上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラットの問題児、中華のだめの帰国が決まってみんなで手放しで喜んでいたところに発覚した、隠れ問題児。

その正体は…



ツインルームを使っていたイタリア人のマリーナさん。



と!!



もうひとり、韓国人の女の子…。



問題児だらけのフラットにすんでました…。
おさらい。
私のフラットは6人住まい。
私と、韓国人大学生の大家(彼しんちに入り浸っててほとんど住んでない。)と、その友人の韓国人の女の子、ドイツ人の女の子、イタリア人の女の人、そして中華のだめ。

ドイツ人の女の子とイタリア人の女の人は、広い部屋を二人でシェアしていたのですが、ドイツ人の子が仕事を決めてお金に余裕が出てきたのでシングルルームを使いたいと申し出て、ほとんど帰ってこない大家のシングルと部屋をSwap(交換)したのでした。

イタリア人のマリーナさんはすごく感じの良い人で、大人の落ち着いた感じだった。
だけどたびたびしゃれにならない不祥事が。
ドアの鍵を鍵穴につけっぱなし、オーブンのスイッチつけっぱなし等…。
一番ひどかったのは、私が夕方に帰ってきてキッチンに立ったとき。
なんかコンロの前があったかいけど? でもオーブンはちゃんときってあるし…と思ってふと見てみると、コンロが、目に見えるか見えないかぐらいの小ささで火がついているっ!!
朝からつけっぱなし…。おそろしい。

…とまあ、これだけでも十分問題児っぽいのですが、さらに上をいく問題ごとがおこった。

それはある日のお昼に発覚した。
いつも彼氏の家から昼間だけ帰ってくる大家。一通り自分の用事を部屋でこなしてさあ彼氏のとこへ、と思ったとき、ふとクローゼットで人の気配を感じた。
恐る恐るのぞいてみると…イタリア人のマリーナさんがいるではありませんかっ!!(何時間もそこにいた…)
「何してんの…?」と、大家が尋ねたところ、マリーナさんはおびえながら、
「誰かが…、誰かが私を殺しにくるっ!!」とのたまった。

え~~~~~…。
ちょっとこのところ情緒不安定気味だったマリーナさん。実はその前の晩もおかしかった。
誰かが殺しに来るという話にしても、ちょっとありえそうにない話だったので、様子を見てみると、次の日も同じ理由で職場を早退。マリーナさんを連れ帰ってきてくれた職場の人に聞くと、彼氏と別れたのが原因でちょっと精神面にキてしまったらしい…。
そんなわけで大家の彼氏(イタリア語ok)に頼んでマリーナさんの実家に連絡。聞いてみると前にも同じような症状が出ていたらしい…。
そんなわけでマリーナさんも帰国決定。

帰国の際にはマリーナさんを病院へ連れて行ったり、彼女の両親を空港まで出迎えに行った大家さんが一番苦労した。(何もそこまで…。と思いますが。大家さんは大変だ。)
ご両親とともにマリーナさんを病院へ連れて行ったときには、事情を説明する大家に、「この女が私の娘をひどくしてるのよ!!」とマリーナさんのお母さんが大家の顔面に手で抑えるなどして大暴れ。
「あの症状は絶対母親から遺伝してる!! もうやだ~~~!!」大家は最後泣きじゃくってました…。

と、こんな人もいました。こんなケースはまれですが。
でもこうやって普通の生活していてもわからなかったんですから、本当に他人とのシェアって大変です。

でも一番気にかかるのがプロパティの共有面。
やっぱり共有スペースはきちんとしておきたいじゃないですか。
それを守らない問題児がまだ一人。フラット一番の古株、大家の友達の韓国人。
いままではのだめがでかい顔をしていたから気づかなかったけど、実は困ったチャンだったのです。
まず、一番キッチンを使って汚す当人なのにまったくキッチンを掃除しない。彼女は毎日キムチスープやらを作って、決まって吹きこぼす…そのあとをふかないっ! キムチのたれを冷蔵庫の中でこぼしまくってもそのまま。
でもそれはまだいいほう。

一番の問題点は、洗濯機。のだめは洗濯機をまったく使わないので問題なしだった。
ところが彼女は彼氏の洗濯物を持ってきてここで洗うわけですよ。
それはまだいい。
彼女はそのうえ、Tシャツ1枚で洗濯機を回しちゃうのです!! それどころかそのあとスイッチを入れたことを忘れてもう一回まわしちゃうのです!!
ありえねー。Tシャツ1枚で洗濯機って!! 手で洗えっちゅー話ですよ。
私は前にいたフラットメイトから「フラットシェアのいろは」を教えてもらっていて、洗濯機は一番電気代がかかると教えられていたのです。できれば週1回ぐらい、とまで言われていたくらいなので彼女の使い方にびっくり。

それともうひとつ驚愕の事実。なんと彼女は私の洗剤を勝手に使ってた潤オ…。けちにみられるかもしれませんが、私はこういうのめちゃくちゃ許せない。声をかけてくれたなら喜んで使わせてあげるのに、黙って使うたぁ…。
それに気づいたときはもう彼女が結婚を決めた後だった。彼女も夢の英国新婚ライフを送るべくフラットを出ることになったのです。
ほんとに彼女が出る2日前くらいに確信したので(大家情報による。彼女はパウダー丸々一箱使われたらしい…)結局その点については何も触れず。
しかし大家とは洗濯機の件はもちろん、その他金銭面でもごたごたが起こったらしく、あまり良い関係には戻れなかったもよう…。

問題児が出て行ってくれるのは本当にうれしいんだけど、唯一まともで中の良かったドイツ人の女の子も、もっといいフラットが見つかってそっちへ移ることに。
こうしてフラットにこるのは私と大家のみになってしまったのでした。
それでもほぼ総入れ替えというのはいい機会。
今までの問題児から学んだことを教訓に、より良いフラットを目指そうと大家はフラットメイトを慎重に選んでくれてます。

いいフラットメイトが来ますように!!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/47-14abfc6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。