上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 Mar 2008 Tue, Tourrette sur Loup~Cagne sur Mar

トゥレット・シュル・ルーを思いっきり堪能してもまだ時間があり余った私。

そういえば、このあたりの鷹ノ巣村を行くときに通り過ぎるCagne-sur-Merカーニュ・シュル・メールというところにも旧市街があったことを思い出し、そこへ行ってみることにしました。

いつも通り過ぎるだけなのでどこで降りるかなどあまり気にせずにいた私。実はカーニュは広かった。わりと大きい街で、しかも中心地と間違えて全然別のところで降りてしまい、インフォまで歩くこと(迷ったし)20分以上。そこで、旧市街はこことは別の山の上ということに気づく!

そりゃそーだ。鷹ノ巣村のはずなのにここは普通に街だもの。バス停から旧市街まではシャトルバスが出ています。(歩いても行けるよ、といわれましたが、もうさんざん歩いていたのでパス。)バス停にはなぜかイギリス人がたくさん。しかも旅行者らしくない。そう、彼らはみんな移住者なのです。ニースからもほど近く、山の上の鷹ノ巣村とあって、ポピュラーな地区なんだそう。

小さなバスに乗って、バスは山を登っていきます。5分ほどで旧市街、Hout-de-Cagneオー・ド・カーニュに到着。

tower

カーニュ・シュル・メール到着。

とーっても静かな町。お店は何にもなくって、普通に住宅街って感じです。

それでも石造りの中世の雰囲気が残っていて、いい感じ。

さっそく探検…




brocante

と、いきなり!! 私の大好きなアンティークショップ発見。

しかも私の好きそうなガラクタ系。これはチェックしないわけにはいかない。探検後には閉まってるかもしれないし、早速物色。

いろいろ興味のあるがらくたがいっぱい! 余裕があれば…と思ったものはいくつかあったけど、旅行中の超きびしい審美眼の目にかなったものはありませんでした。


探検再開です。


Cagne

グリマルディ城(現在は美術館)を中心とした街なので、街はさながら要塞のよう。このように城壁が城を囲むような作りになっています。




over the gate

高い壁に囲まれた通り、トンネル…こういったのに弱いんです。横道好き、細道好きなので。





icon

角で見つけたイコン。(…ていうのかな、これ…)。

古い町ではよく見かけます。こういうのも昔の人の生活が垣間見えるようで好き。旧市街が好きな理由の一つ。そしてこの古い町にもまだ人が住んでいる。

この近くでは、おじいさんが緑に囲まれたお庭で新聞を読みながらジャズを聴いていました。

旧市街に流れるジャズ。時間的にも夕日がきれいで、とてもいい感じでした。




kitty walk

そのおじいさんの家の(?)猫。

夕暮れ時の散歩に出かけるようです。「ついて来ないでよ」

でもついていきたくなっちゃう。なんだかとっておきの場所に連れて行ってくれそうな気がして。

彼を追って、まだまだカーニュの探検は続きます。


↓現在友達がカーニュを訪れています…うらやましー!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*tabi memo*

How to Get There

Cagn-sur-Mer









関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/233-8b47a908
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。