上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、コメントありがとうございます。
ご心配をおかけしてすいません。
たいしたことはないのですが、吹っ飛んだショックで全身に筋肉痛みたいな痛みが。
擦り傷も地味に痛いです...。

せっかくの残り少ない主婦生活、(月末には仕事復帰)
クラスにいきまくって体のなまりを取り戻そうと思ったのに、家で療養を余儀なくされてます。

でもまあ、この機会にたまっている記事を書いてゆこう。
きょうはウェディングのランチをしたガストロパブをご紹介。


ガストロパブとは、食事に力を入れているパブのことです。

たくさんの外国食文化が入ってきたことで窮地に陥った「まずい」イギリス食文化。
それに対抗しようとイギリス料理は見直され、
今はモダン・ブリティッシュという新たな分野も確立し、
いまはイギリスの食事=「まずい」とも言い切れなくなってきました。


The Duke of Cambridgeはそのモダン・ブリティッシュの代表格。
伝統的なイギリス料理に地中海料理のエッセンスを加えており、
その見事な料理で数々の賞を受賞しています。
素材がすべてオーガニックというのも魅力的。

Outside

外は一見普通のパブですが...。





Counter

中は飲むお客用の小さな卓テーブルが多い普通のパブとは違い、
落ち着いて食べれるどっしりとしたテーブルばかり。

食事時にはこのすべての席がいっぱいに。
大きいテーブルが多いので相席もあります。
座りきれない人たちがカウンターや外で飲むこともしばしば。

すべての椅子がばらばらでヴィンテージチックなのもつぼです。



Sun roof

私たちはこの奥の席を会場としてお借りしました。
天窓から光が入ってとても明るくていい感じなのです!
こちらは普段は予約客専用です。


さて、お待ちかねの食事ですが、
残念ながら、ウェディングのときの食事は撮り忘れました!!(なんてこと!!)
それも、肉、魚、ヴェジタリアン用、と、
スターターとメインともに3種用意してくれる心遣い。素敵です。

今日は打ち合わせに行ったときのランチと、
結婚後に相方さんと出会って1周年記念のランチで訪れたときのメニューを。


tomato soup

こちらはトマトとマスカルポーネのスープ。
濃厚なトマトスープがマスカルポーネで和らいだ口当たりに。
ついてるパンもおいしかった!




Chicken

こちらは結婚前に行ったときの夏メニューから、チキンのトマト煮込み。
チキンがほろほろでとても美味!





risotto

こちらは先日行ったときの冬メニューから、マッシュルームのリゾット。
ロケットいっぱいでヘルシー。





pasta

こちらも冬メニューから、サーモンとローストパンプキンのバジルペーストパスタ。
バジルとパンプキンとサーモンなんて、意外な組み合わせだと思ったけどとてもおいしかったです。


デザートもおいしそうなんですけど、
ここへ来るといつもメインでおなかいっぱいになってしまって、
デザートへたどり着くことができません...。
(それほどボリュームたっぷり!)

しかし、ウェディングではしっかり、ウェディングケーキを注文させていただきました。

cake

ウェディングなので、白いクリームにベリー類で飾って...と言ったらこんな風になりました。
白くクリームで白っぽいケーキがほしかったのですが、まあかわいいからいいや。

人形を乗せたら、なんだか森の中のお花畑みたいな感じで素敵です。

肝心の中身のケーキもとてもおいしかったですよ!
伝統的なイギリスのケーキしかできない、といわれたのですが、
予想を覆すふわふわの、しかししっとりしてしっかりとしたチョコ味のスポンジが、
甘さ控えめのクリームとマッチして本当においしかった!
(甘さ控えめなのってイギリスにしちゃめずらしいんです)

50人で分けたので一人分がかなり少なかったのが残念。
なのでまたこのケーキを食べたいけど、普段のメニューには入ってなさそう。


普段のメニューも、季節ごとに仕入れる素材を買え、
メニューも日替わりなので行くたびに新しい発見があるのもうれしいです。

ちなみにワインも相当良いセレクト。
私たちはワインはからっきしなので、ソムリエの卵の友人にチョイスを頼んだところ、
どれもとてもいいワインだとお墨付きをいただきました。
もちろん選んだワインも、ワインにうるさい相方さんのお父様をうならすほど。
こちらも季節ごとに入れ替えがあるので、食事と一緒にワインも楽しめますよ!

スタッフもとてもフレンドリーでみんな愛想良くて素敵です。
私たちのウェディングには、フランスからのゲストを考えてか、
わざわざフランス人のスタッフを当ててくれたのもうれしい心遣い。
サプライズの飾りつけも手伝ってくれたり、本当に感謝です。

イギリスに来た際は、ぜひこちらで新しいイギリスの味に出会ってみては?


↓こちらのパブからはレシピ本も出版されてますよ~!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもコッツウォルズの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!


*london memo*

Where to Eat

The Duke of Cambridge
http://www.dukeorganic.co.uk/index.htm


View Larger Map
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/368-b74c983a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。