上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sat 24 Nov 2007, London~Budapest

さて、ついに、ってゆーかやっとアンダルシア以外の海外旅行記を書けます。

今回は11月末から1週間にわたって行ってきたハンガリーはブダペストと、チェコのプラハの2か所。

今回は私と、私の叔母との二人旅。今回の目的は観光ともう一つずばり、アンティーク雑貨めぐり!! この間日本に帰った時に、かわいい雑貨本がこぞってプラハを取り上げていたので、めちゃくちゃ行く気になったのです。

チェコ付近といえば、ほかにブダペストとウィーンも電車で行くことができます。そこで、中欧最大のアンティーク市場があるといわれるブダペストも行くことに決定!! 本当はウィーンも回りたいとこだったのですが、叔母がすでにウィーンに行っているということと、限られた時間(1週間)で3都市はどうか!?…ということで、無難に2都市にしときました。

順番はすでに決まってます。この3都市を制覇した友達から、ブダペスト、ウィーン、プラハの順できれいになっていくから、逆回りはやめといたほうがいいといわれていたのです。というわけでまずはハンガリーのブダペストから!

Budapest




ブダペストの空港を出るともうすでに真っ暗。まだ5時だけど…。とにかくホテルへ向かいます。

ブダペストの空港からは、市バスで近くの地下鉄の駅までいき、地下鉄で1本! だいたい1時間以内で着く距離です。

まずはバスの切符を買わねば。しかしバス乗り場には券売機らしいものがない。空港にもない。そこで、バスや地下鉄のチケットは売店でも買えることを思い出した私は売店へ。帰ってくると、すでにバスは行ってしまったみたいで、みんなバスの運転手さんから買ってたみたい…。

またまた10分くらい待って、ようやく次のバスへ乗り込み、15分ほどで地下鉄の駅へ到着。

駅で再び、切符を買う。ブダペストはバスも地下鉄もトラムもすべて同じ切符。ちなみに私は旅慣れているようで、こういった交通機関にはかなりのビビり。てゆーか、新しいシステムを調べるのがめんどくさい。できることなら徒歩で済ましちゃうタイプ。特にブダペストのように、自動改札じゃなくて誰でも素通りできちゃう改札だと、もう、どこにペナルティの罠が待ち構えているのかってドキドキしちゃう。

ブダペストでは改札機で自分で刻印するタイプ。改札機はオレンジ色。1回券や回数券の場合は乗り換え無効なので、乗り換えする時も刻印しなければいけない。これがやっかい。駅員さんが乗り換え場所に待ち構えているときもある。いい人だと教えてくれるんだけど、教えてくれない場合、たとえ有効な切符を持っていても改札機に通してなければ罰金を取られる。…とか、こういうの、調べるのがめんどくさい!! ガイドブックがなけりゃまず無理だ。ちなみにガイドブックがあったというのに、私はこの数日後、この切符にえらい目にあわされるのだった…。

ブダペストの地下鉄はとってもレトロ。電球の明かりがいいでしょ。この日乗ったのは3番線だったけど、1番線は駅もレトロでかわいかった。

レトロな車内。ピンクのもある。ブダペストの地下鉄。


さて、地下鉄を降りたら今度はバス。実は今回のホテル、前日までどこにあるか調べていなかった…。中心地にあって、Hostel Worldでレートがよいところをいつも基準に選んでいるんだけど、今回は中心地であっても駅からバスに乗らなければならなかった…。しくった。いつも駅から徒歩圏内なのに!! 

文句を言ってもしょうがない。一回目のバスで軽く方向を間違えると、今度は正しい方向のバスに乗り込み、バス停もちゃんと把握して下車!(把握というより予測。)地下鉄の駅で調べた地図を頼りに歩いて行くけど、ここってもう住宅街…。真っ暗だし街灯もあんましないし、人通りもないしで、独りじゃなくってよかった!! でもちゃんと、迷わず到着~。

あったかい感じのする部屋一軒家を改装したゲストハウス。おばちゃんは英語ちょっとOK。ホテルの中も見ずに、いきなり玄関正面の部屋へ通される。どうやらここが私たちの部屋のよう。結構広いしきれいだし、ちゃんとバスルームが部屋についてて、大正解! 

なんだかもう夜中っぽい感じだけど、まだ夜の7時。ブダペストの夜はこれからってことで、夜ごはんを食べに繁華街へ繰り出したのでした~。




↓滞りなく旅行記を書くよう、激励のクリックを!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*tabi memo*

How to Get There

London Central - Gatwick Airport National Express £12.20(往復)(約1時間20分)

London(Gatwick) - Budapest Easy jet 約£54(約3時間)
*くどいようですが、もっと前に予約すればもっと安くなります。

Budapest Airport - City Central
 市バス-地下鉄3番線Kobanya-Kispest駅 1回券 230Ft(約15分)
 地下鉄-セントラル 1回券 230Ft(約40分)


Where to Stay

Gellert GuesthouseGellert Guesthouse
XI. Otthon street 14.1115 Budapest
p. +36 30 4727456
f. +36 1 2790347
e. office@gellertguesthouse.hu
2Bed room(シャワー・トイレ付) €30
部屋もあったかくて快適。インターネット無料。私は頼んでないけどお金を払えば飲み物や食べ物ももらえる。難点はロケーション。最寄りの地下鉄の駅まではバスで10分弱。最寄りのバス停までは徒歩で5分弱。あたりは住宅街で、レストランなどは全くなし。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/68-0c3172b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。