さて、久々にカフェ紹介。

最近、西ロンドン開拓にはまっている私です。いいんですよー。イギリスって感じがして。ちなみに私が今住んでる地域はトルコ人街。周りから聞こえてくる言葉に、英語は50%ってとこでしょうか。そんなわけで、私がロンドンにいることを確認しに行くんです。西へ。

今日ご紹介するカフェも、イギリスちっくなアンティークな雰囲気がプンプン。でも紅茶じゃなくてコーヒーが売りのお店です。The Troubadour Cafe。

Troubador Cafe

雑誌にも紹介された有名店。ずっと行きたかったんです。




中に入って見ると、ずらり、アンティークの山!

Antique




rose and antique

壁にはずらりと道具が、天井は見えませんが、実はたくさんのアンティーク楽器がぶら下がっています。バイオリンをはじめとする弦楽器から、すすけて真っ黒なサックスまで、いろいろ。




pot window

窓辺のカラフルなほうろうポットもかわいい。


中は結構広くて、二店舗つながった状態になっています。奥にはガーデンもオープン。隣のワインショップも系列のお店です。


食べ物メニューも豊富なこのお店。典型的なブリティッシュメニュー。イングリッシュブレックファストはもちろん、バーガー、サンドイッチ、チップスなどなど…。

飲み物は、やはりここはコーヒー。もちろんカプチーノ、カフェラテ、一通りそろってます。が、アルコール類もおまかせ。スムージー、フレッシュジュースもおまかせ。もちろん紅茶も。カフェとしての完璧なメニューです。


Apple crumble and cafe latte

スイーツももちろん、イングリッシュ。
今日はアップルクランブルとカフェラテを注文。アップルクランブルにはアイスクリーム付き。バニラビーンズが目に見える、でもしつこくない上品なバニラに、リンゴの甘煮がマッチ! でも二人用だったかな…結構多め。


常連さん

ファンの多そうなこのお店。何人もの人たちがスタッフの人と親しそうに話していました。

わかるなあ。何度も来たい気がする。

今度は晴れた日にぜひガーデンで!


↓晴れた日は来るのか!?
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ



Where to Eat


The Troubadour Cafe
http://www.troubadour.co.uk/
Earl's Court駅(Piccadilly, District)から徒歩3分
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/232-55bbaa4c