上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28 APR 2007 English National Opera

On the Town
On The Town
踊る大紐育
Choreography by Stephan Mear after Jerome Robbins
Music by Bernstein


Cast
Ozzie Ryan Molloy
Chip Sean Palmer
Gabey Joshua Dallas

Ivy Smith Helen Anker
Hildy Esterhazy Caroline O’Connor
Claire de Loone Lucy Shaufer

Madme Maude P. Dilly  June Whitfield
Judge Pitkin W. Bridgework  Andrew Shore
Luch Schmeeler  Janine Duvitski
Diana Dream/Dolores Dolores  Alison Jiear
Dream Gabey  Ashley Day

こんな作品。


踊る大紐育をみてきました! ウエストサイド物語で有名なロビンズとバーンスタインの作品。映画ではジーン・ケリーとフランク・シナトラの2大スターが競演しているあれです。とかいいつつ、私は見たことありませんでした。踊る大紐育とオン・ザ・タウンが同一作品というのも今知りました。

あらすじはすごく単純。3人の水兵が寄港したニューヨークで24時間の休みをもらい、女の子をひっかけていちゃいちゃしちゃおうぜ、という話。そしてミュージカルの王道らしく、皆さんものの見事に女の子をゲットするものの、そのうちの一組がちょっとトラぶり、それを他の二組が手助けして、ハッピーエンドと思いきや、そこで24時間たっちゃったよ、みたいな。

バーンスタインの音楽もこの作品ではあまり耳に残るのが少ない。私が知っていたのは冒頭の「ニューヨーク、ニューヨーク」ぐらいで、あとの曲も舞台見た後もそんなに残らなかった。この作品での見所は、やはりバレエ出身のロビンズ振り付けのダンスではないかと。とは言うものの、今回の振り付けがロビンスのをそのままやっているかというのはちょっとわからないのですが。

というわけで、この作品は大きなバレエシーンが二つあり、ダンサーの力量が問われるところ。特に群舞は目立つ。正直私の感想は…。微妙。このプロダクションは、English National Operaであり、普段はオペラをやってる方々なのです。(たぶん)ダンサーたちはたぶんEnglish National Balletではないので、オーディションでとったのではないかと。そのわりには際立ったダンサーの方はおりませんでした。

前述の通り、コーラスはおそらくEnglish National Operaの方々。コーラスのときにやたら裏声が入るのが私としてはきになったところです…。どちらかというとはっきりした声のほうが好きなので。

3人の水兵の役は無難にこなしてはいたけれど、踊りは皆無。いや、あったのかもしれないけど、わからないほどにさらりと流していました。やっぱ、オペラシンガーだけある。ジーン・ケリーのようにとはいかないなあ。

バレリーナ役は歌って踊れる役なので大変だろうけど、こちらも抜きん出た結果ではなかったです。

一番光ってたのは女タクシー運転手役。声はよく通るし、声量もあるし、踊りも踊れて身のこなしもよし。そして最高のコメディエンヌ!! 去年もやってたみたいなので、レパートリーに入っているんだろうけど、彼女だけがほんとによかった。

ぜひともワンクリック。↓
人気ブログランキング 

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/17-6df6408b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。