上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20 March 2011 Sun, ROH Linbury Studio Theatre

Japan Tsunami Appeal Concert



日曜日、ロイヤルバレエの元プリンシパルダンサー、吉田都さんが、
他のロイヤルバレエダンサーと若い音楽学生たちを集めて、
震災のためのチャリティーコンサートを催してくださいました。

実はこの情報、まったく知らず、
日本在住の友人から教えてもらった次第です。

ほんと、私ってロンドンに日本人の友人が少ないなあ…。
こういう機会に取り残されてる、と感じます。

日本人に限らず、バレエでも、
時々ダンサーたちがチャリティーコンサート、と掲げて
たまにガラコンサートをやったりするのですが、
そういうのって知る前に終わってたりします。

皆さん、どこでそういう情報を得ているんだろう??

とにかく、今回は教えてくれた日本在住の友人に大感謝です。
本当にありがとう!!


今回のコンサートは、前半が子供たちの音楽コンサート、
後半がロイヤルバレエメンバーによるバレエコンサート、という形式でした。

子供たちの音楽は、バイオリンやチェロなどの弦楽。
ちょーっと音が安定しないところがありつつも、
(それも子供だからほほえましい)
大勢の観客を前に堂々とした演奏をしていました!

そしてお待ちかねのバレエコンサート。
メンバーは、ロイヤルの日本人ダンサーから、
高田さん、平野さん、蔵さん、小林さん、
日本で生まれ育ったChoeさん、
マーラ・ガレアッツィとエドワード・ワトソン、ヴァレリ・ウリストフが参加してくれました。

本当に突発的なコンサートだったらしく、
演目もグラン・パ・ド・ドゥなんて入らなかったけど、
それでも皆さん素晴らしいダンスを披露してくださいました。


吉田さんも言っておられましたが、
急な企画にもかかわらず、快く手配してくれたオペラハウス、
そしてこの企画にかかわったすべての方にお礼を申し上げます。

素敵なコンサートをありがとう!!


ちなみに、バレエ友達と行きたかったのですが、
急な予定だったので誰も捕まらず、相方さんといってきました。
相方さん、初の生バレエです!!

生バレエもそうですが、日本人がこんなにたくさん集まったところを見るのは初めてで、
(私もそうです!! 観客の約85%は日本人だったのではないでしょうか。)
「日本にいるみたい!」「黒い頭がいっぱい…」「みんな、Tiny!!(やせてて背が低い)」
といっていました。

ちなみに初バレエの感想は、相方さんの好みでは
コンテンポラリーより、やっぱりクラシカルのほうがお好きなようで。
中でも、小林さんが踊ったバヤデールのソロが、
クラシカルだけどエキゾチック、という
従来の「白鳥の湖」みたいなバレエのイメージを覆されたようで、
お気に召していました。


ちなみにロイヤルバレエといえば、
つい先日、「不思議の国のアリス」の世界初演がありました。

Alice in wonderland

「不思議の国のアリス」大好きな私としては、絶対に見なければ!!
と意気込んでいたのですが、
ちょうどその時期に卵子摘出、抗がん剤治療があり、
卵子摘出の日程がはっきりしないのでチケットを予約できず、
(といいつつ、すっかり忘れていたのが本音なのですが…。)
あたりまえですが、チケット取ることができませんでした。

病み上がりの体で当日券にも並びましたが、
惜しくも売り切れ…。
実は今回のコンサートで、ちょっとやってくれないかしら、
とよこしまな期待をするも、外れてしまいました。
次のシーズンにまた入ってくれることを望みます!!


*おまけ

コンサート前に、Waterlooでフードマーケットがあったので行って来たのですが、

その道すがらの橋の上で、
子供たちが日本の被災者の方へのメッセージを募っていました。

message for japan

募金してください、と叫ぶのではなく、
日本にメッセージをお願いします!と叫んでいたのが印象的でした。

ロンドンから、みんな応援していますよ!!


↓プログラム内容と感想は「続きを読む」からどうぞ!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものをPick!
MUSIC CONCERT Pianist Yuki Negishi

Minuet (L.Boccherini) Alice Ashmall-Umebara

Sonata G Minor (G.F.Handel) Saki Uchishiba

Andantino 2nd Movement Concerto No.4, Op.65 (g. Goltermann) Kay Howard-Shigeno

Praeludium und Allegro (F.Kreisler) Henry Ashmall-Umebara

En forme de Habanera (M.Ravel) Daichi Sugimura

Double Concerto (J.S.Bach) Saka Misa, Juri Uchishiba, May Howerd-Shigeno

Cello Sonata 3rd Movement (S.Rachmaninov) Natusumi Sugimura


BALLET CONCERT Pianist Kate Shipway(Giselle, Swan Lake)

GISELLE Peasant pas de deux (M.Petipa after J.Coralli) Akane Takada, Kenta Kura

SWAN LAKE Act2 pas de deux (L.Ivanov) Yuhui Choe, Ryoichi Hirano

QUALIA pas de deux (W.McGregor) Mara Galeazzi, Edward Watson

LA BAYADERE Act1 Solo (Mme A.Maki) Hikaru Kobayashi

Cinderella Act2 pas de deux (Mme A.Maki) Miyako Yoshida, Valeri Hristov


今回は、リンブリーだったのでダンサーたちがとても良く見えたのがよかったです!!

高田さんと蔵さんのジゼルのパ・ド・ドゥ。
さわやかな演技で、とてもほほえましかったです。
高田さんは今回はじめてしっかりとダンスを見ましたが、
スタイルのきれいな方できっちりしたステップも好感が持てました。

最近がんがんソロに抜擢されてますが、まだファースト・アーティストなんですね!!
てっきりソリストになってるとばかり思ってました。
これからも要注目のダンサーですね!

蔵さんは、今回アダージオのみでサポートに徹していたのが残念。
ソロも見てみたかったです。


Choeさん、平野さんの白鳥のパ・ド・ドゥ。
この二人はローザンヌのころをテレビで見ていたので、
感慨深いものがあります…。成長したなあ。

特に平野さんが。といいたいけれど、
こちらもアダージオのみだったのでサポートに徹してました。
それでもノーブルな王子のマイムなど、品がにじみ出ていました。

Choeさんは、現在公演中の白鳥の湖では正式キャスティングされてませんが、
アンダーでオデットに入っていたようで、うれしいお披露目となりました。
一挙一動が本当に丁寧で美しく、オデットにぴったりの雰囲気でした。

ちょっと欲を言えば、私は2幕の最後はアラベスクで終わってほしいタイプなので、
今回のイワノフ版は、ロイヤル版と同じなのかな?
見たのがだいぶ前なので忘れてしまいましたが、
Choeさんのきれいなアラベスクが見てみたかったです。ラストで。

今度は二人をぜひ全幕で!! Choeさんの黒鳥がとっても気になります。


ガレアッツィとワトソンのMcGregor。
正直言って作品はそんなに好みではないのですが、
正統クラシカルばかりの中でのコンテンポラリーの演目はうれしかったです。
特に日本の皆様はクラシカルがお好きなので、
バレエ初めての方には、こんな作品もあるんだ!と知るいいきっかけになったのでは…。
でもうちの相方さんのように、クラシカルファンの方が多めだったみたいなので、
(音楽コンサート出演者のお知り合いの方などが多かったら。)
正直、皆様の反応が気になります。

二人ともキレのある動きで、スピード感があるように見えて
とても丁寧に踊っていたのが印象的でした。
音楽はやっぱりクラシカルのほうが好みなので、
McGregorのクラシカル音楽に振付けたものが見たいなー。


小林さんのバヤデールのソロ。花かごのシーンです。
てっきりだんなさんと一緒に踊るんだとばかり思ってましたらば、
今回だんなさんは不参加でした。残念!

でも今回のソロ、特に冒頭の祈りのダンスは、
コンサートの趣旨にあっていたのではないでしょうか。
冒頭のダンスで被災者の方に祈祷を、
後半の花かごのダンスで応援、なんて。

小林さんは前回ガムザッティにキャスティングされていたので、
ニキヤは意外でしたが、今回の演技で、ぜひニキヤがみたい!!と思わせてくれました。
実はこのシーンは、オペラ座のゲランのドキュメンタリーを見て以来、大好きなシーン。
前半の悲哀あふれる演技、後半はうって変わって生き生きとした表情を見せ、
その切り替わりもよかったですが、もちろんダンスそのものも素晴らしかったです。


お待ちかねの吉田さんとウリストフのシンデレラ。
吉田さんのロイヤルラストのシンデレラはとても素晴らしかった、と友人が言っていました。
そのシンデレラを再び見ることができて幸せです!!

っていってもシンデレラ、わたしあんまり好きじゃないんですけど!
(振り付けというより音楽が…)
でも、やっぱり吉田さんの踊りは素晴らしかったー!
まだまだ全然踊れそうなのに…。イギリスでもう見られないのは残念です。


そんなわけで、短かったですが、
バレエファンにはうれしいコンサートとなりました。
本当にありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/451-d4d44e6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。