上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、セントラルに出たら、やたら人が多く、バスも通行しないところがあったりして、なんだと思ったら、プライド・ロンドンの日でありました。

プライド・ロンドン。実は先日地下鉄でポスターを見た時におとぎ話・フェアリーテールパレードをします、みたいな仮装行列っぽいお知らせだった。

しかし、現地に行ってみてはっと思いだした。違う違う、プライド・ロンドンはゲイのお祭りなのです!!
(確かに天使の仮装した女の子や日本のアニメのコスプレした人(イギリス人で初めて見た…)もいたけれど。)

実はそのお祭りのこと、SOHOに行くまで気づいてなかったのです。日経のお店を回っているときに何気なくSOHOの中心部を通ってみると。

男、男、男。

世界の半分は女だというのに、その人ごみの中の90%は男だという異様さ。そしてそのあと、ブリーフいっちょで、またはおしり丸出しのハードゲイのコスチュームでくねくね練り歩く人数名を発見…。

お祭りのこと覚えてなかったので、写真がなくて残念。しかしとにかくイギリスはゲイの王国だと実感した日でありました。

とにかくゲイなんて、日本では私の周りに一人たりともいなかった。テレビの中だけの存在だったのです。それが今や、私の知人の男の半数はゲイ。

…いや言いすぎた、40%にしておこう。とはいえ、SOHOを歩けば必ず目にするし、ゲイに気付かない日はない。ゲイ同士で結婚もできる今、ロンドンはまさにゲイ王国なのです。

私の周りにゲイが多いのは、私がいる環境―ダンス、ファッションの世界にゲイが多いせいだと思います。なんでこの世界に多いのかわかりませんが…やっぱりゲイの語源、「Gay」が「陽気な」とか「派手な」とかいう意味を持ってるからでしょうか。そういう人が多いってことなんでしょうか。

銀行なんかは周りややっぱりManly(男っぽい人)なので、ゲイの人は肩身が狭いと思う、と友人が言ってました。

バレエのクラスでは、ゲイの先生も多数。バレエってちょっとナルシスト的な動きが多いので、オネエ系か本当のナルなのかちょっと判断しにくい時もあるけれど、バレエに限らず、ミュージカルのダンサーにもゲイは多い。

私のバイト先はロンドンでも有名な服屋ですが、同僚の男性の半数はゲイです。自認・未確認合わせて。

未確認というのは、本人からそれらしい情報を聞いたことがないからわからない、でもゲイっぽいんじゃないかという人もちょろっといるから。

やっぱりいくらGAY王国といえど、「あなたゲイなの?」なんて聞けない。こないだ偶然ストレートの子ばっかりで集まった時、あのマネージャーはゲイなのかどうか、と話しあったことがあります…。やっぱ、Britishの人も同じこと考えてるのね、とほっとしました。

ゲイにもいろいろ。テレビで見るようなオネエ系の人から、ちょっと仕草がかわいらしい男の子、普段は男の格好でもイベントや仕事でドラッグクイーンに変身する人、見かけも態度もとっても男らしい人。でも普段見かけるのは見かけも態度も男らしい人というのが大半です。だから見た目で判断なんてとても無理。

バイト先でとってもかっこよくって、笑顔もかわいくって、やさしくて、とっても気さくなナイスガイがいたのですが、会話中にさらっと「こないだの週末は彼氏と買い物行ってさー」と言われてがっかりしたことがあります。

それ以来、男性と知り合うときのチェック、既婚か未婚か、彼女がいるのかに加えて、ストレートかゲイか、も加わったのです。

でも、ゲイの人って陽気でいい人が多い!! もちろん人によるんだろうけど、少なくとも私のまわいはいい人ばっかり。だからせっかくいい人に出会っても、前述の話通り、彼氏の話をされてがっかりということがよくあります。彼女になれる望みとかいうより前に、その人にとっては私はまず対象でないっていう、このむなしさ。でも性別が違うと時々好きでもそうでなくても、性別が違うということを意識してしまうことがあるけど、ゲイの人だとそういうことを全っっく気にせずにいい友達関係になれるのがうれしい。いい人たちばかりなので大好きだし。

でもそういえば、男のゲイに比べて、女の子のレズの方はあまりお目にかからない…。まだカミングアウトしにくいのかもしれない。唯一知人のレズの子も、家族と親しい人以外には言ってないと言ってました。

しかし、人種多様なロンドンでは、世界各国の人が集まるだけでなく、ストレート、ゲイのみならず、バイセクシュアルの人も多い。

ストレートだと思ってたけど、ある日突然同性愛に目覚めたというのもよく聞く話。男と付き合ってたけど、かわいい女の子見つけたからこっちと付き合おう、とか。こうなると、もう自分がストレートかどうかという生物学的指向というより、ある種の性的嗜好だと思う。

こうも多種多様だと、「人間って男性と女性が愛し合うもの」という常識が覆される。男性と女性って決まってた? 誰がそんなこと決めたの? もーいーんじゃん、どうでも?ってかんじ。本当にその考えの根本はどこから来たのかって疑いたくなるほど、同性愛、バイセクシュアルの人が多い。プライド・ロンドンもゲイのお祭りだけのお祭りではなく、バイセクシュアルや、トランスジェンダー、異性愛者も含めて多様性を謳うお祭りなのです。しかし、その人たちが世間でまだ肩身の狭い思いをしてると思うと、フェアじゃないな、と思うのです。

でも、この間バスに乗っているときに、仲のいいお父さんと男の子を見かけました。微笑ましい父子だと思っていたら、前に座っていた男の人とも親しく話していました。そうです、その男の人も男の子のお父さんだったのです! ペアリングをした二人のお父さんはバスを降りた後、手をつないで男の子と一緒に公園へ歩いて行きました。とっても微笑ましい光景。

日本にもそういう光景が見られる日が来るんだろうか。日本にも、カミングアウトしてない人が多いだけで、私の周りにもゲイの人はいたのかもしれない。

Internationalなロンドン。本当に多種多様な人がいっぱいいて、インターカルチュラルな刺激にあふれています。



↓Pride London!!! 多様性を訴えるために一票。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/159-12e3bc13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。