上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15 Feb 2007, Sevilla and Arcos de la Frontera

お待たせしましたー!!

アンダルシア旅行記!!

1年に何回アンダルシア行ってんのって思われそうですが、人生で一度しか行っておりませんよー。ほんとにどれだけ待たせんねんって感じですね。ほぼ1年近くたっちゃいましたー。

そしてこの長いお休みの間に、なんと旅の記録を記したメモ帳を紛失!!
がちょん!!

これじゃあ書けないじゃないのよ。
でもせっかくですので脳味噌振り絞って思い出してみます。

今回はセビーリャから日帰りで行ったアンダルシアの白い村、Arcos de la Fronteraアルコス・デ・ラ・フロンテーラという村。

Arcos de la Frontera


あこがれのアンダルシアの白い村! セビーリャから日帰りで行ける所、ということで私が選んだのはArcos de la Fronteraアルコス・デ・ラフロンテーラ。切り立った崖の上に、迷路のような旧市街が残っている。

旅の友達はほとんど昨日でお別れ。私はアルコスへ行くため一人さみしく早くに食堂で朝食を食べる。するとカップルがやってきて、ちょっとだけ世間話。ここのホステルはなんだかうちとけやすく、すぐ話ができる。すごく気に入ってしまった。そのカップルはドイツ人同士、スペイン周遊中。今日セビーリャを見たら、アルヘシラスという南の港町から船でモロッコへ渡るという。これは私がぎりぎりまで考えていたコース。でも聞いた情報によると、アルヘシラスからの便が1日2本しかないらしく、朝すごく早くに出発しなくてはいけないみたい。大変だけど、楽しみだよ~、と二人はほんとに楽しそうに笑った。

そんな旅の仲間から元気をまたもらって、私も新しい街へ出発! セビーリャからの道のりは、まず電車で近くの町Jerez de la Fronteraヘレス・デ・ラ・フロンテーラへ。

へレスとはシェリー酒のことで、その名の通りシェリー酒の産地として有名。またフラメンコが盛んらしく、いろいろフェスティバルがあるらしい。朝の11時ごろにへレスの駅に着いた私は、バスの時間までのわずか45分ぐらいの間にせっかくだから有名なへレスの街を見ようと決定。実際は駅からメインストリートまででとんぼ帰りだったけど、一応、みました。

Jerez de la Frontera


さて、超ダッシュで帰ってきた後、息を切らせてバスに飛び乗る。バスは普通の路線バス。へレスからは30分ほどで到着。ついたところは普通の街という感じ。白いけど、なんか違うような…? と思ったら、旧市街はここから20分ほど歩かなくてはならなかった!! かくして、地図もないまま勘を頼りに歩いていきます。メインロードよりも感覚を頼りに歩く私。ちょっと外れたところからきれいな景色が見えてきた。

崖の上に見えるアルコスの旧市街


崖の上にアルコスの旧市街が見える。あそこまで行くの!? とちょっとビビりながらも、てくてく歩いて行く。進んでいくうちに坂道を上っていることに気付く。そして道がだんだん細くなっていき、街の様子が変わっていく。旧市街へ入ったのだ。細道から延びる細道。横道に弱い私は、何でもない小さな町なのにわくわくが止まらない。

横道大好き。どこへ続くのかな…


でもとりあえずはメインの道(と言ってもとても細いんだけど)を歩いて行って、メインの展望台まで行こうと、誘惑を振り払ってまっすぐ歩く。いつの間にか、細道の先に絶景が見え隠れ。いつの間にか空の上のほうまでやってきた。

高台に住んでみたい…


バス停から歩いて30分くらいで、街の中心、カビルド広場に到着。まっすぐ展望台へ。バス停近くから見た景色もなかなかだったけど、ここのは格別! これを見るためだけでもこの街に来たかいがあった、という感じ。

崖の迫力


実はワンちゃんを撮りたかったんです、なんて言えない。広場は観光客はもちろん、地元に人たちの憩いの場、という感じ。かわいいワンちゃんのお散歩に来ていたおばちゃんをぱしゃり。恥ずかしがって、顔を隠されちゃいました。











アルコスの少年一通り景色を堪能したら、また街の探索を開始。とりあえず町の端っこまで行ってみる。観光ポイントはどうやらあの展望台だけのようで、もうほとんど住宅街。シーズンオフということもあるんだろうけどね。でもそんな、日常の生活が見えるほうが楽しい。道の向こうには空。そんな空の上で生活してる人たち。

そういえば歩いてる途中にとーーーーーーーーーってもかわいい笑顔を振りまいてる男の子にあった。狭い町をぐるぐる回っていたので何度も会ったんだけど、結局勇気がなくて撮れなかった…。アルコスと聞くとその子を思い出します。






ここでも発見、花の小道。やっぱりシーズンオフですから、花なんてありゃしない。だけど、これ、咲いてたらとてもきれいだと思う。白い道にえんえん続く鉢植え。

アルコスの花の小道


アルコスはとっても小さな村。なので2,3時間も歩けば村は完全制覇できる。最後にバス停の方角から正反対の村の端っこの高台へ。ここからは湖が見える。ここでは私と同じく散歩の途中でボーっと湖を眺めるおじいさんにあった。二人で無言で湖を見つめました。

村の端っこアルコスの湖。


さて、帰りはへレスからお金節約でバスに乗ろうと思ったところ、いつまでたってもバスが来ない。掲示板を見てずっと確認していても、まだ「未着」のまま。ところが時間になったらいきなりバスの掲示が消えた!! いつの間にか行ってしまったらしい。なんだよう…。というわけでまた電車に乗りましたとさ。

次回はついにセビーリャにさよなら! ロンダの街へ。

more photos!! ⇒ http://madphotojournal.spaces.live.com/

景色に癒されたらクリック。↓
人気ブログランキング



*tabi memo*

How to Get There

Arcos de la Frontera
 Sevilla-Jerez de la Frontera 電車 片道€6.45(約40分)
 Jerez de la Frontera-Arcos de la Frontera バス(金額忘れた)(約30分ほど)








関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/61-3f648810
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。