上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11th, Feb, Sun Granada-Cordoba

あらあら、1ヶ月以上もたってしまいました…。前回はすごく長くなってしまった。まだ自分のスタイルが見つけられません…。今回は、じゃあ短く。…できるかな…。

さて、今日は移動の日!! バスでの移動は初めてだが、ここでも躊躇することなく進んでいく。バスステーションまでどのバスに乗るだとか、バスの時間だとか、すべてホステルの人が教えてくれた。だからホステル好きなんだよね~。

ホステルから程近いカテドラルの前から市バスに乗ってバスステーションへ。チケットを買うのも簡単でちょっと拍子抜けしたくらい。そしていざ、コルドバへ!! バスからの風景を楽しもうと思ったけど、いつの間にか爆睡。ついたときにはもうコルドバの駅だった。
Orange cityさて、コルドバ到着!! 駅から少し遠いみたいだけど、バスに乗るのもめんどくさいし歩いちゃえ!! というわけでてくてく歩いていく。コルドバの第一印象は「オレンジの街」。グラナダにもオレンジの木はいっぱいあったけど、それ以上にコルドバは多い木がする。駅から続く公園はオレンジの木でいっぱい。もちろんオレンジの香りに包まれている。

そして程なくしてちょっと後悔。やっぱ遠かった…。15分ほど歩いてもまだ半分ぐらいな感じ。そして見えてきたのが旧市街の入り口と思われる門。んー、入っちゃうか? なんだかわかりにくそうだけど。でもホステルは旧市街の中にある。なんだか楽しそうだし入っちゃえ♪ そしてやはり後悔。細い、うねうね、わかりにくい!! 地図があっても迷いました。いったい私はどこにいるの? そんなときに日本語が。「こにちわー、よこそー」レストランの客引きのおじ様。やさしそうだったので、道を尋ねる。これでようやく現在地を理解。そして無事ホステル到着! 旧市街って地図の印象より道細いんだよね~。

しかしホステルについてあることに気づく。なんとアルカサルが2時半でしまっちゃう!! もうすでに2時を回っている…。しかも明日は月曜日。月曜日はほとんどの観光名所が閉まってしまうのだ。アルカサルも然り。今日は月曜日にしまってしまう名所をすべて回るつもりで、アルカサルはそのメインだったのに!! 仕方なしに計画をすべて変更。じゃあ、メインのメスキータへ行ってしまえ! ということで、メスキータへ。

メスキータはホステルから徒歩2,3分という便利な場所。門をくぐるとそこはオレンジの庭園。ああ、天気がよかったら…。黄色い土壁と、緑の木、そしてオレンジの実が青い空にはえるのに!! 天気のことは言っても仕方ない。庭園だけならただなので、明日の天気に期待し、中へ入っていく。

メスキータ内部は想像とぜんぜん違っていた。実は私、メスキータが何なのかわかっていなかった。モスクのようなアラブの建物だと思っていました。これもまたキリスト教の聖堂だったのですねー。イスラムとキリスト教の共存というけどとんでもない。キリストがイスラムを喰っちゃった感がしてたまらなかった。きれいなイスラム建築なのに、ど真ん中にこれでもかと威圧させるような、豪華な大聖堂。そこだけが西欧文化。他の端々にある絵やモチーフなんかはまだイスラムの建物にあってもそんなに違和感はないけれど、(スペイン・カトリックの古いものなので)あの豪華な大聖堂だけは別。イスラムモスクをのっとったぜ!といわんばかりに真ん中でどしんと存在感を放っていた。だけど全体の構造はやはり普通の教会と違って、モスクがベース。縞々の柱がいくつも連なる広いスペースは、やはり普通の聖堂と違ってアラブの雰囲気を漂わせている。
Mezquita 1 Mezquita 2

メスキータを堪能したあとは、ユダヤ人街の写真名所、「花の小道」へ。人がいっぱい集まってたのですぐにわかったけれど、ちょっとだけがっくり。花がなーい。まあね、冬ですから。しょうがないさっ。その後、これまたアラブの雰囲気を求めて、カサ・アンダルシへ。ここは昔のアラブの邸宅を再現したところ。イスラムチックなインテリア&パティオがかわいらしい! 
C.de las Flores Casa Andalusi

Salon de theそしてしばらくユダヤ人街をぶらぶらしたあと、またまたアラブチック雰囲気に浸りたくって、アラブ系のティーサロンへ。メニューに英語がなかったので、適当に一番上に書いてある定番らしきものを注文。お茶とお菓子。アラブのお茶ってハーブティーなんだね…。甘い系のお茶ってのはわかってたんだけど、ミントとは!! 私、ミントはだめなんです。お砂糖足してがんばったけど無理でした。お茶は他にもアールグレイとかオレンジとか普通のがあったのでそっちにしておけばよかったです…。

夜は、みんなどこに行ってるのと不安になるくらいわりと静かなメスキータ付近のレストランでタパスをつまむ。ここではアンダルシア名物をいただく!! まずガスパチョ! ガスパチョは冷たいトマトスープ。それに生のたまねぎやベーコンなどの具をどさっと入れていただきます。ナスのフライがなぜかアンダルシア名物だそうな。外は塩で味付けされ、中のナスが甘くておいしかった。あと、マラガワイン! すっごく甘―い。シロップを飲んでるみたい。

ホステルに帰って横になっていると同室者が帰ってきた。彼女はどっかでみたと思ったら、グラナダからのバスで一緒だった女の子。おしゃれだなーと思って覚えてたのだ。彼女の私のことを覚えてて、それから話が弾む。彼女はイタリア・ミラノ出身だけどマドリードのホテルで働いているらしい。ホテルの仕事があまり好きでないらしく、もっと勉強したいとグラナダとコルドバの大学を旅がてらリサーチしに来たのだとか。今回もナイスな出会いがあってよかったです。続く。

もっと写真が見たい方はこちら。http://madphotojournal.spaces.live.com/

…そしてまた長くなっちゃったよ。



*tabi memo*
How to Get there
To Autobus station from Central
No.3 or 33 (Catedral前から) €1 約15分ほど

Granada – Cordoba   
 €11.40 約2時間半(10:30-12:40くらい)

Where to Stay
hostelInstalation Jevenil Cordoba
 2 bed ensuite shared room(朝食、シーツ込み) €16.59 p/n
 メスキータから徒歩2,3分。駅からは徒歩だと約30分くらいかかる。
 ネットなし、荷物預かりはコインロッカー使用。
 とっても広くて清潔、パティオやでっかいラウンジも完備。だけどホステル主催のイベント(バルのはしごとか)などは一切なしなので他の宿泊者と絡みづらい。ホステル協会加盟だと思われ、チェックイン時に会員証の提示を求められたけど、なくても泊まれた。

Where to See
Mezquita 3Mezquita €8
 オレンジの庭園はただで入れる。メスキータ内部も朝の10時半までならただ。ただしミサがあるのでカテドラル部分の中へは入れない。でも人が少ないので見やすい。


Casa Andaluci  €1,5(学割)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/12-4d8a3fb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。