Sat 24 Nov 2007, Budapest

今回はおいしい話。

1日目のディナーをしたレストラン紹介です!!

寒さに耐えて歩いて歩いて、たどり着いたレストラン…。

もちろん、ぽかぽかのあったか料理を注文!!

Of course it's Hungarian!!!

ABSZINT
とにかくとにかくハンガリー料理!! 席に着いた私たちは、メニューよりも先にガイドブックを先に広げてハンガリー料理チェック。

寒い中歩いてきたのでとにかくあったかいもの、ということで、前菜に選んだのはハンガリーの代表料理、Gulyasグヤーシュ。

大好き、グヤーシュ!


ハンガリーの名産物、パプリカをふんだんに使ったスープで、ほかにも野菜と牛肉たっぷりで煮込んでいる。サラサラのビーフシチューって感じだけど、店によってはパプリカの味や野菜の味が強いものも。(たぶんパプリカの味が強いほうが正しいのでは?)ちなみにここのお味はほんとに日本のビーフシチューと変わりませんでした。でもサラサラの後味で全然しつこくない!! しかもパプリカ効果でポッカポカ! 大好物になっていまいました。

前菜として頼んだんだけど、野菜とお肉もたっぷりなのでこれでメインとしてもいけるぐらい。メインも頼んだんだけど、結構グヤーシュでおなかいっぱいになってしまった…。

さて、お次はメイン! うちの叔母は、ハンガリーと言ったらフォアグラでしょ、ということでフォアグラを注文。このお店に唯一あったフォアグラは、ステーキのフォアグラソテー添え。お肉もおいしかったけど、フォアグラのこってりさと一緒だとまた格別!!

私はグヤーシュが野菜スープだと思ったので、ビーフシチューを注文。ほんとはハンガリーの代表料理のパプリカチキンなるものが食べたかったんだけど、なかったので。グヤーシュ食べてからこの注文には後悔したんだけど、料理が来て見ると、シチューというよりはお肉そのもの。お肉がごろごろ、そして付け合わせはクリームとからめたニョッキ!! どちらもおいしいんだけど、グヤーシュで結構おなかいっぱいになってる上に、だんだんと味が濃くなってきたので完食には至らず。ごめんなさい。

奥がフォアグラ、手前がビーフシチュー。


7時半ごろ入った時はガラガラだったのに、やっぱり9時近くになったらお客さんでにぎわってきた。偶然見つけて入ったけど、店員さんの感じもいいし、おいしかったです!!


↓食べたくなったらクリック!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*tabi memo*

Where to Eat

Abszint ABSZINT
1061 Budapest, Andrassy ut 34.
何人かかのスタッフは英語かじっていて、英語メニューもあり。
グヤーシュ 3960Ft, ステーキフォアグラ添え 4490Ft, ビーフシチュー 2490Ft
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/72-50b81245