上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、最後の街ですよ!!

前日にアントルヴォーから思いもかけず早くニースに帰ってこれたので、ニース観光に充てていた最終日があいてしまいました。ニースは一応見たし、どうせだったらまた新しいとこ行っちゃう!? と、最終日当日になっていくことを決定したのが、このヴィルフランシュ・シュル・メール。

ニースからすぐ近くだったのと、いい街だという情報があり、何よりも大好きなコクトーゆかりの地であることから、これは行かなくちゃ! と思い立ちました。


Villfranche sur mer

Villfrancheは海辺の小さな港町。「Sur mer」とは「海の上の」という意味。海辺に面した家並みが旧市街です。




walls

ここの旧市街もカラフルな壁にはさまれた細い路地が上へ下へ、右へ左へ行ったり来たり。




old town

この日はとってもいい天気、青い空と太陽の光で、パステルカラーが眩しい!!




cat

にゃんこも気持ちよさそうに日向ぼっこ。




charch

私がどうしても来たかったところがここ。サン=ピエール礼拝堂。コクトーが手がけた礼拝堂です。残念ながら中は撮影禁止。でも外も個性たっぷりでしょ。




cocteau

でも、町中にこんなアートを発見! まさにこの絵です。…でもさっき検索かけたらもっとすごかった…。やっぱり人間って忘れていくものなんですね…。あんなすごいの、もう忘れてる。やっぱり写真は撮って残すべきだと、思いました。というわけで皆さん、撮れないときはポストカードを買いましょう。私も確か買っていたはず…。




La nicoise

お待ちかねのランチタイム! 最後のレストランでのお食事。でもまだニース風サラダ、食べてなかったんです。でも…やっぱガレットにしちゃった。ニース風サラダのせガレット。これは私がクレープリーで働いていた時もメニューにありました。やっぱりおいしかった!!

天気がいいので外で。階段上にあるカフェだったけど、人通りはそんなに多くなかったので、意外に落ち着けました。

その階段の下は海。さて、最後にまた見せてくれました、コート・ダ・ジュールの海。次回はまたきれいなブルーをお届けします!


↓あああ、あの海にもう一度帰りたい…。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/256-6cb84c69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。