上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が受けたわけじゃありませんよ!

先日、クラスが終わって休憩室へ行くと、なんだか聞き覚えのある曲が…。

ウェストサイド物語の「アメリカ」!!

私の大好きな曲。見ると、何人もの女の人がオリジナルの振り付けで踊っている!

もしかしてリハーサル!? さすがにみんなレベルが高い~!!

と思いきや、この方たちはみんなアニタ役候補。アニタのオーデションだったのです。

アニタは主役二人と違って、歌とダンス両方できなくてはいけないので(主役は歌メイン)、ミュージカル好きには非常に注目される役。

休憩室ではトニーとマリアと思われる人たちが歌の練習中。どうやら主役のオーディションのようです。

何人もいたアニタ役たちはダンスのテストが終わると人数を削られた模様。選ばれた人だけで歌のテストをするみたいです。

それぞれ歌の練習をしているのですが、やっぱりプロ!! 違うなあ~。

残った人で誰が役をゲットしたのか、確かめに行かなくちゃ!! いつオープンするのかな~。


正直びっくりなのが、ウェストエンドにはオープンクラスが受けられるダンススタジオがびっくりするほど少ない。ショービジネスの本場なのに!! バレエのクラスに至っては、日本のほうが絶対多いと思います。ロンドンには大きなオープンダンススタジオが二つ。DanceWorksとPineapple Dance Studio。たった二つしかないのです。(もちろん毎日やっていないところや、カルチャースクールみたいなとこはあります。)スタジオ自体が少ないので、こうしてたまにオーディション風景やリハーサルに出くわすこともあります。

こうして身近にプロを見れる機会があるのがオープンのいいところ。今度は大好きで大好きでたまらない「Fosse」のワークショップがあります。まだ確かめていないけど、これはオープン(プロダンサー限定でなく、だれでも受けられる)なはず!! これぞミュージカルの本場にいるかいがあるってものです。

フォッシースタイルは大好きなので、受けられるクラスを探したのですが、前述のように受けられるクラスが少ないうえに、ロンドンにはフォッシースタイルを教えているクラスは皆無。(と聞きました。)それっぽいのを教えているクラスはあるにはあるらしいのですが、私はそのスタジオとは別のところでメンバーシップを取っているので簡単には受けられず…。ということで、そのワークショップを非常に楽しみにしております!!



How to Get There

Pineapple Dance Studio
http://www.pineapple.uk.com/
地下鉄ピカデリーライン・Covent Garden駅下車 徒歩2分

DanceWorks
http://www.danceworks.co.uk/
地下鉄セントラルライン・ジュビリーライン・Bond Street駅下車 徒歩5分
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/120-a3fcd86d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。