上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全てにおいて値段が高いといわれるロンドン。世界一とも言われてますが、実際は東京とそんなに変わらない。(東京のほうが高いといわれるくらい。)確かにビル(電気代など)や家賃などは高いのですが、食べ物やその他の物価に関しては、実は節約しようと思えば日本よりはるかに節約できるんです。主だったスーパーにはバリューシリーズといって激安な商品をそろえているし、野菜などはマーケットなどで安く手に入ります。(質を求める場合は別ですが。)

さて、女の子のショッピングも然り。もちろんファッションで有名なロンドン、結構なお値段のするブランドもたくさんありますが、ハイストリートに行けば激安なお店も見つかります。特に私が働いている、日本にも最近やってきたH○M。かわいいデザインながらも驚きのプライス。Top Shopなんかはもうちょい高め、だけど日本のブランドよりはかなりお安めな値段。(質はともかく、ね。)

しかし、最近急成長してきたさらに上をゆくブランドがあります。その名もPrimark(プライマーク)。ドレスが9ポンド、スカートが7ポンドなど、ありえない値段。しかもデザインもそんなに悪くない!!

まあそんな激安ショップなので、店内はいつもカオス。日本のショップのように整然と、限られた商品だけを並べるのではなく、ストックルームには物を置かない主義なのでフロアに商品がぎゅうぎゅう詰め、そしてそれを客が広げて放置の繰り返し。正直言って、私は買い物したい気分にはなりません。

しかし、時々友達がすっごくかわいいのを着てると思ったらPrimarkだったりするんだよね。どうやって見つけるの!? と、いつも不思議。もうそれは、忍耐の一言につきます。あの広い店内のカオスの中、ひたすらにいい商品を求めて掘り出してゆく…。それができる忍耐の持ち主が、かわいくて安いアイテムを見つけることができるのですよ。

ちなみにPrimarkは服だけではなく、下着からアクセサリー、靴、はてはインテリアグッズから寝具まで幅広い商品を扱ってます。私のような短期滞在者には、お金をかけずに身の周りをそろえられるのでもってこいのお店。私も服は買ったことはないけど、バスローブ(9ポンド)とベッドカバー1式(値段忘れました)、そしてフラットシューズ(忘れたけど、7ポンドくらい?)といった必需品を購入。帰国時には捨てて帰れる値段なので、気にせず購入できます。

とはいうものの、激安は激安。質もそれなりなので、お買い物の際には十分に商品をチェックしましょう。



↓ロンドンに来てから金銭感覚が変わった…。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*london memo*

Where to Buy

Primark
http://www.primark.co.uk/
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/265-a92936fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。