お待たせしましたー!

今日はウェディングドレスを求めてさまよったお店を一挙公開します!

最初は地味婚予定だったので、ドレスを着るつもりはなかったのですが、
やっぱり一生に一度ですもの、(おそらく)、
これを逃したら一生白いドレスを着る機会なんてない!
と思い立ち、着ることに決めました!

さあ、着ると決まったら、やっぱヴィンテージでしょ。

イギリスではホテルでのウェディングのパックみたいなものがないので、
ドレスも自腹で購入する場合がほとんどです。

しかし、まっとうなブライダルショップで購入しようものなら、
その額は最低でも10万円ライン。
そんなお金は到底出せないし、てゆーかむしろ、一生に一度しか着ないのにそこまで出したくない。

イギリス人の方にも聞いたら、
絶対にウェディングガウン
(胴部分ががっしりしてたり、バニエが着いてたり、すそが長かったり、
とにかく「ドレス」ってかんじのもの)
よりも、普通に普段のパーティーとかでも着れるドレスにしなさい、といわれました。

友達の勧めで、自分にどんなスタイルのドレスが合うか見るためにも
ブライダルショップでの試着をすすめられ、1,2着見てみたのですが、
やっぱりガウンはしっくりきませんでした。
大きな教会でやるならともかく、うちは小さいホールで、その後そのままパブへ行ったので。


それからは1ヶ月間、ヴィンテージショップを渡り歩き。
素敵なヴィンテージのブライダルショップも見つけたのですが、
やはりブライダルショップではお高く、しかも1ヶ月では期間が短すぎる、と断られました。
(ドレスはヴィンテージでも、お直しが入るからです。)

しかも、結婚式の2週間前に、なんとブライダル・ヴィンテージ・フェアがあるというではありませんか!!

これを逃さない手はない!!
しかし、残り2週間、もしそこで見つからなかったらどうしよう...。

という葛藤がありつつも、結局ここで理想的なドレスにめぐり合いました。

それがこちら!

dress

クリーム色で、素朴な感じがとってもよい感じ。
一目ぼれだったのですが、ちょうどそのとき、他の人が着ていたのです...。
それを横目で、いーなーいーなー、と思いながらもチェックしていると、
なんと彼女が別のドレスを購入。即、手に取りました!

サイズもぴったり。世界でただひとつのヴィンテージなのに、これって奇跡的。
他のドレスと最後まで迷いましたが、これにして正解でした!




me

着るとこんな感じです。
トップの部分はレースのシースルーで、ベージュを下に着たのでレースが見えていい感じです。

70年代のドレス。
思えば、母が結婚したときと同じ年代のドレスなんですねー。




back

後ろはリボンで結ぶようになっています。

大満足のこのドレス、なんと300ポンドなり~!


こちらの素敵なドレスは、ブライダル・ヴィンテージ・フェアに来ていたこちらのお店から。

Heavenly Vintage Brides
http://www.heavenlyvintagebrides.co.uk/index.html

Ruffledにも出てきそうな素敵なヴィンテージ・ウェディングドレスがたくさん!
フェア以外では店舗はなく、オーナーさんとコンタクトして自宅で試着、ということになります。



ブライダルフェアはこちら。

The London Vintage Bridal Fair
http://www.londonvintagebridalfair.co.uk/

たくさんのヴィンテージドレスたちにうっとり!!
ドレス以外にも、ヴェールやイギリスでフォーマルなパーティー用の帽子、
バッグなどの小物類、ジュエリーなどのほか、
披露宴で活躍するジャズシンガー、カップケーキ屋さん、
アリソンのシルエットのブースも出ています!

不定期の開催ですが、来年の春にまたあるみたいです。
Hammersmithのヴィンテージフェアと同じけいれつみたいなので、
そちらのカレンダーとあわせてチェックしてみてくださいね!

Hammersmith Vintage Fair
http://www.pa-antiques.co.uk/index.html


あれ、なんかすっごく長くなっちゃったので、
ヴェール&小物編と、気になるヴィンテージショップのアドレスは次回に!


↓次回こそ! 
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもコッツウォルズの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/364-2b3093ce