上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、The Mad Journal*Londonではなくて、The Mad Journal*Budapestになりつつあるこのブログ。ちゃんとロンドンのことも書いとかなくっちゃね。

この間、バイト先の友達の誕生日でした。

加えて、その子が2週間後に辞めちゃう。

しかもその子の最後の週は私はホリデーに入っちゃうのでいない。

しかも明日からその子はホリデーでもう会えない。

ということで、その子の誕生日は次の日だったけど、ちょっとしたプレゼントを贈ることにしました。

「ちょっとしたプレゼント」とは、全く高くなくて、でもかわいく、しかもちょっと趣味が違っても問題ない…食べちゃえば残らない、もの。

ということで、私の最近のチョイスはデコレーションカップケーキ。かわいくってゴージャスだし、プレゼントにピッタリ! 最近よくマーケットでも見る。

お値段もだいたい1.5~3ポンドなので、もらうほうも気負わないし。

そのお店をバイト先の近くに発見した私は、バイトが終わってダッシュで買いに行った。


Candy Cakes

お店の外観からしてとってもファンキー。


Cupcakes

そしてカップケーキのアイシングが、これまたよく見るとちょっと毒々しい。でも見た目がかわいいからいいや。

お店に入ると、カメラマンらしき人が全種類のカップケーキを出してもらって撮影してました。

ちょうどランチタイムなので、ランチしている人も。
ここはカップケーキだけじゃなくて、サンドイッチやバゲットサンドなどのランチ向けや、ちゃんとしたホールケーキも買えるベーカリーなのです。

カップケーキのデコレーションだけに気がいってしまいそうだけど、中身もチョコチップやキャロット、アップル&レーズンなどたくさんの種類が!

急いでいたこともあって、そこまで気が回らなかったので私は見た目重視で選びました。

買ったのは、ちょっと毒々しいけど、ピンクっぽい紫のアイシングにアイスクリーム型のマシュマロが乗ったやつ! かわいい~。

はっきりと覚えてないけど、カップケーキは2.6ポンド(2.3だったかな?)。で、現金を持ち合わせてなかった私はカードで払いたかったんだけど、5ポンド以上からって言われた。

そこで目に着いたのが、色とりどりのかわいいマカロン。

こないだ「マリー・アントワネット」のDVDを見て以来、マカロンが食べたくて食べたくてしょうがなかった私は、値段も聞かずに勢いで購入。

するとなぜか合計が7.8ポンドに!!!

え~~~~~~~!?!? マカロンてそんな高いの!? そんな高級品!?

ラデュレでもないくせに生意気な!!

でも、やっぱやめます…とは言いだせず、そのままお支払い。

その後ダッシュでバイト先に戻って、まだ勤務中の友達にサプライズでプレゼント! というのも、この日の夜に別の同僚のお別れ会&この子の誕生日パーティーがあったのだけど、私は風邪で疲れてたので家で休みたかったのです。

本当はパーティー行きたかったけど、明日も朝から仕事だし、どうにもしんどい…。この子に会うのは最後だったし、どうしてもその日に渡したかったのでした。

友達は喜んでくれましたよー!


高級マカロン。

私はその後家に帰って、お紅茶とともに高級マカロンをいただきました。色がほんとにきれいでしょ。このグラスから食べると、またなんとなく高級感アップ。


…まだもったいなくて全部食べてないけど。

ここのでこんな高かったら、ラデュレのはおいくら万円なんだって話ですよ。

でもここのマカロンも、お値段に見合ってとっても美味しゅうございました。



*おまけ*

花のある生活

花のある生活 Part2。なんと今度は、この花束、タダで配ってましたー!!!
たぶん、母の日の翌日だったので余ってたのでしょう。これ以外にも白とピンクのバラの花束をGet!! 部屋には置ききれないのでキッチンの窓辺に飾り、フラットメイトにも喜ばれています。


↓久々にロンドンの紹介。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*london memo*

Candy Cakes
http://www.candycakes.eu/
コヴェントガーデン(ピカデリーライン)から徒歩5分
小さなカフェスペース&テラスがあるのでイートインも可能。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/111-71afc5cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。