上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30, Jul, 2007 Bolshoi Ballet at London Coliseum
Le Corsaire
Le Corsaire
海賊

Choreography by Ratmansky and Burlaka after Petitpa
Music by Delibes, Pugni, Drigo, etc


ボリショイバレエ団のロンドン公演の初日、海賊を見てきました!

あらすじは、海賊が立ち寄った港町で奴隷としてパシャに売られようとしている美人に一目ぼれ、パシャから奪ったり奪い返されたり仲間に裏切られたり。結局また奪い返したところで今度は嵐で船が転覆、命からがら助かってハッピーエンド、という結構踏んだりけったりな話。

ストーリー性がないため、コンサートなどで抜粋だけがよく上演されてきました。有名なのが、「くるくるくる…車を売るならユー○ス!」のCMで流れていたもの。あれです。(あれって関西だけなのかな。)

近年ではいろんなバレエ団で全幕が復元されて目にする機会も増えてきていますが、やはりこの作品の見所は全幕にちりばめられている、高度な技術のダンス。内容のなさにもかかわらず今でも絶えず上演されているのは、見所たっぷりのダンスをみんな見たがっているからです。

特にボリショイバレエ団はダイナミックで高度なテクニックの踊りが売りのバレエ団なので、海賊のようなテクニックを見せる作品はぴったり。

ラトマンスキーの新版は、その中でもコメディ色を強くし、新たなエピソードも付け加えることで古典を知り尽くした人でも楽しめる内容になっています。実際、私もこんなに「海賊」という話を楽しめるとは思っていませんでした。「ストーリーが生きる作品」としてよみがえった気がします。

今年はロンドン・コリセウムで、うれしいことに学生割引があります! 当日30分前で2階バルコニーの最前列を取ることができました! (学生だと10ポンドです。)皆さん、この機会にぜひ!


こんな作品です。(キーロフ版ですが、振り付けと主役のダンサーは同じです。ザハーロワ&ゼレンスキー)

Cast

MEDORA Svetlana Zakharova
CONRAD Denis Matvienko

GULNARE Ekaterina Shipulina
BIRBANTO Andrei Merkuriev

LANKENDEM Gennady Yanin
SAID PASHA Alexei Loparevich
ZULMA Irina Zibrova

PAS DES ESCLAVES Nina Kaptsova, Ivan Vasiliev

DANSE DES FORBANS Anna Rebetskaya,
 Anna Balukova, Anastasia Meskova, Georgy Geraskin, Alexander Vodoperov,


PAS DE TROIS DES ODALISQUES Anna Nikulina, Ekaterina Krysanova, Natalia Osipova

GRAND PAS DES EVENTAILLES Artem Shpilevsky, and artists of Bolshoi Ballet

結論から言って、ラトマンスキー版、面白かった!!

正直言って、海賊は話がつまんないし、ロシアバレエもそんな好きじゃないので行くかどうか迷ってました。

それがこの舞台は従来のものに沿ってるわりには、全編にわたってコメディ色を強くしていて見ていて楽しいし、3幕は見たことのないエピソードで何が起こるんだろうとわくわくしたし、何よりも海賊のダンスがロシアスタイルとあっていてすごくよかったのです!! では順を追って。

一幕冒頭は、街の雰囲気が生き生きと描かれていて、メドーラとコンラッドの出会い、パシャが出てくるまでスピーディに流れていきます。あっという間に最初のパ・ド・ドゥシーンへ。ラトマンスキー版は、奴隷商人はおじいさんで、コミカルに描かれています。メドーラとのやり取りもなんだかおじいちゃんと孫という感じでかわいらしい感じ。(メドーラはLankendem’s Ward(被後見人)となっているので、本当にそれらしい設定なのかも。)

最初のパ・ド・ドゥ、一般的にはグルナーラと商人が踊ってますが、普通にとある奴隷のパ・ド・ドゥとして、グルナーラとは別人として出てきます。これがややこしくて、こっちはもちろんグルナーラとして見てるんですが、よくよく見るとグルナーラとこのパ・ド・ドゥPas de esclavesは別もの。当然こっちはグルナーラと思って見ていたのに、いつまでたってもPas de esclavesらしきものが出てこない。全幕見てからやっとこれがPas de esclavesで、カプツォーワが出ていたんだとわかりました。

この版では、売られ行く奴隷娘がしんきくさく踊るということはなく、パシャを迎えるために華やかに踊ってるという感じで好感が持てました。(冒頭は、リズム感のある導入部分だけを使い、ゆったりとしたアダージオはカット。)冒頭で最初のビッグナンバーだからか、それともグルナーラかどうかに気をとられていたからか? そんなに印象に残った二人ではありませんでした。もちろんそつなくこなしていましたが。

そしてメドーラの登場。もうすっかりボリショイの看板娘となってしまったザハーロワ。去年はシンフォニー・イン・Cのみを見たので、全幕を生で見るのは初めて。小さくてきれいな顔、細くて長くてしなやかな手足、おまけにテクニックまですごいなんて、世の女性にけんかを売っているかのようなスーパースターに、すっかりめろめろになってしまいました!! 私はロシア独特のアームスがあんまり好きではないのですが、彼女のはそんなに気にならない。それよりも他が(特に足が)完璧すぎ&華がありすぎてかき消されてしまうのだと思う。華がありすぎというのは本当で、コンラッドのマトヴィエンコもテクニックがあって顔もかなりいけてるダンサーなのに、そんなに印象に残っていないのです…。きっとザハーロワばっかりに目がいっちゃうからだと思うのですよ! プリンシパルになるべくしてなった人。こんな人がコールドにいてちゃ目だってしょうがない。

さてなんやかんやあって、ランケンデムごとメドーラをさらった後、海賊たちの踊り。このキャラクターダンスはあんまり好きじゃなかったんだけど、やっぱりカンパニーで色が違うのか、このボリショイ版は最後まで目が話せないほど楽しめました。ダイナミックなロシアスタイルとぴったり合っていて、これを見てロシアバレエを好きになったほど。某バレエ団ではなんだかごちゃごちゃしていてつまんなかったナンバーが、みんな生き生きと踊っているし、ステップの一つ一つが力強くて飽きることなく見れました。

1幕2場。(通常は2幕なのでしょうか? 洞窟の場面。)最初はビルバントを含む鉄砲の踊り。これも前述と同じで、キャラクターダンスが生きていてとてもよかった。そしてお待ちかねの有名パ・ド・ドゥ。ラトマンスキー版はアリがいなくってコンラッドとだけ踊ります。私はストーリー的にそのほうがあっていると思います。まあ、あのヴァリエーションをビラビラのスカートと長髪で踊っているのを見る違和感はありますが…。でも、踊りとしての大きな違いは、奴隷として控えめに(態度がね)踊るのではなくて、海賊の首領として堂々と派手に魅せていること。音楽にぴったりとあっているのでよかったと思います。メドーラにばかり見せ場を取られていたコンラッドも、ようやくここで本領発揮。でも昔見たドン・キホーテの超絶テクニックほどではなかったマトヴィエンコ。いや、これもやっぱりメドーラがすごすぎたからそう思っちゃうだけなのか…?

ザハーロワは完璧なダンスを披露。アダージオでは長い足をデヴェロッペ、パンシェなどで、これでもかこれでもかと美しいラインをたっぷり音楽を使って180度キープしてみせる。ため息ものです。しかもメドーラの見せ場はこれだけじゃ終わらない。他の版じゃ見たことないのですが、パ・ド・ドゥのあとにブーツに履き替えてキャラクターダンス! プリンシパルがモダン以外でこういうのを踊るのってあまりないだけに、新鮮ですごくよかったです。かわいい踊りで、(ステップが欽ちゃん走りに見えて仕方なかった…)、しかもせりふつき!! 最後に「乾杯!!」(ってロシア語で言ってるような気がします。)と叫びます。観客の意表をついて、劇場でも好評でした。

2幕はメドーラが連れ去られてくるパシャの屋敷。ここでやっとグルナーラの登場です。ラトマンスキー版のグルナーラは奴隷として売られたことにめそめそしている子ではなくって、むしろ開き直って贅沢を楽しんでる明るくてチャーミングな子。パシャの正妻と大奥のごとく女の争いをコミカルに見せる場面もあって楽しめます。正妻は踊る役じゃないので、コールドを引き連れて踊りまくるグルナーラをうっとうしく見るなど、楽しい場面に仕上がっています。

二人の女の争いに疲れたパシャを慰めるために、パ・ド・トロワの登場。ここでありえないことがおきました。コーダの出だしでオケがそろわない!! メロディーがなく、何がなんだかわからないまま一人目の踊りが終わって、ようやく二人目からメロディーが入りました。それでも踊りとそろえることができるなんて、すごいなあ…。一人目の笑顔が心なしか引きつっていたような気が。ヴァリエーションでは、やはりトリを飾ったオシポワ。連続ピルエットのところはピルエットでなくザンレール(ピルエットのジャンプ版)で、最後のピケもすべてダブルで決めて、ひときわ大きな拍手をもらっていました。

そこで新顔メドーラがやってきて、花園のシーン。夢落ちじゃなく現実です。踊る前にコンラッドが助けに来たことを知って、メドーラも機嫌を直して踊ります。大勢のコールドバレエと、花輪などの小道具でちょっと狭い気もしましたが、それだけに白い衣装にたくさんのピンクの花が美しく映えます。シプリナはチャーミングなグルナーラを好演。テクニックも完璧で華がありました。メドーラのヴァリエーションは床にたくさんの花輪や花壇を置いたとっても狭いスペースで踊ります。見ているこっちがひやひやするくらい。踊り自体は普通ですが、それをあのスペースで踊りきったことに拍手、というナンバー。

そのあとにコンラッドが助けにやってくるのですが、ここで助け出して海へ、って話じゃないの!? 意外な展開、コンラッドが捕まってしまいます。まさかここで終わるのか、と本気で心配しました。ここからオリジナルの3幕の始まり。コンラッドを助けるためにメドーラはパシャとの結婚を決意。でもその裏にはグルナーラの入知恵で、結婚式のときにグルナーラと入れ替わるという作戦があったのでした。というわけで、3幕はパキータのような結婚式のグラン・パ。パ・ド・シスとグルナーラも加わって華やかな仕上がり。

そこでようやく、コンラッドが開放。パシャはまんまとメドーラにだまされ、実は結婚した相手はグルナーラと知らされ、コメディチックにいい感じだったのに、やっぱり船の沈没シーンはあった…。あそこで明るくおわりゃいいのに、あのシーンはそんなに大事かな? と、最後の最後で落とされちゃうのですが、全体的には大いに楽しめる作品でした!! まったく見る気がなかっただけにザハーロワのダンスと(こうしてみると、本当にメドーラと女性ダンサー一色の舞台でした…)、ロシアバレエの再発見で大収穫の一日でした。

大収穫といえばもうひとつ。女王陛下を拝顔しました!! バレエの後援をしているマーガレット王女と区別がつかなかったので、隣のおばさんに聞いたら、「マーガレット王女は何年か前になくなったわよ」だって…。はずかしっ。ボックスではなくて普通のお席でご観覧でした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/31-3c5328a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。