先週末は、相方さんの同僚の結婚式におよばれしました。

とっても素敵な招待状には、2枚の招待状が入っており、なんと式と披露宴と別々の日に分けて執り行われるそうで。披露宴のほうは相方さんの都合で参加できないので、せめて式だけでもということで行ってまいりましたが、この式も実は前日の夜からの2日構成!!

二人して、いったいどこから参加すればいいんだろうね、と迷った挙句、本人にお尋ねしたらば、「てきとーに来てよ」と言われたらしく、てきとーでえーんかい!と突っ込みつつも、当日寝坊してしまい、朝9時から始まるというのに、ほんとにてきとーにお昼の12時ごろに到着してしまいました。

したらば、着いたとたんに会場の入り口前で運よく同僚である花婿さんとご対面。実は午前の部は入籍で(区役所での結婚式)、ちょうどこれからヒンドゥー形式の結婚式が始まるところだったのです。グッドタイミング!! 

花婿さんはあとから入場ということで会場に先に入りました。

Gate

中はとってもゴージャスな披露宴会場。日本のような披露宴会場になってますが、黄金ゲートの奥に見える舞台にヒンドゥーの祭壇らしきものがあり、中央左手側に通常の花婿、花嫁、両親様方のお席があります。


なんだかすっごい数の来賓席があり、もしかして席が決まってるんじゃない?とおろおろしていたところ、親切なカメラマンさんが、インド式結婚式が初めてな私たちを察したらしく、「どこでも好きなとこに座っていいんだよー」と教えてくれました。

でもやっぱりいい席は親戚や家族が占めるだろうから、と思い後ろのほうのあいているテーブル席に行くと、そこでもまた親切なインド人の方々が、インド式が初めてなら前のほうに行ってきたら?儀式がよく見えるわよ、と進めてくれましたので前のほうへ移動。

前のほうへ移動してキョドってるところへ新郎が入場してきました。ドラマーを従え、たくさんの友達にかかえられて神輿にのって登場!!

Gloom

さっき会った時も思ったけど、衣装がすんごい豪華!! ぎんぎらぎんです。ターバンからはラインストーンの前掛けがついています。話してたときも式中も何度もかき分けていて、すんごいうざそうでした...。


つづいて、新婦の入場です!

bride

二人の女の子が花をまきながら、友人たちのヴェールのもと入場。こちらもまたゴージャスな真っ赤なサリー! ラインストーンがぎんぎらぎんです。

ちなみに、式に来ていた90%の人がインドの方々だったのですが、女の人はほとんどサリー姿。やっぱりみんなきれい!! とにかくぎんぎらぎんのスパンコールやアクセでキメるみたいですが、私的には年配の人のほうがセンスがあると思いました。色の選び方とかがスマートできれい! 逆に若い子はどピンクとかど水色とか派手な色が多かった。。。


式は披露宴のように、司会者がマイクで「新郎新婦に盛大な拍手を!!」とかいうのが入りながら進められていきます。二人が舞台についてからは、ヒンドゥーの司祭みたいな人が(普通の服着てたけど)マイクをもって、この儀式はこうこうこういう意味で、と説明しつつ、ヒンドゥーのせりふを言いながら式が進められていきます。ただし訛りがあり、早くしゃべるので私はほとんど聞かず、(どこから英語でどこからヒンドゥーかわからなかった)席に添えられたしおりみたいな小さな本にすべての儀式の説明が書いてあったのでそれを追っていきました。


最初は花輪の交換から。

exchange rings

指輪じゃなくって花輪を交換です。




Ganesha

いっぱいいるヒンドゥーの神様のなかで、今回あがめられたのは象の顔を持つガネーシャ。




Holy fire

スカーフを結ぶことで夫婦の絆、家族としてのつながりを結んだり、聖なる火の周りを回ったり、その火の前でガネーシャに七つの誓いをしたりして式は終了。

最後は友達、親戚類が祭壇上の新郎新婦にお祝いしに行きます。一体どうすりゃいいんだかわからなかった私たち。長蛇の列に一時あきらめモードだった私たちですが、どうやらもう食事が運ばれてきて新郎と話す機会がないかもしんないと思って、インド人だけの列に参加しました。

祭壇では新郎新婦がそれぞれスカーフを風呂敷の様に持っており、そこにお金を入れていきます。いわゆるお祝儀。だけど値段は5ポンドとかでいいそうで、私たちも持っていたお札を入れてきました。そこで写真撮影!


このあと新郎新婦とは話す機会がなさそうで、延々宴会が続きそうだったので、ほかに知り合いもいなかった私たちは退場させていただきました。


しかし、最初からてきとーだったけど、式中も皆さんてきとー。式中、みんなずーっとしゃべってるし、(小声じゃなくて普通に)立ち上がって知り合いに挨拶してるし、会場外に置いてあるフルーツとか取りにいったりしてるし、子供は走り回ってるしで、神聖な感じはあんまりしませんでした。しかもたくさんの席を用意しておきながら、空席が目立つ!! 半分ぐらいは空席でした。みんなほんとに後からてきとーに来るんだろうなあ。


wedding cake

私たちが退場したあと、インド料理が振舞われていました。そしてこのウェディングケーキ! ...披露宴は2週間後にホテルであるというのに、今ここでこれをやったら披露宴はいったい何をするんだろう?? と興味津々。

とにかく、初のインド式結婚式、楽しんできました!



↓私もサリー着ればよかったなあ。
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログにはブログにアップしないロンドンの日常や旅の写真を何気ない一言と。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/338-541de4d7