上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6, Feb, 2007 The Royal Ballet

Rhapsody
Choreographed by Frederick Ashton, Music by Serge Rachmaninoff

Miyako Yoshida, Jose Martin

Yuhui Choe, Helen Crawford, Victoria Hewitt, Sian Murphy, Samantha Raine, Gemma Sykes,

Ricardo Cervera, Zachary Faruque, Bennet Gartiside, Ernst Meisner, Ludovic Ondiviela, Johannes Stepanek


La Sylphide
Choreographed by August Bournonville

The Sylphide Alina Cojocaru
James Federico Bonelli

Effie Emma Maguire
Gurn Martin Harvey

Two Men Philip Mosley, Richard Ramsey
First Sylph Gemma Sykes
Two Sylphs Hikaru Kobayashi, Samantha Raine

こんな作品です。

Rhapsody(Miyako Yoshida & Sasaki Yohei)



ラプソディーとアリーナ見たさにもう一回行ってきました。残念ながら予定されていたコボーはまだ怪我がよくならないようで降板。本場のブルノンヴィルを見れると思っていただけに残念。

ラプソディーは最初、去年のランデヴーと勘違い。さらに熊川哲也がデュランテと踊っていたど派手な衣装の踊りとも勘違いして、ちょっと最初に拍子抜け。実際はラフマニノフの有名な曲に合わせて踊るロマンティックな作品。

今日のホセ・マーティンはよかった。配役をすっかり忘れていて、後で確認してちょっとびっくり。回転もぐるぐる回ってぴたっと止まり、テクニック的には申し分なし。今回はさらにパ・ド・ドゥがとってもよかったです。アダージオなので男性はサポートに徹していましたが流れるように体を持っていくところなんかがすごくよかった。女性は吉田都。これもあとで確認してびっくり。(知ってたけど忘れてました。)見てるときは外国人ダンサーだとばかり思ってました…。上から見てたというのもありますが、表現力がすごくあったからだと思う。最初のほうはちょっとぎこちないところもありましたが、パ・ド・ドゥからは本領発揮。ロマンチックなムードをしっかり見せ付けてくれました。今までバリバリのクラシックでしか見たことがなかったので、こういうネオクラシック的な作品をもっともっとロイヤルにいるときに見たかったです。さらにソロやコーダでは、アシュトンの目が回るような難しいポワントワークをさらりと見せるところはさすが。

コールドは、男性人はもうちょっとがんばってほしいところでしたが、女性陣はすごくよかった。ソロパートのところなど、みんながみんなソリストのように優雅でなおかつ表現力あり。これまた顔と名前が一致しないので、というか私の席から顔が認知できないので誰だかわからないのが残念。

さて、ラ・シルフィード。今日はアリーナだからか、前回よりもばっちり席が埋まってました。彼女は理想的なラインの持ち主で、シルフィードの象徴的なアラベスクはとってもきれいに見せてくれます。首が長いところや、アラベスクの足の高さなど、とってもシルフィードに向いてると思います。若くてかわいくてスタイルよくって踊りもうまい!! 文句なしにプリマダンサー。踊りを見ていただければ納得です。

でもブルノンヴィル版は男性ダンサーの踊りのほうが気になります。今回のボネリは引退したジョナサン・コープを彷彿とさせるダンサー。ルジマトフやルグリのようなギラギラな存在感はないものの、完璧なフォームで難しいステップも難なくクリアにこなしてしまう。存在感があまりないところが(私が思ってるだけかもですけど)すごく損してるような気がするのです…。でもイタリア人だからか? 最後の泣き崩れるシーンはよかった。オーバーになりがちな場面を抑えつつも真摯に熱演。でもおとなしすぎることもなく。

今回ほかによかったのはエフィーのエマ・マグアイア。キュートに演じつつ、踊りははつらつとしていてもすごくクリア。すごく好感の持てるダンサーでした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/5-84ad6e65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。