上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17 Jan ’07 The Royal Ballet

Napoli Divertissements
Choreographed by Bournonville/ Kobborg

Cast
A. Ansanelli, Y. Choe, L. Cathbertson, H. Kobayashi, M. Nunez,
J. Martin, S. McRae, F. Montano, J. Watkins,

And Artists


La Sylphide 
Choreographed by Bournonville/ Kobborg

Cast
The Sylphide S. Lamb
James V. Samodurov

Effie C. Duprot
Gurn J. Martin

First Sylph B. Hatley
Two Sylph Y. Choe, H. Crawford,


こんな作品です。

Napoli(from Royal Danish Ballet)



La Sylphide(from Singapore Dance Theatre)

ナポリは初めて見ました。明るいタランテラですごくテンポのよい作品。
一度だけオペラハウス再オープンのときにKobborgのVaを見ただけ。そのVaを踊ったJose Martinは今日はあんまり調子がよくなかった…? それともKobborgのVaがよすぎて比べてしまったのか。
私はあんまりダンサーの顔を把握できてない&遠くの席なのでわからなかったのですが、青い服の男性(たぶんMacRae)はよかったです。あとは女性陣!! 特にチェ・ユフィさんは速いテンポながら丁寧に踊っていて好感の持てる踊りでした。名前がわからないけど緑の服の女性(たぶんNunez)も生き生きと踊っていてすごくよかった。

ラ・シルフィードは去年もやっていた作品。去年はSadllers Wellsでマシュー・ボーン版もやっていたので比較が面白かったです。
あほなことに半分寝てしまっていて…。あんまり覚えてないのですが、Sarah Lambはテクニックよりもかわいらしい雰囲気で魅了していました。

今回寝ぼけて見たわりに印象に残っているのは、Yuhui Choe。日本でもおなじみだし、ローザンヌのときに見たこともあって成長を見守るのが楽しい存在でもあります。今回はシルフィードでもソリスト踊っていましたが、やはりナポリのソリスト、そのなかでも一番よかった!! 丁寧かつ速いテクニックを見せ、なおかつ演技も愛らしくてよかったです。ちょっとオペラ座のルテステュに似てるなーと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/27-6b30786b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。