さて、ハロウィンが日本でいうお盆イブなわけですが、本番のお盆に、大英博物館でメキシコのお盆のイベント「Day of the Dead」をやっていたので行ってきました!

カトリックのお盆「死者の日」ですが、メキシコのものはアステカ文明のものと融合し、独特の雰囲気があります。

元からメキシコの宗教・文化には興味があった私。昔、蜷川実花の写真集で見て以来カラフルなメキシコが忘れられず…。雑貨でも最近メキシコのものは人気がありますしね。特に骸骨ものですよ! おどろおどろしいガイコツではなく、メキシコのものはとってもカラフルで愛嬌があります。たった1日しかないので、これは見逃せない! といつもLast minutesで決める私には珍しく、事前にチェックして行ってきました!


skull doll

こういう芸術的なガイコツがいっぱい!!…と思ったら1コーナーだけでした。もっとあると思って期待したのになー。特別展示スペースを作っているのではなく、博物館全体を使ってイベントしていました。




saidan

圧巻のオフレンダと呼ばれる祭壇。みんな手作りですよ!!!





decoration

子供が作ってるのかな? どのガイコツも愛嬌たっぷり。それにしてもカラフルな切紙。ほしい!!





paper lady

切紙の実演もありましたよ。鮮やかにちょきちょき切っていき…。




paper done

出来上がりはお客さんにプレゼント。それにしても見事!! 誰が考えたんだろう…。





skull girl

子供向けのイベント、という感じで、地下のスペースはメークアップやペイント、切紙コーナーで大変なことに。オリジナルの仮面を作ってかぶったり、ガイコツメイクの子供たちがいっぱい。




他にもメキシコの音楽やダンスショーなど、パフォーマンスも。しかし1日限定だったのでものすごい人。ほんとはもっとガイコツオブジェや切紙、祭壇なんかを見られると思ってたんだけど、あんまりなくってちょっと残念…と思ってたら、偶然いたパビリオンの場所でパレードがスタート。

parade girl

これがとっても良かった!! 間近で見られたのに写真がきれいに撮れなかったー! 残念!! 衣装とメイクがすっごくきれいだったんです。こんな写真で失礼。





parade cofin

パレード参加者は全員ガイコツメイク。だけど全然怖くないですよ。むしろ楽しい!  

パレードだけでも見に来たかいがありました。 あ~、メキシコ行きたいな~。Facebookで、このイベントに行く前に「メキシコ行ってくる!!」といったら、何人かが本気にしてしまい…。(みんな私がホリデーだと知ってるので。)そんなわけで、メキシコ行ってることになってます。


↓おいしいメキシコ料理屋さんを見つけました。そこで我慢しよう…。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/261-2564699f