上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに! 憧れのヴィンテージフェアへ行ってまいりました!

ヴィンテージフェアとは、ヴィンテージのストールが集まるイベントのことで、蚤の市のようながらくたが入り混じったものではなく、皆様完璧にヴィンテージでかためてきており、たいがい入場料が要ります。(2~5ポンドですが。)

前から常に行きたいと思っていたのですが、最近本当にお金がなくて、にっちもさっちも首が回らない状態のわたくし。ところがそこに友人が出店すると聞き、お気に入りのアクセ屋さんもそこにいることを思い出し、プラス、最近落ち込むことがあったので気分を盛り上げに、思い切って行ってきました!



town hall

Clerkenwellの名前からは想像していなかったのですが、場所がなんとエンジェルの近くのThe Old Finsbury Town Hall。ここはふだんはアーダングアカデミーというミュージカルスクールで、私もかつて毎週夜のクラスに通っていたところだったのです。そんなところでヴィンテージフェアをやってるなんて知らなんだー、と思ったら、ここでやるのは今回が初めてだったそう。

でもここでのヴィンテージフェアはすっごくあってると思う!! と、いうのも、ここはほんとに昔ながらの造りがきれいで、ステンドグラスとかもあってきれいなんですよ。


mini hall

ね、いい感じでしょ。

でもね、この地下にある女子更衣室は、女の更衣室とは思えないほど汚いんですよ…。ぷぷ。なんて、いらない情報ですが。(このフェアの時はたぶんは入れなかったはず。)


しかし、今回初めてタウンホールに入ってべっくらこきました。

town hall

美しすぎっ!!



town hall long

ごてごての装飾が周りのヴィンテージといい感じにマッチ。いいじゃないですか、こんなところでヴィンテージ三昧!! 素敵!!


素敵過ぎて、私には目の毒。一つ一つのアイテムどころか、ストール自体ももう無視。通り過ぎるしかこの悪魔の誘惑を振り切る方法はない。

…なんていいつつ、昔馴染みのお店を見つけてしまったらチェックせずにはいられない。Sunday up Marketにかつて出店していた私の大好きなアクセ屋さん。今はマーケットではなく主にフェアで出店していて、それ以来私もフェアに行こう行こうと思っていてついに実現。やっと再会しました。

acc all

相変わらずのセンスの良い品ぞろえに、服のラインも増やしてパワーアップ!!

acc up

お値段設定も変わらないところがうれしい。最近Brick laneはどう?と話しかけてくれ、私のことを覚えててくれたことに感激。(そりゃあんだけ通ってたら覚えるか。)お得意さんとまで言ってくれてうれしい限り。毎週会えないだけに、この機会を逃すことが惜しい…。




hat shop

ちらっとほかのお店ものぞいてみたけど、やっぱり素敵。

こういうヴィンテージフェアって、入場料が要るからさぞかしかしこまったお高いヴィンテージばかりかと思ったら、結構そうでもなく、わりと値段が届くのも多くて、ほんと危険。しかも、安くないけど払えなくもない値段という超にくたらしいこのお値段。やばいです。


やばすぎなので、友人がいるティールームに早々に避難。(ちなみにティールームは、あのVintage Heavenが出店! 開店時はケーキで埋め尽くされていたそうですが、私が行ったときにはカップケーキ2個しか残っていない人気ぶりでした。カップケーキ、いただきました。おいしかった~!)


alison 3

こちらの真ん中が友人のアリソン。ヴィクトリアンの切り絵をやっています。

この日はイギリスでは母の日ということで、こちらの母娘が切ってもらっていましたよ! お母様も娘さんもヴィンテージスタイルで素敵。特に娘さん、美人! イギリス娘はこうであっていただきたい。ちなみに彼女は自作の服で出店していて、親子でペアルックのパンツをはいていました。こちらも素敵。




alison

アリソンはおばあちゃんから直伝の切り絵のアーティスト。ちなみにお父様もそうなんだけど、お父さんは最新レーザーを使った切り絵をするそうで、彼女は昔ながらの手でのカットを貫いています。

実はアリソンは日本のテレビにこないだ出演したとか! 本当は6月放送だと思っていて、ここで宣伝する予定だったのですが、もうすでに放送済みだとか。TBSで番組名は分からないのですが(どなたかご存知でしたら教えてください!)、放送後にわざわざ日本からメールで仕事依頼をしてきたくれた方がいたらしく、とても感激していましたよー。(ちなみにアリソンの出演時間はほんの数分。)

アリソンは普段は、パーティーなどに呼ばれてそこでのプレゼントとして切り絵を披露したりするらしく、個人に向けて切り絵をするようなフェアでの出店はこれが初めて。このフェアにまた出店するかはわかりませんが、アリソンに仕事を依頼したい方はどうぞ下記のサイトからメールで!


このClerkenwell Vintage fairは月1ですが、ロンドンには他にもいろいろヴィンテージフェアが毎週どこかで開催されています。マーケットよりもはるかに充実の品ぞろえ。ヴィンテージファンはぜひ足を運んでみて!



↓おかげで元気出た! そんな私にクリックも下さい!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

ロンドンの日常を写真でつづったフォトブログもよろしく!


*london memo*

Where to See

Clerkenwell Vintage Fashion Fair
http://www.clerkenwellvintagefashionfair.co.uk/
ちなみに私のお気に入りのアクセ屋さん"Charm"は、次回は6月出店予定。
彼女がマーケットから去るときに、参加するフェアのリストをくれました。6月まではホリデーをとると言ってたので参加するかどうかがわかりませんが、以下が彼女が参加予定のフェアです。
Vintage Fashion Fair(Primrose Hill) http://www.vintagefashionlondon.co.uk/vintage-fashion-fair-primrose-hill/
Affordable Vintage Fashion Fair(London) http://www.vintagefair.co.uk/
 

Alison Russel
http://www.alison-russell.co.uk/index.html
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/294-516cf0b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。