上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I am HOME!!! Finally!!!

…ということで、やっと入居できました~!!

入ったら入ったで、思ったより収納スペースがなかったり、テレビがなくなってたり、シャワーのお湯の出が悪かったり…などなど、焦って決めたボロが出てきた…という感じですが、やっぱり全体的には部屋は前より数段いいし、何よりも家自体がとっても清潔!!! もちろんアリ皆無。やっぱ重要ですよね、そこは。

前回までで家の探し方を見ましたが、さて探し始めるとなったら、まずどこに住むかが問題。この新しい家と、ホームレス生活で転々とした友達の家を含めてロンドンの東西南北すべてを制覇した私。ロンドンに住んでる人にも、私は西派とか東派とかいう人もいるのですが、さてどう違うのか?

今回はロンドンの東西南北を大まかに、そして超個人的な意見でご紹介。

まずGumtreeを見ると、フラットの地域でNorth LondonかSouth Londoon、どちらで探すかカテゴリー分けされてます。NorthとSouthの分かれ目はテムズ川。テムズ川の上であれば北、下であれば南ロンドンと言われてます。そしてセンターを境に東、西ロンドンと分かれます。

ちょーーーーーーーーーーおおざっぱにいって、一般的に治安が悪いといわれているのが東と南。西ロンドンがまあ治安が良いといわれています。しかしこれは本当におおざっぱな分け方。南にも治安のよいエリアはあるし、西にだって危険な場所はあります。

しかし昔から労働者階級は東に(イギリスの有名ソープオペラ、Eastendersにも見られるように)住み、西にはPoshな(気どりや、金持ち?)人たちが住んでいて、街の様子もその文化に染まり、発展しています。なので東にはアンダーグラウンドやアーティスティックなショップがあったり、西にはPoshなブランド店が多かったりします。そういうのもあって、私は東、西がいいとか、性に合わないとかいう人がいたりします。

ちなみに私のお気に入りは東。大好きなBrick Laneもあることや、イギリスに来て以来ずっと東だったということもあって住みなれているので。最初はやっぱり西に住んでみたいと思ったけど、(ずっと公団に住んでたので、イギリスっぽい家に住んでみたかった。)いざ東を離れるとなると、やっぱりさみしい。Brick Laneからのアクセスが遠くなるのも嫌だし、職場や学校のあるCovent Gardenも東寄りなので。

確かに、Rockな人たちが集まるShoreditch、Hackneyなども東だし、そこから先に延びる地域もカウンシルフラットと呼ばれる公団が多い=低所得、移民が多い、そんなバックグラウンドがあるのでガラの悪い人たちも多数見受けられる。もちろん、だからといって移民や低所得の人たちがみんなガラ悪いかというと、それは絶対間違っているんだけど。統計的、客観的に見てやっぱりそういう地域での犯罪率は高いです。

南ロンドンもまた同じように移民が多い街であり、犯罪率が高いです。郊外に家を持つイングリッシュの人も多く、治安がいい場所と悪い場所が点在しています。けれど地下鉄があまり通っていないので、電車とバスが主になるのが特徴。

北ロンドンは大邸宅が並ぶHampstedをはじめ、裕福な人が多く住んでおり、治安がいいといわれていました。日本人もFinchely、Swiss Cottage(St. John's Woodだったかな。)といった場所に多く住んでいて日本人街なんて言われています。ですが最近は治安も悪くなっている場所があり、北ロンドンだから安心、なんて言ってられません。

かくいう西も同じ。今でも西ロンドンにあこがれる人はいますが、最近は治安の悪い場所もあります。Actonは日本人街といわれ治安がいいといわれていましたが、Actonと一言にいっても広いです。一般的にいいといわれているのはWest Acton。日本人がたくさんいて、日本人学校もあります。しかしEast Actonは治安が悪いといわれています。


ちなみに、3年前、私がロンドンに来たばかりの時に教わった、ロンドンワースト3は、

Elephant & Castle(南)、
Hackney(東)、
Brixton(南)。


この3つの地域はだめ! と、ロンドンでの家族代わりの当時のフラットメイトが教えてくれました。まあ、3年前の情報でもあるし、Brixtonはこのホームレス生活で1週間生活してみてすっかりお気に入りになってしまいました。Hackneyはある種の人たちからはすごく愛されているし、要は主観の問題なんですけど…。でもやっぱり私はElephant & CastleとHackneyには住みたくないなあ、と思ってます。

実際この3つのエリアに住んでる私の友達たちは、何の問題もなく長年暮らしているし、全然大丈夫と言っています。治安のよいといわれている場所でも犯罪が起こったりしているし、ロンドンは本当に治安のよい場所と悪い場所が紙一重。…要はどこでも気を抜いちゃいけないってことです。


…しかし私の個人的な意見ですが、ロンドンでは確かに犯罪率が日本より高いかもしれないけど、ストレートな犯罪(?)が多い。強盗とか殺人とか、とにかくお金とか恨みとか目的がストレートなもの。それに比べて日本では、下着泥棒とか痴漢とか、人を殺したくなって殺しちゃう殺人とか、変態的な犯罪が多い気がする。もちろんロンドンでもあるんだろうけど、とりあえずこの3年間の中で地下鉄での痴漢の話は聞いたことがない。

マスコミが面白がって取り上げる事件の種類が違うせいもあるかもしれないけど、これは私の感想。私が思うに、ストレスをため込んでしまいがちな日本人のうっぷんが晴らされているのではないかと…。そう考えると、治安がいいといわれて安心しきっている中で、どこにでもそういう人が現れる可能性のある日本のほうが怖い。と思う私です。


次回からは私が体験した生活をもとに東西南北をより詳しく。次回は東ロンドン。


↓やっとマイホームを手に入れた私に1票。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/164-f77e6837
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。