上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mj memoire


King of Popsが亡くなりました。

こちらでの公演が間近だっただけに、ショックも大きいです。私の友人でMJ大ファンだった子も、チケットを必死で手にいれ大喜びしていたのに…。その落胆の様子といったら。

現在ロンドンでは、「スリラー」という、マイケル・ジャクソンとジャクソン5の歌を集めたミュージカルが上演されています。(アバの「マンマ・ミーア!」のような。)


thriller

ショー自体は、マイケル大ファンの友達から言わせると駄作らしいのですが、その劇場の前がマイケル・ジャクソンを偲ぶメモリアルスポットになっています。




mj

たくさんの花とキャンドル、思い思いのメッセージを込めたカード、ポスター…。MJがどんなに愛されてるか測り知れます。


こちらに来て、MJの偉大さを思い知らされるた時が何度かありました。

日本にいたときは、アルバム「Dangerous」がすごくお気に入りでしたが、その後のHistory以降はあんまりピンと来ず、正直まだ歌っているとは知らなかった。80年代Popsとしては確かにメジャーだけど、今でもよく聴くか、というとそんなに日本では聴いた記憶がない。

それがこちらでは、まさしくThe King of Popsの称号にふさわしい扱い。

どの黒人の友達に聞いても、今はやりのR&BやHip Hopなどのブラック・ミュージックばかり聴いてる音楽通の彼らにとっても、MJは別格扱い。Qualityが違うのだとか。

おもしろかったのは、ボーリング場に行ったとき。黒人が多いエリアだったのですが、そのボーリング場はゲームレーンのそばで踊れるようになっていて、DJブースも。混んでいたのでゲーム待ちの人たちがそこで踊っていたのですが、MJの曲がかかった途端、みんなのノリが違う。ゲームをしていた人たちまでレーンから出てきて踊りだす。

でもボーリング場なので、アナウンスがかかると曲が中断するわけですよ。するとそこで欠かさずブーイング。そしてDJが次に別のアーティストの曲をかけるとまたトーンダウン、人数も減っていく。そこでDJがまたMJをかけると「Yeahhhhh!!」と言いながらダンスホールに戻ってくる。そのギャップが面白くて、「どんだけMJ好きやねん!」と心の中で突っ込んでしまいました。



mj poster

ロンドンは今やMJだらけ。どこもかしこもMJの曲が流れています。

確かに今聴いても全然イケてる曲が多いし、時々無性に聴きたくなる時がある。

受験に失敗したときは、MJの曲をリピートして聴いたのが懐かしい。

またあの曲、聴きたくなったな。


↓Dangerousの「Keep the Faith」。持ってこなかった私のバカ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/226-67ba6393
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。