上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お待たせしました! 独断と偏見による、私なりのロンドン東西南北情報。

今日は私のホームである、嫌いな人はほんとに嫌い、でも好きになると離れられない、そんな癖のある東ロンドンをご紹介。

北に移り住んだあとも、東ロンドンが恋しくて、ついに帰ってきてしまいました。やっぱりいいよ。住み慣れているし、やっぱり私の行動範囲に対して超便利です。

私が最初にロンドンに来た時、1カ月だけ北ロンドンのイギリス人家庭でホームステイした後、すぐに東ロンドンのBowにフラットを決め1年間住み、今また帰ってきて住んでいます。

最初の1カ月はとにかく外国暮らしに慣れることで精いっぱい。そしていざ慣れたころに周りを見渡してみると…。

そこは、イギリスではありませんでした。


Bowは東ロンドンを貫くメインロードに沿っているのですが、そのメインロードの起点であるAldgate east、White chapel、このあたりはバングラディシュ、ムスリム系の移民が多いのです。

Aldgate Eastの近くにはバングラディシュ系移民街のBrick Lane、Aldgate eastとWhite Chapelの間にはEast London Mosqueがあり、それはもうアジアンな雰囲気なのです。

とにかく周りにいる人がアングロサクソン系白人ではない。そして英語をしゃべらな~い!! 家からバスに乗ろうものなら聞こえてくるのは外国語ばかり。しかもフレンチとかスパニッシュとかメジャーなヨーロッパ語じゃなくて、どこぞの国ともわからない言葉。最初のころは英語漬けになろうと必死だったので、それがとても苦痛でした…。ここはイギリス!! 英語をしゃべらんかい!! でもねー、大げさでも何でもなくて、ほんとに英語が聞こえてこなかったんですよー。

ホワイトチャペルのあたりではバングラディシュ系だらけ。お店の看板にも英語じゃない言葉が掲げてあるし、服屋さんもサリー屋さんが主。聞こえてくるのはバリウッド。そして25番のバスではカレーの残り香が…。こんな中で生活していると、イギリスにいるというよりも、私バングラディシュに来た?と錯覚してしまいます。

でもこのエリアのいいところは、やっぱりブリックレーンに近いところ! ブリックレーン、ショアディッチ、このあたりの地域は今も人々が集まってくるところ。ブリックレーンは、昔と比べてちょっとコマーシャルな感じになってしまいましたが、人気が出てきた証拠。ずーっと閉鎖されていた地下鉄のイーストロンドンラインもやっと再オープンし、ショアディッチ駅が来月待望のオープン。これでもっと人の流れが出てきて来そうです。

さらにそれより東へ行くと、Newhamニューハムといわれる地域。ここはなんと、テレビ番組のイギリスのベスト&ワーストプレイスのワーストのほうで3位(2007年度)になってしまったという場所。(ロンドン中で、ではありません。ちなみにベストの1位はスコットランドのエジンバラ)

このニューハムはオリンピックの開催地でもあります。開催地がワースト3位でいいのか。いや、よくない、ってんで、再開発が進みに進んで、皮肉にも税金がべらぼーに上がっちゃったという地域。かくいう私も、そのせいで家賃が値上がりし、引越した次第です。


stadium
今回久々に帰ってきてみると、オリンピックのスタジアム(おそらく)が着々と出来上がっているのが見えました。私の家のすぐ近くです!


ただ、開発が進んでいるので、新しいフラットが多い。新しいフラットが多いと、新しい人たちもやってくる、というので、再開発地域はひょっとしたら治安がいい…かも? とくに、新ビジネス街であるドックランドはフラットもいいし、その周りにもバンカー(銀行勤めのリッチマン)が多く住んでいます。

dockland
ドックランドのビル街。ショッピングモールやシネコンなど、遊べるところもあります。



ドックランドには大きなショッピングモールもあり、テムズ川を挟んで反対側にあるグリニッジは昔ながらの町並みが残っているし、趣のあるとてもいい街。休日はグリニッジパークでのんびり、あるいはテムズ川沿いのパブでのんびり、なんてことも。

greenwich
グリニッジパークの向こうのビル群がドックランド。


ドックランドにはBillingsgate fish marketというロンドン一の大きな魚市場があり、魚やシーフードがとても安く買えます。ここに近かったのも私が東ロンドンが好きな理由! 大好きなシーフードが安く買えるというのは、貧乏学生にとってはありがたい話なのです!


さて、私が個人的にお勧めしない東の地域は、NewhamのなかにあるStratfordにくわえ、Hackney,といったところ。

Stratfordストラトフォードは先ほど言ったNewhamの中心地といったところ。昼間は大して問題ありませんが、夜中には一人でいないほうがいい、とよく言われます。Stratfordはロンドンの空港の一つ、Stansted空港へのコーチの発着駅になるので、よく利用しましたが、やっぱり夜はちょっと怖い雰囲気。

Hackneyハックニーはロンドンでも治安が悪いのでかなり有名ですが(上記のテレビ番組でもワーストの常連。2006年には栄えある1位に!)、一部の人たちからは熱狂的に支持されている特異な地域。

オーディション番組「XFactor」で一躍世界的スターになったレオナ・ルイスも、Hackneyで育ち、Hackneyを愛し、スターになった今でもこの街を離れていません。(たぶんそうだったと思う。...でも自宅から出てすぐに顔を殴られたというニュースも記憶に新しい…。)

友人もしばらくそこに住んでいましたが、何にも問題はなかったといってました。最近はセンターにいろんなお店ができていて賑やかになってきているし、前回紹介したBroadway MarketもHackneyの地域に入ります。Broadway Marketの周りにはおしゃれな人々やそれなりの仕事を持ってる人たちがナイスな家を持っていたりするいいエリアで、最近はトレンディーな場所として見直され始め、人々が集まってきています。でも場所によっては、まだまだ夜は近付かないほうがいい、という場所も。

上記の地域の何が悪い? といわれると…ほんと申し訳ないけど、ぶっちゃけいってChav、移民が多い。Chavチャヴとは、イギリス英語のスラングみたいなもので、労働階級の若者をさします。ヤンキー、チーマーみたいな感じです。

東にはこういう人たちばかり、というわけじゃないけど、そういう人たちが多いと、町もなんだか汚い。騒音もする。という感じで敬遠しちゃうんです。


いろいろ書いたけど、(ぶっちゃけすぎ?)なんだかんだいって、私は東ロンドン、お気に入りなんですよ。いや、ほんとに。私のホームのBowは2006年にはWorstの2位に入っているし、No.1であるNewhamのすぐ隣だけど、ブリックレーンもグリニッジも、魚市場も近いしほんとにいい場所です。

イギリスっぽい、ちょっとポッシュな人たちが集まる西と比べたら、オープンでアーティスティックな人たちが集まる感じのするイースト。皆様も一度、東ロンドン、お試しあれ。


(注意*治安情報は私の独断と知人・外部からの情報によるものです。)



↓ビバ!イースト!!、で、クリック一票!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもここには載せない旅の写真を載せてます!

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/165-1f64c5cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。