上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お待たせしました。予告しといて、どんだけ引っ張るんだ。

というわけで、ニースの海の写真です!!

shining sea

輝く水色…。この海の色に一瞬で恋に落ちてしまいました。

正直言って、全く海に興味がなかった私。実際、水着も中学以来着ていないくらいです。

そんな私が海にくぎづけになってしまいました。…その気持ち、わかるでしょ?




blue wave

波が寄せると、青いグラデーション。




promenade des anglais

誰に聞いても、ニースで一番お勧めなのはどこかと尋ねると、この「Promenade des Anglaisイギリス通り」。繁華街でもなく、ただ海辺にベンチがあるだけの長い通りです。

でも、それもわかる。何にも要らない。ただ海を眺めることができれば。

観光客だけでなく、朝も夜も、マラソンや散歩をする地元の人たちがたくさんいます。

ちなみにこのイギリス通り、その名の通りイギリス人の出資によって作られたそう。避暑地としてニースが有名になったのも、イギリス人が愛したため。

わかるなあ。そりゃあ年がら年中曇りのイギリスにいたら、この太陽と海の街に来たいでしょう。




sea and old man

海辺で出会った理想の光景に、思わずパチリ。タイトルは「老人と海」。




morning walk

この海に出会って以来、毎朝早起きしてバスに乗る前に散歩。ときにはバスの時間を忘れてしまうほど。
早朝の輝く浜辺。




prasol

海辺ではそこにいる人たちを観察するのも好き。
朝からテラスでコーヒー。優雅だなあ。




sea and drumman

こちらは海辺でドラムの練習。カッコイイ!! そして気持ちよさそう。




ああ、この海の色、もう一度見たい。…と思って言ったのがクロアチアでしたが、そこで出会った海はまた別の色でした。もう一回南仏に行きたいな。



↓この海の色に惚れてしまったなら、クリック!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/220-8ccbfab2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。