上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この2週間はちょいと時間に余裕があるので、ちょっとリラックスムード。

だけど、自分のクラスや勉強、さらには今まで無視同然だった友達づきあいもそろそろ復活せねばならないので、なんやかんや忙しいです。

この日は、これまた超久しぶりにロンドンでの親友とお茶。

彼女は私のイギリスでの語学学校の初日に出会った子で、いうなれば、私のイギリス生活すべてを知っている。

今日は私たちの活動エリアであるブリックレーンに近いところにある、今までずっと気になっていたカフェでお茶。


Nude espresso

見た目がかわいいカフェにはとりあえず入りたい、という女の子独特の欲望があったにもかかわらずずっとスルーしていたお店。


Nude Espressoという名前からしてコーヒーが売り。今日は暑かったので、珍しくアイス・ラテを注文。

でもやっぱり、ホットコーヒーが売りなので、友達が頼んだカプチーノをぶんどってわざわざ写真をぱちり。

espresso

こうやってスチームミルクに絵を描いてくれるとなんとなくうれしい。





cake

お茶しに来たからにはスイーツも忘れずに。ベリーのケーキ。素朴でおいしかった。

紅茶派の私にはコーヒーのよしあしはわかりませんが、おいしかったと思う。


ほかにも、ランチメニューが豊富。今度はランチタイムにきたいな。


inside

閉店間際なので誰もいないけど、週末ともなればいつもいっぱいで人気のお店。平日も人気だけれども、センターにあるカフェのようににぎにぎしていないのがやっぱりこの辺のお店のいいところ。落ち着けます。


この日は弊店までしゃべったあと、彼女の働くバーでシャンペンをおごってもらい、そのあと私の家に行って相方さんも交えてパスタディナー。

相談に乗ってもらいたかったこともあったし、彼女の近況も聞けたし、帰りに寄ったアンティークマーケットではずっと探してたナイスなアンティークボトルもゲットできたし、料理も喜んでもらえたし、とってもいい1日でした!


↓ブラックコーヒーを楽しめる大人の女になりたいぜ。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログにはブログにアップしないロンドンの日常や旅の写真を何気ない一言と。


*london memo*

Where to Eat

Nude Espresso

http://nudeespresso.com/goodfood.htm


View Larger Map
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/337-404b555e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。