上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久々に何もない1日!!
(私は療養中だというのに、なぜこんなに忙しいのでしょう...)

午前中は学生時代の友人と、やっとのことでスカイプ!!

超~~~~~~~~~久々の会話にずいぶんと長スカイプしました。
楽しかったね~、Tちゃん!!

そのあとお昼ごはんの材料を買いに行くついでに、
家の近くのブロカンテ・マーケットへ。

ほんと、家が近くてうれしいこのマーケット。
最近は朝働いていないので、午前中にものぞけるようになりました。

やっぱりマーケットは朝に行くべきと痛感!!
このマーケット、私は好きなんですけど、
実はそこまで目立った収穫はなかったのです。

でもやっぱり朝は品数が多いし、私好みのものもたくさん!!
オサレ女子もたくさんうろうろしていました。

とかいって、別に何も買わなかったんですけどね。
でも今度機会があったら、朝一にのぞいて見たいと思います。


さて、今回の収穫は写真。
買いたいものはいっぱいあるけど、全部買っていたらきりがないので、
(つーか買えないし、)
写真で我慢するのです。

doll 1

古いものは見てるだけで楽しい。





doll 2

過去のいろいろなスタイルが見れるし、





toys

持ち主のストーリーも聞こえてきそう。





white horse

だから私は、別に買うものがなくても、
蚤の市に足を運ぶのです。





dolls

その素敵な古いものたちを写真に収めるために。


と、いいましても、私の今までの蚤の市での写真は、
実は隠し撮りがほとんどです。

マーケットで写真を撮っていると、
何もいわれないときもありますが、
ごくたまに、ものすごい形相で追い払われるときもあります。
(特にパリ。と、ロンドンのエンジェル。←知っている人は知っている。)

お店なんかだとやっぱり写真は禁止されてることが多いので、
(アンティーク店だけじゃなく、普通のお店でもね)
お店の人にばれたらやっぱり断られるだろうなあ、と思ったので、
どうしても撮りたい私は、ずっと隠し撮りしていたのですが、

最近気づいたのですが、一度断りを入れると、
けっこうみんな朗らかに受け入れてくれたりします。

ここ最近、特にイギリスでなんですが、
イギリス人は日本人と同じでけっこう壁を作るタイプと思っていたので
だめなもんはやっぱだめだろう、と思っていたのに、
「断ってくれたら、別にいいのよ~」
といったかんじで、わりとすんなりOK頂いたり。

やっぱりそこは、日本人と同じく礼儀を重んじるイギリス人、
断りなくいきなりシャッターをきられるのが嫌なだけかもしれませんね。

というわけで最近は、写真を撮る前にディーラーさんに一言声をかけるようにしています。



brown horse

今日のこちらのディーラーさんのように、
隙なく、まるでインテリア雑誌のようなかっこよさげディスプレイのところは、
そのセレクト、ディスプレイにこだわりがあるので写真お断りのところが多いので、
絶対だめだろうなあ、でも撮りたいなあ、
と思ってだめもとで声をかけたところ、案外すんなりオッケーだったので
とても気持ちよく写真が撮れました。

ありがとうございました。
Thank you so much!!!!!!!!


↓でも恥ずかしがりやだから、たまに隠し撮りも...
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログでもアルザスの写真をちょっとずつお届け。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/421-463736cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。