上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sun 25 Nov 2007, Budapest

さて!! お待ちかねのマーケット巡りがやってきましたー!!

今日の行き先は、市内にある市民公園の中にあるマーケット。情報によると、アンティークマーケットというよりは、ほんとの蚤の市、いらないものを売ってるという感じみたい。

だけどそのほうが値段も低めだろうし、掘り出し物が見つかるかもしれない!!

しかしホテルを出たらさっそくの雨!!!

う~ん、やっぱり私は雨女なのか…。

しかし、マーケットへ行くという目的が私たちの足取りを軽くするのでした♪

ペトゥーフィの市

ペトーフィのマーケットへは地下鉄の1番線で終点まで行きます。終点と言っても20分ぐらいで着く程度の距離。駅を出て5分ほど歩くと、市民公園にたどり着きます。

市民公園に入っていくともう人の流れが見えるから大丈夫。途中で映画館と間違えちゃうものの、何とかマーケット会場に到着!

マーケットでは入場料を払って入ります。

中へ入ると机がずらーっと並べられ、そのうえでみんなが思い思いの品を広げています。

それこそ、洋服類から、アンティークの器、お菓子、ビデオ、わけのわからない昔のおもちゃまで様々です。

私の狙いはハンガリー名物の刺繍クロス。白い生地に色とりどりの色が使ってあってとってもきれいなのですが、いかんせんでかすぎ。そしてそのクロスを持って帰ってどーすんだってことで、いろいろ見るのですが躊躇。そしてやっぱり、基本シンプル好きなので、色とりどりクロスを持って帰っても使い道がな~…なんていろいろ悩む。

そんなとき、どう見ても近所のおばさんが要らないもの売ってますって感じのストールでかわいいミニクロスを発見。麻に赤の刺繍でとってもかわいい!! しかしここでもかってどうする?的な悩みが…。しかし、旅先で、しかもマーケットでの出会いは一期一会!! 気に行ったなら買ってしまえーってことで、お買い上げ。値段交渉は失敗。(ちっ。)そんなに言うほど高くはないんですがね、マーケットではとりあえず値下げ交渉は必須。500Ft(約310円)でした。それがトップに出ているミニクロスです。

何でも市だけあって、すべてが私好みのお店というわけではないんだけど、ひょっとしたら掘り出し物があるかもしれないから一応すべてのお店をチェック。叔母はミニ器がほしいので、せっせとアンティークのストールをのぞきます。

店数はそんなに膨大ってほどでもない。それに雨なので早めに店じまいを始めるところも。

さてようやく最後のストールのまとまりにたどり着いたとき、1軒の何でもストールにびびびっと反応。そこはアンティークっぽくはないんだけど、クロスと、なぜか昔のおもちゃをずらーっと所せましに並べているところ。そのおもちゃの中に、ままごと用なのか? とってもかわいいドットのデミタスカップを発見!!! 

ドットがかわいすぎ。


素材がほうろうってとこがまたいいでしょ。赤はアンティークっぽくって色がはげてたりするとこがまたいい感じ。これが最後の1セット。茶色は新品でほかに何セットもあったんだけど、やっぱり赤もいいし、ということで赤と茶色の1セットずつを購入。1セット400Ftのところを、2セットで700Ft(約430円)にしてもらえました! 

私は紅茶はデカマグ派なので、ほんと、これこそ買ってどーすんだって感じなんですが、かわいいんだもの。使い道なんていくらでもどーにかなるさ!!

デミタスを買ってうきうきのところに、ふと飛び込んできたかわいいクロスの山! 包んでもらう間に、さささっとかわいいクロスを発掘!! 一つは白地にまた赤のみのシンプルでかわいいミニクロス、もう一つはまた使い道不明のつぼのフェルトクロス。でも黒字に色とりどりでかわいいんだもの。

ペトゥーフィで発掘したクロスたち。


叔母もそこでクロスを購入。つぼクロスは400Ftを350Ft(約215円)に、白クロスは300Ftを250Ft(約155円)にしてもらえましたー! 

アンティークはそこまで多くなくってがっかりだったけど、一応買い物ができたのでまあ満足。

しかし、ちょっと気分が悪くなる出来事も。

とあるアンティークのストールを見ていた時に、店主さんが大声を出してあるお客を呼びとめた。「ちょっと!! お客さん!!」(って言ってるような感じ。) 

呼び止められたお客は日本人(たぶんね…)で、どうも、品物を勝手に値切ってその代金を置いて行ってしまおうとしたらしい。店主はもちろんその値段交渉には応じておらず、品物を持ち逃げされたのも同然。呼び止められたそのおばちゃんはぶすっとした顔で戻ってくると、何も言わずにその品物を乱暴において、お金をひったくってすたすた去ってしまったのだった。

まったく、なんて非常識!!

それを見ていた人が、日本人ってあんななんだって思うかもってことを考えてほしい。

そのおばちゃんはもう一人の連れのおばちゃんと二人組で、大きなカバンを持って熱心にストールを回っていたので、たぶん買付の人なんだと思う。商売がかかっているとはいえ、あの態度はどうよ!? 同じ日本人で、マーケットを回ってる者としてほんと恥ずかしかった。

…しかし!! やはりマーケットを回る者同士、この後もあのおばちゃん連中に再会してしまうのだった…!


↓今回の戦利品に、ご褒美のクリックを!!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*tabi memo*

How to Get There

Petofi Csarnokペトゥーフィ・ホールのマーケット 
http://www.bolhapiac.com/foreign/index.ws
地下鉄1番線の最終駅Mexikoi ut下車、徒歩10分弱。市民公園内。
毎週土日:8~14時、 入場料:一人120Ft(約75円)

そんなに広くないので、私たちが行った時は3時間くらいで買い物終了できました。ただ、雨が降ってたから店数が少なかったかもしれませんが…。
食べ物から、洋服、アンティーク、ビデオ類まで何でもあり。レストランのようなものはないけど、デニッシュなどを売ってるスタンドはある。そこで甘い紅茶も売ってます。公共の建物中にトイレもあり。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/74-49ca0eba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。