アリスの旅第2弾です! 今日はクライストチャーチを出て、オックスフォード各所のアリスゆかりの地を見てみたいと思います。

クライストチャーチを出て、グラウンド沿いのあぜ道をずっと歩いて行き、オックスフォードのセンターの東端にある植物園へ。。ここはハートの女王の庭園の挿絵のモデルになったといわれてるところです。


botanic fountain

整備されたお庭が、女王の庭園っぽいでしょ。歩いていると、垣根から女王様たちが出てきそうな…。

しかし、行ったのが2月なので、庭園は白バラ赤バラどころか、枯山水状態。なのでこの春にお花いっぱいの庭園を見るべくリベンジを計画中。




cheshire tree

チェシャ猫がいそうな木を発見。残念ながらここにはいなかった。


次に行ったのが、植物園の道を挟んで向かい側にあるマグダレンカレッジ。(モードリンカレッジ?)

2回目のオックスフォードで、ケンブリッジも行ったけど、大学の中を見学するのはこれが初めて。でも思ったのが、もっと大学見とくべきだった! 現在ももちろん学生たちが学んでる大学ですが、大学のキャンパスがこれだけ歴史がある古くて素晴らしい建物なんてうらやましい。古い教会好きの私ですが、大学の建築も似たような感じなので、見ていて楽しかった。

Magdalen college




bambis

ここには、鹿園があり、アリス・リデルがよく見に来ていたそう。それが「鏡の国のアリス」に出てくる小鹿と一緒のシーンのヒントになったといわれています。

しかし、今回鹿たちは真ん中にかたまって動こうともしませんでした…。


さて、今度はクライストチャーチのモードカレッジや植物園から伸びている川をクライストチャーチ方面へ上っていきます。

ルイス・キャロルがアリス3姉妹と川上りに出かけ、その最中にボート上で話した即興話が「不思議の国のアリス」の原型になったといわれています。

その午後のことを「金色の午後」と呼ぶそうです。

こんな気持ちのいい午後に土手でまどろんでいると、白ウサギが出てきそう!!

riverside

土手の周りには大学生がいっぱい! ピクニックしていて楽しそうでした。学生ならではの時間…。いいな、こういうの。




golden afternoon

まさしく金色の午後。最近のベスト・ショット。



さて、お待たせしました。ステンドグラスの正解です。

answer

ステンドグラスの右上端。井戸を囲む3人の女性たち。
これが、イカれたお茶会の中でやまねが話す「糖蜜の井戸に住む3人姉妹」なんだとか。

…わかるか!!!

普通に、井戸を囲んでる人たち、じゃないのかなあ。あとから話を後付けしたんじゃ…。
ちなみにこの糖蜜3姉妹、アリス3姉妹をもじった名前だそうです。

まだまだ続く、オックスフォードの旅、お楽しみに!


↓次回はオックスフォードの町中とアリスカフェとお店を紹介!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもここには載せない旅の写真を載せてます!



*tabi memo*




Where to See

The Botanic Garden 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/299-22e19a37