上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もいよいよ終わり!

2010年は私にとって、人生最大の転機の年となりました。


やはりなんといっても、
出会って一年も満たない相方さんと結婚し、ヨーロッパ定住を決めたこと。

寸前まで本気国する勢い満々だったので、大きい&短期間で決めた決断でしたが、
相方さんの頭に「別れる」という選択肢がまったくなかったのが決め手で、
今もこの判断は間違ってなかったなと思います。

運命の出会いとかは思いませんが、本当にいい人に出会えて、
その人が自分を想ってくれて、ラッキーだと思います。



が、しかし!

なんと今年最大、いや人生最大のイベントはこれだけにとどまらず。


結婚2週間後に胸にしこりを見つけ、
検査の結果、それが乳がんであることが判明しました。

いやー、ジェットコースター並みの人生ってほんとにあるのね!
結婚してやっと落ち着いて、私の人生これからだわってときに!


でも幸い、かなりの初期段階なので、大丈夫そうです。

しこりを見つけたときはかなりショックを受けましたが、
見つけてからがんを告知されるまで、
いろんな人に励まされ、自分なりにも落ち着いてきて、
がんと告知されてもそんなにショックではありません。

そんな自分にびっくり。

もしも自分ががんだなんていわれたら...

「私...もしや『余命一ヶ月の花嫁』…!?」

とか、悲劇のヒロインぶっちゃうかと思いましたが、

あら不思議、死ぬ気が全然しないでやんの。

もちろん初期段階なので、しこりがある以外は超元気なので当たり前なんですがね。

がんは治療のほうが大変だと聞きますし、
私もこれから化学療法が待っています。
どんな副作用があるかわかりませんし、
新婚だというのにこれから5年は妊娠することができません。
治療が終わっても、妊娠できなくなるかもしれません。

たぶん、つらいのはこれからでしょう。

それでも今まったく悲しくなく、幸せだと感じられるのは、
ひとえに支えてくれる家族、何よりも相方さんがそばにいてくれるからだと思います。

不幸中の幸いとはまさにこのこと!
がん発見前に結婚してよかったー!
治療前に受精卵を作っておくのでこれで不妊問題は大丈夫。

それに、日本にいる家族や友達には申し訳ないけれど、
ロンドンでの治療は私にとっていい環境です。

治療はほぼ無料だし、病院のスタッフたちはとてもサポートしてくれるし、
職場での対応もフレキシブル。

妊娠できないのは今はかまわないのですが、
やっぱり赤ちゃんは将来ほしいと思っていたので、
そうなると、ほとんどの友達が子育てに追われている日本と比べ、
ほとんどの友達が独身のロンドンだと、気分がやっぱり楽です。

妊娠の件はほんとにショックではないんですけどね。
相方さんとは出会ってまだ一年なので、
結婚しても2,3年は二人きりでいたかったし、
それが2年そこら伸びただけなので、
いい機会なので5年の間に旅をしまくろうと思います!!
(そう決めたらなんかわくわくしてきた!)


そういうわけでして、ちょっとショッキングなお知らせをしましたが、
私はいたってポジティブで元気ですので、どうぞご心配なく。

化学療法の恐怖も今のところはなく、
毛が抜ける前にそっちゃおうかとか、どんなウィッグにしようかなーとか、
もうちょっと神妙になれ、と突っ込まれそうなほどにあっけらかんとしています。


そして、ここでがんのことを告知したからといって、
このブログが闘病生活をつづるブログに変わることはなく、
今までどおりかわいいお店や楽しいロンドン生活を語っていきますので、
(ネタぐらいには出すかもしれませんが)
どうぞ皆様、今までどおりのぞきに来て下さいね!


2010年、結婚、移住、がん発見、
他にも、自転車にひかれたり、その他もろもろいろいろあって、
ほんとにジェットコースターのような一年でした。
この年は忘れることはないでしょう。

それでは、
...って、もう日本は新年でしたね!

明けましておめでとうございます!!


Happy new year
and wish you great 2011!!!!!!



2010 new year jump!



↓女性の皆さんは、今ここで、乳もんでください!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/403-e1bf6471
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。