上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日フランス人の友達の家で、ガレット・デ・ロワを頂きました! 

ガレット・デ・ロワとは、1月6日にフランスで食べられる伝統的お菓子。一般的にはアーモンドペーストの入ったパイで、中に陶器のチャーム(フランス語ではフェーヴ)が入ってます。切り分けられた自分のパイの中にチャームが入っていたら、その人は一日王様。そして幸運がその一年続くといわれています。

キリストが3人の賢者の前に最初に現れたのを祝うのが1月6日。なので厳密には、ガレット・デ・ロワのロワ(王様)は、王様ではなくて子の賢者のことを指しています。

フェーヴはいろんなお店で毎年違ったのが作られており、凝ってるところはとことん凝っていたりするので、コレクション価値があり、フランスはもちろん、最近は日本でも人気があります。なので、最近は日本でも珍しくはないかも?


さて、フランス人の友達に影響されて、食べてみたくなった私。と、いうのも、本当はアーモンドペーストは苦手なんですが、ここPAULでアップルパイを見つけたので。

paul's galette

ちゃんと王冠付き。

しかし実際に買った支店ではアーモンドのしか置いてなく、まーオリジナルを試すのもいいかと思い、仕方なく購入。




galette des rois

オーブンで温めて、いざ入刀!

…という時にガチャ! パイのど真ん中でかたい音が。

「あ~、よくあるんだよね~これ。」

…というわけで、切り分けるまでもなくフェーヴ発見。なんだそりゃ!! せっかく楽しみにしてたのに!! 

仕方なく、切り分けていた友人がフェーヴをあるパイに押し込み、ぐるぐるプレートを回すロシアンルーレット形式に。しかししっかりフェーヴ入りのパイを覚えてしまった友人。(ちなみに、二人だけでした。)

私が最初に選ばせてもらえましたが、結局フェーヴは友人の手に。

feve

王冠型でした。

ちぇっ、コレクションしようと思ったのに。

「探してみなよー、2個入れてるところもあるんだよ!」

と、友人は言ってくれましたが、やっぱり入っていたのは1個だけでした。

でもこのポールのパイがすっごく美味しかった!!

アーモンドペーストって日本じゃなじみがなく、私はこちらで初めて食べたのですが、私は味が好きになれず。

アーモンドクロワッサンとか、ベイクウェルタルト、スポンジケーキにマジパンを巻いたものなど、アーモンドペーストはよくこちらで見かけるのですが、そのどれも私には合わなかった。もうにおいもきついくらい。

でもここのアーモンドペーストはすごくおいしい!! 同じお菓子とは思えない。もう本当に、いくらでもいける!!といっても過言ではないほどに。また食べたい~。

これがずばり、イギリスとフランスの違いというやつなのかしら。


友人からはいろんなガレット・デ・ロワのエピソードが。

学校でもガレット・デ・ロワがふるまわれ、王様になった人は次の日か次の週?またガレットを持ってこなくちゃいけないとか、フェーヴを当てたらパートナー(男の子の王様だったら女の子の女王様、女の子だったら男の子)を選ばなくてはいけないとか、で、男の子はだいたい恥ずかしいからお母さんを選んじゃうとか。

ちなみに地域によってパイではなかったり、いろんなタイプのガレット・デ・ロワがあるそう。ブルターニュ地方では硬いクッキーのような生地だったり、ブリオッシュ生地のガレット・デ・ロワもあるそう。


次回はぜひブリオッシュで! と思い、ブリオッシュのガレット・デ・ロワを探し中です。


↓来年といわず、近いうちに…むふふ。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/280-12f9e923
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。