上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラットが決まりましたー!!!!!!!!

いやー、探せばあるもんだ。 
とってもいいフラットが見つかったのでご機嫌です。

今度は北ロンドンへ。初めて。(…ではないけど、以前はホームステイで1カ月だけだったので。)
でも仕事へも学校へも地下鉄で一本で行けるので楽ちん!

ちょうどZone2と3の間にあって、Zone3の駅のほうが近いんだけど、バスを使えばZone2に行けない距離でもない。なのでZone2の駅を利用します。

月280ポンド! しかも今回は、なんとダブルベッドルーム!!!
同じ家賃なのに、なんだこの違い。
まあ、Taxが込みじゃないので280ポンドにまた追加で払わなければならないのですが…。
フラットメイトほか3人とシェアなのでまあ、大丈夫でしょう。

フラットはきれいだし、フラットメイトもよさげ。
大家はハウスメンテナンスのプロだし安心。

今回も幸運に幸運が重なってゲットできたので、ロンドンで人生の運を全部使ってしまうんじゃないかと不安です。

しかし問題が。そのフラットは24日から空くんですねー。私は先週末にフラットを追い出されましたので、

只今ホームレスです。10日間。

友達の家を転々としています。

さて、どうやってこのフラットを見つけたか? フラットの探し方をご紹介。
まずこちらで一番ポピュラーなフラットシェアの探し方は、Gumtreeというサイトをチェックすること。Gumtreeとはロンドンの(ほかの都市版もあります。)あらゆるクラシファイドを載せているサイトで、フラットだけではなく、仕事探し、車、服などのセカンドハンドものなどから語学交換の相手や彼氏彼女、友達、バンドメイト探しなどあらゆる広告を無料で載せられるサイトなのです。

無料であることと、ネットなので毎日たくさんの新しい広告が上がってくるので、みんなフラットを探すとなるとまずここをチェックします。

Gumtreeと同じくらいポピュラーなのがLootという新聞。雑誌版もあります。(Websiteもありますが、紙面と比べて広告が少ないと思われます。)これはGumtreeの紙面版みたいなもので、すべてクラシファイドで構成されている新聞です。

上の二つは業者を通さないで直接大家やフラットメイトと交渉できるという点でもとっても便利。ですがこの二つにも最近は業者が絡んでいるようです。

今回Gumtreeで部屋探ししてみると、私の予算で検索したところほとんどの広告が業者がらみ。どういう仕組みかはよくわかりませんが、広告の最後にウェブサイトのアドレスがあり、大家と直接交渉できないようになっています。まっとうな業者ならいいけれど、怪しい業者が絡んでることもあるので、私はそういった類のところにはアクセスしないようにしています。

Gumtreeのもう一つの問題点は、誰でも広告を載せられる=中には変な人もいる、ということです。一人で部屋探ししている女の子を狙って、大家、またはフラットのテナントを装って広告を出し、フラットを見学しに来た時に乱暴するという事件はよく聞きます。彼女さがしを明言して広告を出している人もいます。激安のフラットで、Female Prefered(女性希望)というのは要注意。実は私が巻き込まれたトラブルもこの類でした。普段なら引っかからないのですが、このときは友達からの紹介だったので危うく大家に会いに行くところでした。この話は長いのでまた今度。

ですから女の子は極力一人でフラットの見学にはいかない。これは鉄則。どうしても一人のときは、女性の大家がテナントがいるところを選ぶほうが無難。男性ばかりだとまた何があるかわかりませんから…。ロンドンにはたくさんの人が集まっているだけ、変な人も多いです。他人と共同生活するフラットシェアなので、大家だけでなくフラットメイトがどんな人かというのも重要なポイントです。

また、振り込め詐欺も今ポピュラーなトラブル。特に、「フラット探しています」という広告を載せると必ず誰かが連絡をよこしてきます。まず、まだ物件探してる?と聞いてきて肝心の物件の話をしてこない。私はまずこういう人たちは切り捨てます。本当に物件を持ってるのかもしれないけど…。あるならなぜ今言わない!?と疑問に思うからです。

物件の話をしてくる人もいます。時にはとっても素晴らしい写真を送ってきて、マジでこのフラットがこの値段!? と、こちらを食いつかせます。で、見学に行きたいと言うと、「今多忙でロンドンにいない。だから写真を送ったの。あなたの入居までに会えないから先に最初のレントとデポジットを入金してくれる? 入金を確認したら鍵を送るから!!」…ありえな~い。

私は今回焦っていたので2回ほど広告を出しましたが、その中で2人こういう人がいました。一人は上のようなやり取り、もう一人は、多忙で私に会えないということは同じでしたが、「前にテナントに決めた人が家賃を払えなくなったっていうトラブルがあった。あなたが家賃を払えるかどうか確かめたいから、郵便局にいってあなたの友達の名前で入金をして。あなたに支払い能力があることがわかったら鍵を送るから。」…意味不明。郵便局がどうのこうのはもうめんどくさくてしっかり訳してませんが、まあ要は先に金を送れという内容。

どこのだれが先にお金を払うかっつーの。もちろん、二人とも「もちろん部屋が気に入らなかったらお金はちゃんと返すわ!!」というのですが、誰が信じるかっつの。後者のほうには「家賃が予算オーバーだから無理です」ときちんと断ったにもかかわらず、「大丈夫! 最初のお金はあとで返すから!!」と、さらに意味不明な返事。お金払えないって言ってるのにまだ払えと言ってくるし…。

どちらも私の予算内で、ありえないほどの豪華なフラットの写真を送ってきて気を引きます。どんなに魅力的であろうと、フラットを実際に見もしないでお金だけ払うなんて絶対あり得ない。フラットを実際に見てデポジットを持ち逃げされたというケースもあるので、大家選びは本当に慎重に!

そんな不確かなGumtreeなので、お金を出して広告を載せるLootならまともな大家ばかりだろうと思いきや。友達によるとGumtreeよりLootのほうが業者が多いとのこと。私は今回初めてLootを利用したので、(しかも私が当たる物件も少なかった。)業者には出くわさなかったので真偽のほどはわかりません。

しかし、GumtreeもLootsもとっても人気のツール。Lootはすぐに売り切れるし、Gumtreeの人気物件も急いで電話しないと途端にだれかに部屋を取られてしまいます。私の今回の物件はGumtree。3階のフラット探しでGumtreeで物件をとったのはこれが初めて。まあラッキーも重なったのでほんとによかった…。とにかく早い者勝ちです!!

…まだまだ続きます。


↓誕生日をホームレスで迎えた私に1票。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*london memo*

Gumtree
http://www.gumtree.com/

Loot
http://www.loot.com/
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/162-e91931a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。