上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ストラスブールへ行ったことは報告しましたが、その際にパリでも半日過ごしました。
半日といえど、せっかくのパリ。思う存分楽しまなくては! 

…というわけで、あらかじめどこを回るか計画。雑貨屋めぐりの予定だったのですが、思いもかけず、一軒目の雑貨屋の近くがアメリに出てきたサン・マルタン運河! 来たいとは思っていたのですが、今回は雑貨屋に目がくらんでいて、来てみるまで忘れてました。

世の女の子を虜にした映画「アメリ」。今もその映画は多くの人のお気に入りの一つ。アメリの面影を求めてパリにやってきた女の子も数知れず。私もそんなミーハーの一人です。

それでは今回は東駅~サン・マルタン運河(もちろん私が行ってきたかわいい雑貨屋も!)をご紹介。


それでは、東駅からご紹介。

Gare de L'est

パリから東方面へ行く電車の発着駅が、この東駅。今回のストラスブール行きの電車がここから出てたので、チケットを取りに行ったんですね。その時は気付かなかったのですが、アメリがニノのアルバムを拾ったのがこの駅だったのですよ。気づいてなかったので中の写真はありません。
ちなみに、アメリが昔の男の子の宝箱を見つけるシーンがありますが、その箱に使われているナンシーのキャンディ缶もここの売店で売ってます。(もちろん新しいデザインですが。)



さて、東駅から10分弱くらい歩いて行くと…、

Canal St. Martain

ここがアメリが水きりに来るサン・マルタン運河。映画のような新緑の季節でなくて残念…。



アメリもここで水切りしたのかな


高いアーチの橋がいい感じです。
アメリもここで水切りしたのかな。残念ながら中には入れませんでした。



HOTEL NORD


橋の反対側にあるのが有名な「北ホテル」。昔のフランス映画「北ホテル」に実際に出てきたホテルで有名…らしいです。映画を見てないので何とも言えませんが、ノスタルジックな雰囲気はありました。1階はレストランになってます。



Gallery

近くにはいい感じのギャラリー。周辺も落ち着いてていい感じです。散歩にもってこいだし、パリらしさがありつつ、中心部よりは静かで落ち着けていい感じ。



Antoine et Lili

さて、こちらが私の今回の目的であった雑貨屋さん、Antoine et Lili。
このカラフルなお店、3つともAntoine et Liliです。
ピンクは洋服屋、黄緑が子供服や、黄色が雑貨屋さんです。



カラフルでかわいい雑貨がいっぱい!


見よ、このかわいさを!! 女の子ならキャーキャー言うこと間違いなし。雑貨屋さんにはこんな風にかわいくてカラフルな食器やらおもちゃやらがいっぱい。クリスマスの雑貨もありましたが、クリスマスカラーにこだわらず、とにかく色であふれてました。

カラフルなのは子供服やも同じ。自分の子供ができたらここに来たい!と思うくらい。子供服だけでなく、子供用おもちゃもいっぱい。子供用アクセなんか自分でも使えそう。

大人向け服やもカラフルでかわいいのですが、高かった…。無念。でもパリでありがちなモダン、シンプルというよりはとにかくカラフルでちょっとエスニックなテイストが入ってて、それがまたいいのですよ。アクセサリーや雑貨も充実。



うさぎランプに会えました。


ウィンドウでこのうさこに会ったときに、「この店はいい!」と直感。「アムステルダムのおしゃれな人の部屋を拝見」みたいな雑誌の特集で一目ぼれしたうさぎランプ。まさか実際に見つけられるとは。ちなみにアムスで見かけたかわいい雑貨もこの店に入ってました。お店の人に聞いたら、アムスから輸入してるものもあるとか。(でもここで買うと高いので、やっぱアムスに行かなきゃかも。)



内装はとにかくかわいい。


あまりにかわいいお店だったので、写真撮っていいか聞いたらやっぱダメだって。そらそーだ。でも隠し撮りしちゃいました。かわいいでしょ。まるでアメリのお部屋でしょ。



Dot Bowl

今回買ったのは、このかわいい水玉のボウル。前からほしかったドットのカフェオレボウル。これで家でチキンラーメンが食べられるってもんです。なんだか最近赤のドットが気になるこの頃。白地に赤のドットのほうろうのお皿もお買い上げ。


サン・マルタン運河まで来たら、ぜひこのお店でアメリ気分に浸ってくださいな。


↓アメリ気分に浸れたら1票!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*tabi memo*

Where to Shop

Antoine et Lili
95 quai de Valmy
http://www.antoineetlili.com/
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/177-a289982a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。