっぱりちょっとお高いかな。





north cross road market

でもラブリーアイテムてんこ盛りなので、見てるだけで楽しい。

って、実はこういうヴィンテージのお店も、数えるくらいしか出てないんですけど、そのどれもはずれなし!





north cross road market

おいしいケーキのストールも。

このあと近くに住む友達を訪ねるのにお土産に買っていきました。

スパイスアップルケーキを購入。とてもおいしかったです!





north cross road market

古着のストールも出てましたよ!





north cross road market

通りにはかわいいお店も並んでます。



あっという間に見終わってしまうこのマーケット。お気に入りはこのストール!

north cross road market

ヴィンテージのアクセサリーや食器などを扱ってます。





north cross road market

カラフルなヴィンテージのアクセサリー! 

これとは別に、5ポンド均一のアクセサリーもありました。



さてこの日の収穫は!?

broach

渋い色合いが好みのこのブローチ。もちろん、5ポンド均一の中からゲット!

このほかにも、とってもいい具合に色あせたバスケットを購入。バスケットで6ポンドなら、いいかな、と。





north cross road market

このあと、近くに住む友達を訪ねてバスに乗ったのですが、
East DulwichからPeckham方面に引っ越した友達。

ちょっと角を曲がっただけで、雰囲気ががらりと変わるのにびびりました。(笑

とはいえ、この数軒のストールを訪ねるだけでも来る価値あるかも!の、かわいいマーケットでした!

人々もとってもフレンドリー。他のマーケットに比べたら、写真撮影もニコニコ許してくれました。


East Dulwichには他にもかわいいお店やカフェがありました!

次回はお店をご紹介~。


↓最近、ローカルなエリアに興味津々。皆様もお勧めがあったら教えてください!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

How to Get There

North Cross Road Market

月-土でやってるみたいですが、たぶんヴィンテージは土曜日のみ?

Bus: 40, 176, 185
Train: East Dulwich


View Larger Map
関連記事
ロンドンにお住まいの皆さん、ご無事ですかー。

暴動が深刻化してまいりましたね。

もはやただの集団強盗と化したこの暴動。いったいいつ収まるのやら。困ったチャンが多くて困ります。

今日はせっかく晴れたんだし、歩き回ろうと思っていたら、中心部での暴動の情報が入り、さっさと家へ帰りました。

せっかくの夏日を楽しめないなんて!!

そんなわけで、きょうはおうちティータイムで、のんびりと。

カフェ紹介もたまってきているので、さくさくブログを更新していこうと思います。


今日はもうだいぶ前になる今年のバレンタインに行ったカフェをご紹介。


High tea highgate

閑静な住宅地、Highgate villageにあるかわいいカフェ、Hige Tea of Highgate。

ここは以前バレエに通っていたのに全然気づきませんでした。

ウィンドウからとってもラブリーな雰囲気が伝わります。




High tea highgate

中もこのように、きゃぴきゃぴしたガールズたちでいっぱい。

よく日本人の男の人からや、または日本人のパートナーを持つ方からは、
日本男子はこういうとこに行きにくい、行きたがらないといいますが、
うちの相方さんはそういうのお構いなし、おいしい物があるところにはどこにでもひょいひょいついてきます。

むしろかわいいものとか、けっこう好きなほう。




High tea highate

お店の中にはこんなにかわいい雑貨たちも置いてます。




High tea highgate

カウンターにはケーキがずらり!

どれにしようか迷う~。


でも田舎風のティールーム、が売りのこのカフェ、やっぱりここはクリームティーで!

High tea highgate

と思ったら、大人気のためスコーンはあと一人分!




じゃあ、もう一人はケーキにしよう、ということで、二人一致で気になっていたチョコ&オレンジケーキ。

High tea highgate




相方さんは調子に乗って、ホットチョコレートも注文!

High tea highgate

思わず隣の女の子たちも大注目のボリューム!





High tea highgate

この日は相方さん、お腹がすいていたのでもうひとつ注文!

今度は甘すぎないウェールズのフルーツケーキ。デイリーフリーで相方さんも安心。

どれもとーってもおいしかったです!





High tea highgate

ふと天井に目をやると、シャンデリアまでティータイム! かわいい~。





High tea highgate

とってもガーリーなこのティールーム。

他に特に周りにお店もないのであまり行くこともないのですが、相方さん、よほど気に入ったのか、また行こうといっております。

ロンドンに多いポッシュなホテルのアフタヌーンティーと違い、ほっこり田舎風のティータイムが満喫できるかわいいお店です!


↓皆さん、お気をつけて~。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。



*london memo*


Where to Eat

High Tea of Highgate

http://www.highteaofhighgate.com/index.html


View Larger Map
関連記事
今週は相方さんが、なんと特別出勤で土曜の夜から日曜朝にかけての深夜勤!

相方さんは帰ってから寝るだろうし、じゃあ日曜どうしようか…と思ったそのとき、

ずーっと楽しみにしていた、カーブーツセールがちょうどその日じゃないですか!!

買い物に興味のない相方さんを早く起こしていくのは気が引けてたんですよね。

これなら気兼ねなく行けるわ! ということで、さっそくいってまいりました!


Chiswick car boot

カーブーツセールとは、日本でいうフリマです。

一般家庭が要らないものを売るというコンセプトで、ロンドン各地でやっています。

一般家庭が売っているので、場所によってはほんとにガラクタしかないところもありますが、
(先週のStoke Newingtonのがそうだった…)
ヴィンテージのディーラーが来て売っているところもあります。

そのひとつが、このチズウィックのカーブーツ。




Chiswick car boot

ディーラーさんが売ってるものはやっぱり他と比べると高め。

カーブーツの醍醐味はなんといっても、一般の人たちのストールの中から掘り出し物を探すこと。

フリマ価格で激安なんです。

チズウィックはとってもポッシュなエリアなので、一般家庭からでもかわいいものが出ている確率多し!




Chiswick car boot

とはいえ、ディーラーさんのストールも、どこぞのアンティークマーケットと比べたら格段に安いです。




Chiswick car boot

この日は早起きして、いっぱい買いこむ予定で意気込んでいたんですが、

なんと現金を引き出すのを忘れるという痛恨のミス!!

所持金30ポンドで、せっかくのカーブーツなのに~!! とかなり落ち込んでいたのですが、

「本当に欲しいものだけを買う」というスタンスで厳しく見た結果、全然30ポンドで事足りました。




Chiswick car boot

本当にたくさんの人が売りにきているので、一目で「ここはいいもの売ってる!」かどうかを見極めるのがポイント。

今週の私、よくやったと思います。




Chiswick car boot

古着を売ってるところもありましたよー。

ちょっとがんばって掘り返してみたけど、気力なくてすぐ断念。





Chiswick car boot

こんなきれいなヴィンテージドレスを売っているところも。





Chiswick car boot

家具もかなり売ってました。

引越し予定先はこの近くなんです。引っ越したらここに家具を買いに来よう!!





Chiswick car boot

ディーラーさんが売ってた、カラフルにペイントされた琺瑯たち。

こういうのに弱いんです~。


さて、今日の収穫たちは!?

enamel pot

上の琺瑯たち、ほうって置けなくてつい…。

赤のコーヒーポットと白の大きな水差しと、迷いに迷ってこの子に。

ふたがついてるはずだけど、どうせ花器になるだろうし、いいや。

おっちゃん、10ポンドって言ったのに、なぜか何も言わずに2ポンドお釣りをくれました。(笑
(ディスカウントしてくれとも、何もいってないのに。)

ありがとうー、おっちゃん!

カーブーツの収穫としてはかなり高いけど、かわいいからいーの。




brankets

イギリスのおばあちゃんのカラフルブランケット! 

これ、大好きなんです。

わかってないイギリス人は、これを「ばばくさい」といいます。

これがかわいいんだよー!

これは、日本の友達へのお土産 or Mad marketの商品になる予定!

なので価格は秘密ですが、激安でしたよ!!




dish

こちらもディーラーさんから、2ポンド。

食器は、本当なら50p~1ポンドで買いたかったところだけど、これもかわいいから許す。

ヴィンテージカフェのようなノリで、こういうラブリーでチープなものをばらばらで集めていくつもりです!



このチズウィックのカーブーツはとってもステキな公園の近くにあります。

公園にはおいしいカフェも。

今度は相方さんも連れて行って、買い物のあとにピクニックをしよう!


↓他にお勧めのカーブーツがあったら教えてください!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

How to Get There

Chiswick Car Boot Sales

http://www.chiswick.hounslow.sch.uk/page_viewer.asp?page=Chiswick+Car+Boot+Sales&pid=75

毎月第1日曜(1月をのぞく) 8:00-13:00 入場料 50p


View Larger Map

関連記事
前回紹介した、Stoke Newington Church Streetに、かわいいカフェがあります。


the tea rooms

こちら、The Tea Rooms。

この辺に集まるヴィンテージ好きさん御用達です。





the tea rooms

中はピンク基調でかわいらしい。

いかにも、イングリッシュヴィンテージなラブリーな感じです。





the tea rooms

店内は広く、奥にはガーデンもあります!





the tea rooms

テーブルにはこんなにかわいいクロスも。

カップケーキデコレーションのクラスもやっているようです。





the tea rooms

カウンターにはおいしそうなケーキたちがずらり!!

思わず目移りの私たちですが、ちゃんとランチも食べなきゃねー、ということでまずはちゃんとお食事。

ケーキだけでなく、食事も出してます。





the tea rooms

私は本日のパスタランチ。





the tea rooms

友達は本日のサラダランチ。

どちらもおいしかったです!

さて、ランチよりもむしろこっち…。

名前がTea Roomsなんだから、Teaを楽しまないとね!





the tea rooms

私はケーキに迷いに迷って、結局スコーンに行き着きました。

おいしかったけど、あっためてくれたらもっとよかったのにー。

でも器がかわいいから許す!!




the tea rooms

友達はチョコレートとオレンジのケーキ。

スポンジがふわふわしっとりでおいしかったー!

今度はケーキにしなきゃ!!


さて、このお店、ヴィンテージ好きさん御用達なだけに、ヴィンテージ雑貨も売ってます。

the tea rooms

窓際にずらりと並べられた雑貨たちは、道行く人たちを引き止めます。





the tea rooms

決して安くはないのですが、このグラスに一目ぼれしてお持ち帰りしてしまいました。

3つセットだったのです。

中央に小さく「France」と書いてあるのがお気に入り。

こうやって少しづつ、食器を集めてます。

引越しはまだまだなので、狭いStudio Frat(日本でいうワンルーム)にどんどん物が増えていきますが、
もう気にしなーい。ヴィンテージはやっぱ気に入ったそのときに買わなきゃね!!

東ロンドンにいる間に、物を集めるつもりです。(引っ越してから買ってたら、いちいち持って帰るのも重いしねー。)

そんなわけで、Stoke Newington Church Streetにお越しの際はぜひ!


↓Have a good weekend!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

Where to Eat

The Tea Rooms


155 Stoke Newington Church St
London N16 0UH

020 7923 1870

Hours:Mon, Wed-Fri 11:00 - 18:00, Sat-Sun 11:00 - 18:30


View Larger Map

関連記事
お待たせしました!

今日は、前から言っていたおすすめストリートをご紹介します。


Stoke newington church street

Stoke Newington Church Streetです。

北東に位置するこのStoke Newingtonは、Tubeの駅がないので実は苦手なエリアでした。

が、最近フラットを探している私に、「ここが超お勧め!! ヴィンテージ好きにもたまらないエリアだよ!! 引っ越してきな!!」

と、友達が猛プッシュしてくるので、今回その友達に案内してもらいましたー。





Stoke newington church street

確かに、この辺りはおしゃれな人たちの注目を浴びているエリアなのです。

メインロードのStoke Newington Roadを下れば、これまたオサレ注目エリアのDalston。

Dalstonはちょっち治安が悪いので、私はあんまり行かないのですが、

オサレな公園ができたり、ショップやクラブがあったり、若者でにぎわっているところでもあります。





Stoke newington church street

そんなメインロードをちょっと曲がっただけで、

アーラ不思議、雰囲気ががらりと変わって、ちょっとポッシュでおしゃれなストリートが。





Stoke newington church street

ヴィンテージのお店が多くて、ヴィンテージ雑貨のお店や、





Stoke newington church street

もちろん、お洋服のヴィンテージも。

最近ヴィンテージ好きに注目されているお店がオープンしています。





Stoke newington church street

ステキなカフェもたくさん並んでいます。

でも地元の人たちばかりなので、穏やかな時間が流れています。





stoke newington church street

個性的なお店が多くて、オックスフォードストリートを歩くよりもこっちのほうが私好み。





stoke newington church street





homage

中でもこちらのお店はお気に入り。




homage

ヴィンテージと雑貨のセレクトショップ。

このランプがかわいかったー!

マルセイユ石鹸も素朴でかわいくていろんなバリエーションが! 買えばよかったなー。




Stoke newington church street

実は、前回も言ったとおり、この近くでヴィンテージマーケットが定期的にあると聞いていたので、

ヴィンテージ好きに自信を持ってお勧めできるわ!! と思ったのですが、

こちらはてんでだめでした。時期がよくなかったのかなあ。

誰か行ったことありますか、Lovable Vintage Market。

でも、前にもお勧めしたAliの主催するNorth London Vintage Marketが、前回このストリートでマーケットをしたみたいなので、また何かあるかも。




Stoke Newington Churh Street

この先を行けば、Clisold Parkに着きます。

この公園の周りにもちらほらとヴィンテージショップが点在していて、侮れないエリアなのです。

少し歩けばNewington Greenにも。


もうロンドンの有名どころには飽きた!! という方、ぜひ行ってみて下さい。


↓次回はこのストリートにあるかわいいカフェをご紹介。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


*london memo*

How to Get There

Stoke Newington Church Street


Bus 149,243,76などで。


View Larger Map
関連記事
enb Carmen24 July 2011 Sun, English National Ballet

L'Arlesienne
アルルの女
Choreography by Roland Petit, Music by Bizet

Le Jeune Homme et La Mort
若者と死
Choreography by Roland Petit, Musuc by Bach

Carmen
カルメン

Choreography by Roland Petit, Music by Bizet



少し前のことになりますが、ENBのローラン・プティのトリプルビルを見てきました。

おりしもその1週間前に、このビルの全ての振付をした、ローラン・プティが亡くなりました。


Roland petit
(愛妻ジジ・ジャンメールと。お借りしました。)


ローラン・プティは私の最も大好きなバレエの振付家。
有名人が亡くなってこんなに悲しくなったのは、これが初めてです。
もうこの人のステキな振り付けが見られないんだと思うとショックで、心に大きな穴がぽっかりと開いてしまいました。


プティの振付はバレエでありながらモダンでかわいくて、パリジャンらしいウィットに富んでいます。

そのかわいい振付は日本でも人気で、日本でも新国立歌劇場や牧阿佐美バレエ団のレパートリーに取り入れられています。

最近では「Shall We ダンス?」の周防正行監督で映画化された「ダンシング・チャップリン」の振付も、彼のものです。


実は、私がバレエにのめりこんだのも彼の振り付けがきっかけ。

小さいころにバレエをやめた私は、クラシカルバレエなんて、ダサいと思ってました。

それがあるきっかけでミュージカルに目覚め、ジャズダンスの先生に、ダンサーになりたいならバレエは必須、といわれてバレエを再開。

そんなときに偶然、プティの「コッペリア」のビデオを家で発見したのです。
(母がバレエや舞台が好きで録ってあったのです。今思うとほんとラッキー。)

コッペリアはクラシカルバレエですが、プティはそれをおしゃれに、モダンに、かわいく、完全に振付を変えてしまいました!


こんなバレエがあったんだ!! と目からうろこ。

それからバレエに興味を持ち始めました。

あれからいろんな振付のバレエやダンスを見ましたが、やっぱりプティ以上に好きになれる振付家はなかなかいませんでした。


今回ENBが上演したのは、そのプティの三大代表作といっても過言ではありません。

それにしても、ENBがまさかプティをレパートリーにもっていたとは知りませんでした!

かなりフレンチな?作品ばかりなので、イギリスではめったにお目にかかることができないのです。

まさかロンドンで彼の作品が拝めるなんて!!

...と思っていた矢先の訃報。信じられませんでしたが、かなりのお年のようでした。


彼の作品にのめりこむうち、彼自身もステキな人柄だというのがわかってきました。

代表作、「カルメン」を一緒に作り上げた奥さん、ジャンメールをとても愛していたのが良く知られているほっこりエピソード。

こんなステキなおじいちゃんが欲しい!!と思ったものです。

心よりご冥福をお祈りします。


作品中では、「アルルの女」がバレエの中で私の大好きな作品のひとつ。ロンドンで見られてほんとにうれしい。

音楽と振り付けが完全にマッチしていて、まるでこの振付のための音楽のよう。

どの作品もほぼ半世紀を越え、新しくクラシカルになろう作品たちです。



今回は「ダンシング・チャップリン」でおなじみのルイジ・ボニーノが直々に指導。

ENBにはもっともっとプティ作品を上演して欲しいです!!

が、残念ながら千秋楽に行ったというのに、席はガラガラ...。

私は安い席を買ったのにあとで前のほうの席にいけて得をしましたが...やっぱりプティはイギリスでは人気ないのでしょうか...。

残念。あんなにステキなのにー。

ちなみに、金曜の夜は、その前週にアシュトン版ロミオ&ジュリエットに主演していたボリショイのイワン・ワシーリエフが「若者と死」に緊急ゲストとして客演!!

プティを偲んでということでの素晴らしいサプライズでしたが、もちろん売り切れ。見ればよかった...。

こちらでその素晴らしいお姿が拝めます。
http://laurentliotardo.photoshelter.com/gallery/Le-Jeune-Homme-et-la-Mort/G0000ocGEh_aEWXM


肝心の今回の一言感想と、キャスト表は下の「続きを読む」からどうぞ。


↓もっとプティ作品がイギリスにも知られるといいなあ!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。


... 続きを読む
関連記事
2011.08.01 Lovely Weekend
ロンドン、今週末はとってもいいお天気!

やっと、やっと、やっと夏到来!? というくらい、晴れて気温も上がりました。

なのに、私ときたらお腹がピーピー状態で(おほほ失礼)
エンジョイしきれませんでした…。

本当にねえ、ロンドンでこの夏日を逃すということは、あるまじきことなんですよ!!
だってこれを逃したらいつまたこの夏日がやってくるか…。

私が回復するといつも、いつものお天気になるロンドン…。

今回はこのお天気が続くことを切に願います!


まあ、そんなわけで、お腹がピーピー状態であるにもかかわらず、この夏日を逃すわけにはいかねえ!

の、ど根性で、今日も外出してまいりました。


というのも、以前から言っていた私のお勧めエリアで、月1でヴィンテージマーケットがあるというので、
治療前から楽しみにしていたのですが…。

これがまったくの期待はずれ。出遅れたというのもありますが。

ヴィンテージフェアは通常この時期はホリデーなので、ひょっとしたらディーラーさんが集まらなかったのか?
それにしても…といった感じの脱力感。写真はとてもよかったのだけど。

せっかくがんばってきたのに、なんなのさ。これならいつものコロンビアロードへ行ったほうがよかった…。

このヴィンテージフェアは小学校内でのカーブーツと一緒にあるのですが、
カーブーツもそこまでいいものではなく。残念でした。


でもここ、お気に入りエリアのニューイントングリーンの近く。

久々にTrattoria Saporiへ行ってきました。


trattoria sapori

場所柄、なかなか来れないのですが、私たちの中ではロンドンでベスト3に入るイタリアンです。

実はここは、最初のウェディングパーティーの候補地でした。

相方さんはスタッフといろいろやり取りもしていたのですが、結局店のレイアウトが大人数のパーティーには不向きということでやめたんです。

それが相方さんはすごく心残りだったようで、
「オーナーに合わす顔がない! (会ってないのに)
僕、今日しゃべらないから! (フレンチの訛りでばれると思って)」

という始末。
そんな一年も前の話、しかも一客のことなんか覚えてるはずないじゃん…。




trattoria sapori

カウンターにはおいしそうなお惣菜がずらり!! 出来合いのサンドイッチだっておいしそう!

何から何までメイド・イン・イタリーです。




trattoria sapori

どれもおいしいんだけど、ここに来ると食べたくなるのがこれ。

タリアテッレ・ポモドリーニ。シンプルなトマトソースとバジルだけのパスタです。

シンプルなのにこんなにおいしいのは、おいしいトマトソースと、ホームメイドパスタのおかげ!

ほんとにほんとにおいしい。何度でも食べたくなっちゃう。

シンプルなだけに、何とか家で再現できないものかといろいろ相方さんと議論を重ねました。




trattoria sapori

相方さんは相方さんで、いつものラザニア。

これもミートソースがおいしーんです! 




trattoria sapori

ごちそうさま!

ここはオレンジジュースも絞りたてフレッシュだし、レモネードもイタリアン。

トマトソースも完熟トマトから作ってそうだし、さんさんの太陽を浴びて、まるでイタリアに来たみたい!!

ひそかにカトラリーもかわいいのよね。こういうのが欲しい~。

おみやげにアランチーニ(リゾットのコロッケ)を夕食用に買いました!


このあと、デザートはここで食べず、これまた気に入りのBelle Epoqueへ。

相方さんはここへ来ると、フランスの食品に目移りしっぱなし。

ここへ来るといつもボンヌママンの紫のビンのジャムを買います。赤いのよりフルーツたっぷりでおいしいのです。

最近はベル・エポックもオリジナルのジャムを出しているようで、
「アプリコット&バニラ」というおいしそうなジャムを見つけたのでお買い上げ。

Newington Greenはこれといって他にお店はありませんが、この2店にだけでも来る価値ありです。




old spitalfields

一応病人ですので、早々に引き上げちょっとオールドスピタルフィールズをのぞいてみる。

水遊びする女の子たち。




Old Spitalfields

蓮の花を見て思い出す。

ずっと見たかった「オフィーリア」を見に行こうと。実はテート・プリテン、まだ行った事ないんです。

お気に入りのブログで紹介されていて、モダンなのもあると知ってがぜん興味がむくむく。

火曜日に行ってこよ。




Brick Lane

毎週来てるのに、いつも行きたくなっちゃうブリックレーン。

近所に住んでる今の状況に、感謝。





Brick Lane

最近できた、新しいフィッシュ&チップスのお店。

典型的な魚屋のおっさんも働いてるけど、ウェイトレスさんはがっつりヴィンテージなかわいいお店なんです。

一度試さなきゃ。




Brick Lane

突如現れた、ロリータさん。

撮影されていた後ろでこっそり私も撮っちゃいました。

ロリータファッションって、どう見ても洋風なのに、ロリータ=東京というイメージがあるのはどうしてかしら。


結局のぞきたかったお花屋さんも、ヴィンテージマーケットも出ていなくて、
結果的にNewington Greenでおいしいものを食べれて、おうちでまったりして、
ステキな週末を過ごしたのでした!


↓治療終了、お祝いクリックお願いしマース!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。