上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は水曜日にフルで働いた代わりにお休みをもらいました。

平日にお休みなんてめったにないので、この機を利用して前からのぞいてみたかった私の近所のアンティークマーケットへ行ってきました。

Bermondsey Antique Marketバーモンジー・アンティークマーケット
地元だからと侮ってましたが、結構人がいましたよ…。

現在外装工事中。

私の家から歩いて10分ほどで到着。

野外かと思ったら、雑居ビルの中でのマーケットのよう。
現在ビルは工事中で、一階部分にいろいろストールが出てました。
思ったより広いっ!

違う部屋にもあるんです。



扱っているものは主に銀食器や陶器、アクセサリー。ガラクタもたくさん!! 本や絵もちらほら。古着類はありませんでした。
値段は見たところピンきり。あんまり買い物欲が沸かなかったので実際に値段を聞いたりはしてませんが、結構お手ごろ値段が多そう。かわいい箱とか5ポンドだったり、アクセサリーも10ポンド前後と、まあ普通のマーケットの相場、もしくは以下という感じ。でもチラッと耳にしたお店では700ポンドとか聞こえた!!

がらくたいっぱい。


おじさんの店。お店の人たちはポートベローより気さくな感じがして好き。
とあるお店でアンティークのびんを見つけたのですが、おじさんが、「これは50年代に僕らが髪を整えるのに使ってたクリームが入ってたんだ」と説明してくれました。それを聞いて、以前からアンティークを売ってる人たちってどうやって生計たててんのかな、って思ってたけど、(だってどう見てもやってけないもん…。特に小さな店では。)やっぱりこういう思い入れがあるからこそやっていける職業なんだなーって思いました。古いものを大切にするっていいことだな。




あとびっくりしたのは、意外に日本人が多い!! 結構いてびっくり。ツアーか何か? それとも何気にこのマーケット、その筋では有名なんでしょうか? 看板にWorld Famousって書いてあるくらいだからな…。

今日の私の収穫はというと。そんなに食指を動かされるものはなかったんだけど、気になった絵本とこのリボンの値段が激安だったので即購入。ウクライナ絵本(英語文つき)1ポンド、チロルリボンは50pでした。

本日の収穫。


いったいこれをどうするというのでしょう…。まあいつか役に立つ日が来るやろ。来たるべき「Mad Antique Shop」オープンの日まで。
このお店にはほしかったほうろうの足つき器もあって迷ったんだけど、あまりに古すぎたのであきらめた…。またのぞいてみよう!!


*tabi memo*

How to Get There

Bermondsey Antique Market
毎週金曜 朝4時から昼の12時まで
The market is located at the junction of Long Lane and Bermondsey Street.
London Bridge (NR, Northern, Jubilee Line)
Bus Routes 47, 78, 142, 188, P11
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/39-33de5035
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。