上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間はちょっとさかのぼりますが、ロンドン・エレファントがオークションのため集合したときに、最後にエレファントたちを見に行ってきました。

場所はチェルシー・ロイヤル・ホスピタル。

Chelsea Hospital

古い建物と緑の多い広大な敷地が、療養するにはぴったり、の素敵な場所。目の前はテムズ川です。


その広大な敷地に。。。

Chelsea Hospital

いましたいました、ずらりと並ぶ象たち!!





Chelsea Hospital

250体以上の象たちがいっせいに整列。圧巻です。



さて、ここは病院なだけに、看板にはこう書いてありました。

Chelsea Hospital

「象たちは治療中です」。

そう、長期にわたって青空の下がんばってきた象たちが、オークション前に全快しようと専属医師たちによる治療を受けていたのです。


というわけで、期間中は治療中の象たちを見かけることができました。

Nursed

専属医師=アーティストたちによって、手直しされる象たち。青空のもと雨風にさらされていたので、オークションにかけられる前にケアを受けます。





Nursed1

こちらは二人がかりで。

治療中の象たちに、鑑賞に来た人たちも興味津々。アーティストとおしゃべりしている人たちもいましたよ。

それにしても、外にほったらかしにされてた割にはそんなに荒れ果てた象たちはいなくて、ほっとしました。いたずら書きとかされるんじゃないかと思われましたが、よかったです。





Care

ホスピタルにはもちろん看護師さんたちもいます。看護師さん=スタッフさんは象たちをきれいに拭いてあげたり、ケアに余念がありません。





School Girl

しかし、250体すべての個性的な象たちが並ぶと、そこはまさに青空美術館。近所の学校の子供たちもそろってお見舞いに来ていましたよ。


残念ながら、宝石などで飾られた象たちは集中治療室にいるらしく(?)見かけることができませんでした。(むしろそれらが目的だったのに...。)

なのでコンプリートはできませんでしたが、90%は見ることができたと思います。

まだまだフォトブログで連載中です。連載が終わったらフォトアルバムのほうに一挙載せたいと思っています。

でも、本当にいろいろな象たちを見つけるのは楽しかったな。来年もやってほしいです。



↓アジア象を救おう!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

ロンドン・エレファントでロンドン観光!! いろんな象をロンドンの景色とともにフォトブログで連載中です。現在110匹発見!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/341-9af646d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。