29 Mar 2008 Thu, Nice - Entrevaux

さて、今回は珍しくバスでなくて電車の旅です。

実は、コート・ダ・ジュールに興味を持ったきっかけは、あるテレビの旅番組でした。その番組では、リッチなリゾートではなくこういったかわいくて小さな鷹ノ巣村を紹介していたんです。そのかわいらしいこと!! しかし!! その旅人のおねーさんは、バスでなく電車で旅をしていたんですよ…。私の記憶が正しければ。

その電車は海沿いの崖っぷち(かなり高い)を走っていてですね…。それはもう、本当に片側はがけで海、もう片方は山の急斜面というかんじで、鷹巣村は駅を降りてすぐ、にあった気が。

この旅ではぜひその電車に乗ってみたかったんです。いろいろ調べて情報も募ったんですが、それらしき電車がない…。

で、調べた結果がこのプロヴァンス鉄道だったわけです。地図で見ても全く海沿いを走ってないんですが…。ひょっとして川だったかも? と思いなおし、とりあえず朝早くから出発!


from the window

う~ん…。見事に電車は海から離れていき…そして崖上どころか平地をひた走ります。




Entreveaux

どうやら私の思っていた鉄道と違っていたようです…。そして電車は中世の町、アントルヴォーに到着。




gate

中世時代のお祭り、中世のお城がまだ残るこの山間の町。ほら、門も中世のまんま。




cat planter

朝市の電車で来たので、アントルヴォーに着いたのもまだ朝早い時間! 人っ子一人おりません。いるのはにゃんこのみ。にゃん子も寒くてプランターに植わっております。


駅近くのベーカリー(町(門)の外)で軽く腹ごしらえして、静かな町を散策。


pink wall

街は全く観光地されておらず、たぶん昼間になってもそんなにうるさくなさそう。素朴な風景が残ります。




water pitcher




children

一通りぐる~っと見終わったところで、子供たちの登校時間。物珍しく見られております。

さて、もう既に見るところが終わってしまった私。残されたところは一つ、山の頂上にある城跡です!



↓次回はほんとに、山登り。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/245-697def36