21 Mar 2008, Fri Gourdon - Nice

さて、一通り見て回ったグルドンの村。2時間あれば十分。(天気も悪かったしね。)しかしまだバスまで時間があるので、お店を回って時間をつぶすことに。

グルドンにはかわいいお店がいっぱいです。

かわいいお店たち




迷っちゃう

見かけたら入らずにはいられない、カラフルなキャンディが並ぶお菓子屋さん。村の入り口で。




カラフルキャンディ

カラフルなマーブルキャンディ。色がポップでかわいい!




インテリアもかわいい。

こちらは南仏関係の名産品を集めたお土産屋さん。インテリアもかわいい!




はちみつキャンディ

こちらは名産の一つ、蜂蜜のお菓子を集めたお店。はちみつはもちろん、蜂蜜ケーキやはちみつゼリー(みたいな?)、そしてこちらははちみつキャンディ。素朴な色と、形がまたかわゆい。




カラフルボトル

こちらにももちろんあります、香水ショップ。カラフルなボトルが窓を彩ります。




芸術の空間

昔から芸術家に愛された鷹ノ巣村。それは今も変わらず、多くの芸術家の人たちがアトリエを鷹巣村に構えています。このおじいさんも、ここで作曲活動をやっている模様。こんなところで仕事に没頭できたら…さぞかし素晴らしいでしょう。




キャンドルショップにて


さて、Rちゃんのお気に入りがこちらのキャンドルショップ。もう床から天井まで、すべてキャンドルで埋め尽くされている! 香り付きから変わった形のものまで、そりゃもういろいろ。
その中でもお勧めがこの写真手前に並んでいるアロマキャンドル。すべて手作り。シトロン、ラベンダーなどの南仏の香りはもちろん、バニラ、ローズ、アップル、紅茶まで何でもござれ。

Rちゃんはキャンドル好きなようで、フランス語でオーナーとキャンドルについておしゃべり。オーナー手作りのこのキャンドル、紐が短めにカットされている。この方がロウの持ちがよいのだそう。

と、Rちゃんがオーナーにキャンドル講座を受けている間、私はどんな匂いのものがあるんだろうと思って全部チェックしていたら…目に飛び込んできたキャンドルの名前が、これ。

「C*c*ine」

ん? コ○イン? 

…いやいやいやいや。危ないから! 
もしかしたらフランス語には別の意味があるかもしれないし?

…と思って調べてみたけど、やっぱりあの意味しかなかった…。

赤紫色のこのキャンドル。特に変わったにおいはせず。匂ってもそれが本物かなんてわからないしね…。でも受け狙いのお土産に良かったかもなあ…なんて、ちょっと後悔なのでした。


この後、バス停近くでお茶をしたあと、ニースに帰ってからも二人で旧市街へディナーへ。
ジャズバンドが音楽を奏でていていい感じでした。
楽しかったんだけど、連絡をとってなくて残念。ルーアンのおすすめ場所までガイドブックに書き込んであるのに…。まあ、これもそういう縁だったということかな。
出会って別れて…。

それが、旅っちゅうもんです。


More Photos!!!!!→http://madphotojournal.spaces.live.com/


↓Rちゃんは元気かな。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/201-c6866a91