Mon 26 Nov 2008, Budapest

またまたヴァーツィ通りに戻ってきた私たち。

ヴァーツィ通りの突き当たりの広場には、私がロンドンでバイトしている店の支店があるので、そこでもちょっと買い物。(Staff discountはインターナショナル!) ユーロで買ったほうが安い…という伝説は、う~ん、あんまり信用できないものでありました。でもロンドンではすでに品薄になっていたインナーシャツを購入できたので満足。

そしてその店のすぐ近くには由緒正しきクラシックカフェがあります。

あったか~い飲み物を求めて、いざ!

Gerbeaud
高い天井に、シャンデリア…。内装は貴族のサロンを思わせるような豪華でクラシックな作り。

それもそのはず、創業はなんと1858年。歴史の重みが違います。

入ってすぐにケーキがいっぱいのカウンターがあって、思わず目うつり。満席っぽかったけど、ウェイトレスさんが「どこでも座っていいわよ」と、隣の部屋を指差す。このカフェは横に長くて、私は別のレストランの空間かと思ってたけど、どうやら同じカフェみたい。(でもなぜかお客はケーキカウンター近くに密集…。)

さて、席に着くとさっそくオーダー。

Gerbeaud


またまたウィンナ・コーヒーを注文。なんか、クラシックカフェだとウィンナ・コーヒーという感じ。ここのウィンナ・コーヒーは私が想像した通りのもの。たっぷりのホイップがほんのり甘みを加えてました。ケーキも食べたかったけど、そんなにおなかもすいてなかったので夜ごはんに備えて断念。

パリだとカフェにはギャルソンって感じだけど、(この前に行ったクラシックカフェもそうだったけど、)ここの店はウェイトレスさん。花柄プリントのロングスカートが優雅で、かっこよかったです。


more photos!! ⇒ http://madphotojournal.spaces.live.com/

↓Thanks 20000Hit!! ランキングはまだまだです~。お願いします!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*tabi memo*

Where to Eat

Gerbeaud
http://www.gerbeaud.hu/gerbeaud_v2/e_index.php?id=1
月~日 9~21時
地下鉄1番線Vorosmarty ter駅から徒歩1分
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/85-68e6cf5d