上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよブリュッセル旅行記も今回が最終回!

早くアムステルダム編へ行きたいので、たたみかけていこうと思います!

最終回の今回は、ブリュッセルで食べたおいしい物たちをご紹介!


ベルギーといえばやっぱり・・・・

waffle

ワッフルー!





waffle stand

ブリュッセルの町にはいたるところに、熱々のワッフルを振舞ってくれるスタンドがあります。

熱々がおいしすぎていくつも食べてしまうんだよねー。危険危険。

ブリュッセルといえば、お皿でいろいろトッピングして食べるふわふわのブリュッセルスタイルなんですが、

私は断然こちらのもっちりした歯ごたえとザラメを含んだリエージュスタイルが好み。

焼きたてはお砂糖がうっすら溶けて、たまりません!!



さて、お食事といえば、やっぱりムール貝。

ステキなカフェ的なところを探したのですが、まったく見つからず。

結局グラン・プラス近くのイロ・サクレ地区(観光客目当てのレストラン街)を歩き回りましたが、どこもうさんくさい...。


leon

というわけで、安全パイの有名どころ、レオンに落ち着きました。




mussles

ムール貝はおいしいー! シーフードが大好きなんです。

イギリスではシーフードは高いのでなかなか買うことができず。

大好きな貝がいっぱい食べられて満足!



ベルギーはスウィーツも有名!

中でもベルギーのお菓子屋さんといえば...。

wittamer

こちらのヴィタメール。皇室御用達だそうです。

今回、偶然通りかかったのか、私が事前に調べていったのか覚えていない...。

でも、ベルギーに来たんだからここで食べなきゃ!と思っていたんだから、たぶん知ってたんだろうなあ。

でもどこで知ったのかまったく記憶にないのです...。

とにかくケーキを堪能できたのでよかった、よかった。




wittamer

中はモダンなインテリア。




wittamer cake

ベルギーといえばチョコなんだから、チョコケーキでしょ! と、選んだのがこちら。

おいしゅうございました! 

日本にいたときはデパ地下なんかでこういうステキなパティシエケーキは手軽に手に入りますが、
イギリスにはあんまりないんですよ~。

イギリス人は、ヴィクトリアン・スポンジとか、シンプル&でかいのがお好き。

こんな繊細なのはあまりお作りにならないようで...。

久々においしい繊細なケーキを食べれて、テンション上がりました!



さて、ベルギーといえばチョコレートですよ。

chocolatier

町にはいたるところにショコラティエが!

だけど、ヴィタメールで十分贅沢してしまった私は、チョコは買いませんでした。

チョコよりケーキ派なのです。




chocolate

と思ったら、後日、ベルギー経由でロンドンに遊びに来てくれたChieさんが、チョコをお土産にくださいました~! わっほ~い!

こちら、ベルギーでも老舗中の老舗、ということで。

食べるのがもったいない!




chocolate

まるで宝石みたい...。

一粒ずつ、大事に、大事にいただきました!

Chieさん、どうもありがとう!(だいぶ前の話だけど...。)


さて、ベルギー編はこれでおしまい。

いよいよ、かわいいものがてんこ盛りで、ロンドン以外に私がはじめて住んでもいい!と思った街、アムステルダム編です!

ヨーロッパの中で一番大好きかもしれないマーケットや、その周辺のかわいい雑貨屋たち、アムスの運河のきれいな風景など、お届けしていきたいと思います!

なので、もう少しこの旅行記にお付き合いくださいね。


↓久しぶりにロンドン、晴れた!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ

フォトブログではお気に入りの旅の写真を。

Pickでは私が見つけたお勧め&かわいいものや、日々の一こまを切り取って。



*tabi memo*

Where to Eat

Leon

http://www.leon-de-bruxelles.fr/


View Larger Map


Wittermer

http://www.wittamer.com/fr/index.php


View Larger Map

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/515-bff505f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。