上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、マーケットめぐりはひとまずお休みいただいて。
忘れたころにやってきた、フラットの話。
なぜ急に復活したかといいますと、今私のフラットはメンバー総入れ替え中なのです。

そんなわけで前回も予告したとおり、今回はいかにいいフラットメイトとめぐりあうのが大変か、という話。
というより、とあるフラットメイトのエピソードをご紹介。
私のフラットは5部屋。そのうちひとつは大きなツインルームなので、実際は6人シェア。
大家は韓国人の大学生。大学生が大家?とお思いでしょうが、これがこちらではポピュラーな留学生の収入源だったりします。この話はまた今度。
彼女がシングルをひとつ所持し、もうひとつを彼女の友達の韓国人が、もうひとつを中国人が、そしてツインをドイツ人とイタリア人がルームシェア。

その前のフラットでは、カップルと私だけの3人だけで使っていたので、とっても使いやすかった。移った理由はお金を節約するためと、カップルよりもシングルの人たちとシェアしたかったこと。フラットメイトのカップルはすごく良くしてくれて大好きだったんですが、やはり私とカップルの3人だけだと気を使う…。気を使わなくっていい、といってくれるんだけど、やっぱりね。特にお友達をご招待されたときなんか。リビング使えなかったり、ディナーのときなんかキッチン使えなくて困ったもんでした。(ダイニングとキッチンが同じ部屋だったから気を使って。)

そこで友達が紹介してくれたこのフラットに引越し。実は引っ越す前に散々探したのだけれど、ぜんぜん見つからず。フラットメイトが少々問題ありと聞いていたのですが、即決してしまったのでした。

問題ありのフラットメイトというのは中国人。彼女はちょっと常識がないらしい。同じ服を3日着て捨てて、新しいのを買うとか(だから彼女は洗濯機を使ったことがない。たぶんお金持ち。おしゃれさんです。)以前友達の部屋に勝手に入ったとか…。(注意したからもう大丈夫って言ってたけど…。)でもまあ、挨拶程度で浅いお付き合いにしとけば大丈夫だろうと思ってた。

確かに彼女と関係がこじれたことはなかったのですが、どうしても我慢できなかったのが彼女の生活態度。お皿を洗わない、掃除しないのは日常茶飯事。そして何よりも部屋がものすごかった。
ゴミ屋敷そのもの。ドラマでやっていた「のだめ」。あの部屋が見事にリアルに再現されていたのでした。ある意味ドラマのほうがまだきれい。
というのは、以前彼女が窓を開けっ放しにした夜に強風が吹き荒れ、窓ガラスが割れたとき、彼女がその夜帰ってこなかったので私がまだ開いている窓をガムテープで固定しに行ったのでした。
そこに広がっていたのがのだめ部屋。思わず開けたドアを閉めました。目を疑うとはこのことだ…。恐る恐るあけてもそこには本当のゴミ部屋が。ブルーのカーペットは彼女のオ●ム真理教の女性信者のような長い髪で黒くなってるし(てゆーかその床もほとんどゴミで見えないし)、ダブルベッドの5分の4はゴミで埋もれてる。挙句の果てに食べ物が床に!! しかも腐ったりんごが!! うぉい!! ねずみが以前出たこともあってこういうのはほんと耐えられないのです。腐ってるからすでに!! 捨てよーよ!! もう食べれないから!!

そんな中華のだめにも彼氏ができた!! これがびっくりするほどかっこいいEnglishの彼氏。最初のうちは彼氏の家に入り浸って帰ってこなかったのだめ
やったーーーーーーーーーーー!!! と、フラット仲間全員で喜んだのもつかの間、3ヶ月ほどしてふらっと帰ってきた。そしてなんと今度は彼氏のほうが入り浸ることに!! 毎日ではないけど、週末必ず来るようになった。泊まりはしないものの、1日中リビングに入り浸られるほうはたまったもんじゃない。
だけど驚きなのはあの部屋に彼氏を呼んじゃうところ。…どこで寝るの? てゆーか、いいの!? あれはOKなんですか!? 
…どうもOKらしかった。彼女いわく彼もずぼらなんだそうな。あの部屋でOKなずぼらレベルって相当ですけど…。私たちが予想するに、たぶん彼氏のフラットメイトからNGが出たんだろう。という結論に収まりました。あのずぼらレベルが二人なんだからさぞかし彼氏のフラットも荒れたはず。

そんな中華のだめもビザの期限が終了し、中国に帰ることに。ぎりぎりまでこちらでの就職を狙っていたみたいだけど、彼氏が香港に転勤になるらしく、彼氏についていくんだそうな。
すばらしい!! あの部屋の汚さを受け入れてくれるイケメンはそう簡単には現れないはず。しかも銀行マンときた。こりゃ、ちゃんと捕まえとかないと!! 同じフラットメイトのドイツ人は、何であんな子にあんな条件のいい人が…と言っていたけど、いやいやいや。彼もどうして、結構くせもの。あれだけうちに入浸っといて私たちフラットメイトには一切挨拶しなかったのだ!! 加えてあの汚さを受け入れる変人ぶり。The best couple, ever!!

その彼女がようやく出て行ってくれると聞いて私たちフラットメイトはほっと一安心。
でも、もちろん彼女は出て行くときまで問題児。まず、あの割ったガラスを弁償しない。ガラス代は普通ならDeposit(敷金)から引かれるところ。が、彼女は窓が壊れていたと主張。だったらそのときに大家に言えばいいのに、と主張したい大家だけど、これ以上彼女ともめるのがうんざりだったらしくDepositも完全バックでそれ以上請求しなかった。
そればかりか、あの部屋の掃除もせずに出て行った。いや、がんばったあとは見られたのですが、どうも間に合わなかった様子…。フライトぎりぎりまで掃除(…というか荷造りでしょう。)を徹夜でやっていたため、隣の部屋のドイツ人は眠れなかったと文句たらたら。
それでも部屋にはゴミの山。いったいここで何が起こったの…?と首を傾げたくなるような、意味不明の木屑やら砂みたいなものが床にまきちらしてあるし、どんだけためてんだ、と突っ込みたくなる新聞紙の山。それらいらないものをすべて散らかしたまま、彼女は中国に帰っていったのでした…。

ああ、これでまともなフラットに! …ところがどっこい。(古。)
なんとおかしなフラットメイトはまだまだいたのでした…。

つづく。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/45-ca7b6cbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。