上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間、ミュージカル「Fosse」のワークショップを受けてきました。

「Fosse」とは、このあいだのレビューでも書いた「シカゴ」の振り付けや、映画「キャバレー」の監督・振り付けをしたBob Fosseボブ・フォッシーの作品を集めたショーです。

キャバレーからはもちろん、シカゴ、ダンシン、ライザ・ミネリのショーを手掛けた時の作品など、今でもおしゃれでかっこいいフォッシーの振り付けを堪能することができるすばらしい作品。

そのワークショップがあるということで、もう何週間も前からわくわくしてまっていました!


しかし問題が。

ワークショップというのは通常「特別クラス」みたいな感じなのですが、West EndやBroadwayのショーがらみの時、ワークショップは公演に向けてのダンサー探しも兼ねているのです。何回かワークショップを行って、そのクラスでいい動きをしているダンサーや気に入ったダンサーを振付家やプロデューサーがピックアップするのです。

以前「West end裏事情」でも書いたとおり、ミュージカルのオーディションというのはエージェンシーを通して行われます。一般公募はきわめて少ないです。なのでこの広告を見た時も、ひょっとしてエージェンシーに入ってないと門前払いなのか?!と心配になりました。Organizerに問い合わせのメールをしても返信なし。

しかしどうしても受けたかった私は、とにかく行ってみることに。


…心配は杞憂でした、オープン・ワークショップでした~。

ほっと一安心。West endのミュージカルダンサーを目指す友達にもこのワークショップで再会!!(彼はエージェンシーに入ってるのにこのワークショップを知りませんでした…。フォッシー好きだったので教えてあげれてよかった!)

しかしその前のワークショップのレベルがすごく高いのでまた不安に。(そのワークショップはCommercial Dance(歌手のバックダンサー向け)だったのでジャンルは違いますが。)もちろんこの手の類のワークショップはプロ・レベルオンリー。オープンなので誰でも受けることはできますが、プロ相手が前提なので、初心者に丁寧教えてる時間はありません。

私はジャズの経験はあるものの、もう何年もブランクがあるので、かなりビビり始めました…。最近、とあるところで振付をしたのですが、その原型をフォッシー作品からとったので、何度もビデオを見ていたのでちょっとできる気になっていたのもありますが…。

さていよいよワークショップ開始。教えるのはオリジナル・ロンドンキャストのダンサー。時間は2時間で、前半と後半1時間ずつに分けて二つのナンバーをやります。

一つ目は「Bye Bye Blackbird」から、間奏からラストまでのダンスシーン。こんなのです。




もとはライザ・ミネリのショーから。こちらもだいぶ前の作品なのにかっこいい!!



間奏からなので、最初の入りから早い!! そして進むのも早い~!! 腰を使う動きと内また、猫背がフォッシーダンスの特徴で、普通のジャズダンスとはちょっと違います。そして帽子付きの振り。とにかくややこしいんだけど、何回も踊るうちにやっと体に振りが入ってきた感じ? しかしそこで時間切れ!!

何十人もいるスタジオで、とにかくみんなの汗でむしむしして暑い!! しかし5分休憩の後、さっそく次のナンバー。


次はまた有名ナンバーの「I Wanna Be a Dancin' Man」から、間奏のダンスシーン。もとはフォッシーが手掛けたショー、「Dancin'!」から。



これまた早くてややこしい!! しかも長いので、ついていけたと思ったら前の部分をすぐ忘れるし、の繰り返し。とうとう最後まで完ぺきに踊れませんでしたが、楽しかった~!! 

この日ほどロンドンに住んでいてよかったと思ったことはありません。今まで夢に見ていたショービジネスの本場にちょっとだけでも足を突っ込めたのですから。

今回のワークショップはとあるエージェンシーがとり行っていたのですが、やはりワークショップの最後にはスタッフが何人かのダンサーに直接声をかけていました。ワークショップ直前に返信されたメールでは、8人の女性ダンサーを探しているとのことなので、近々「フォッシー」をまたロンドンで見れるのかもしれません。

でもまたこういう機会があったら受けたい!!! オーディションに受からなくてもいいからダンスだけでもうけさせてほしいくらいです。ダンサーたちはオーディションのためにちゃんとした定職につけないので、ダンスのクラスもあまり受けられません。ですが、彼らにとってはオーディションがダンスクラスがわり。一流ミュージカルのナンバーからテストされるのですから、勉強できるいい機会にもなります。今度、オープンのオーディションがあったら出てみようか…なんて、気が大きくなってる私です。



↓こちらのほうも調子に乗らせてください。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/138-115dbbeb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。